USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS

Episode Promenade: TOS

第49話 "A Piece of the Action" 「宇宙犯罪シンジケート」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号49 本国放送順46 日本放送順49
放送日1968/1/12
宇宙暦4598.0 [西暦 (2268)年]
監督James Komack
原案David P. Harmon
脚色David P. Harmon, Gene L. Coon
メディアLD: 「スター・トレック<TVセカンド・シーズン>」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集」 (パラマウント) 第2シーズン Disc 5 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第127号収録
小説ハヤカワ文庫「宇宙大作戦 暗闇の悪魔」収録 『行動の一端』
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
67/100点 [投票数 12]
旧E.N.H.
コメント
楽しいと言うか笑えると言うか…… - 土井

あまり「訴えるもの」は無いですけど、コミカルな設定で、面白さはなかなか。 - あたばくん

カークもスポックもギャング姿がなかなかお似合い
感想 投稿者城井 日時2003/3/31 15:09
・100 年前は、宇宙通信がなかった、って、あんな惑星に行っている位です
から、ワープは出来たんですよね。
何となく、文明のバランスが悪い様な。(;^_^)
・内政不干渉が決定される前、って事は、昔は干渉してたんですね。
どんな事件 (?) があって、干渉してはいけない事になったのかな?
今のシリーズである、エンタープライズで、描かれるのか?
・「ドンパチ」の意味をコンピュータで調べるのが面白いですね。(;^_^)
・スポックの例の技 (?) で気絶するのはともかくとしても、カークのパンチ
一発でも、必ず気絶しますね。(;^_^)
このエピソードに限りませんが。(;^_^)
・結局、マッコイの通信機は、取りに戻ったのだろうか?(;^_^)
・しかし、あんな解決方法で良いのか?(;^_^)
しかも、珍しく、登場人物であるスポックも、突っ込んでますし。(;^_^)
投稿者ふぁんとれ 日時2003/5/2 20:36
ネイティブアメリカンのつぎはギャングが跋扈するシカゴ・・・

こういう過去と未来が共存するようなお話はわりと好きなんですけど、このころのTOSの脚本はまだ本来のSF物語を想像するアイデアと科学的知識の幅が乏しかったがために過去ネタを乱発していたように感じます。

すぐにゲンコツで解決しようとするし、それで解決できちゃうのもちょっと食傷気味になってきたり(w
投稿者背番号26 日時2003/5/2 20:57
今更シカゴギャングとは・・・スポックの変装姿は「スパイ大作戦」を思い出しました。
投稿者Kanaru 日時2003/7/14 17:29
このエピソードは経費節減かな。明らかに他の番組のセットを流用してますね。
いくら「まね」の上手な星の住人といえども、1冊の本からあんな世界になるわけがない。どう見ても、地球の、というより昔のアメリカの都会の風景だし。
「最低」にしてもおかしくない話ですが、面白かったので、「良」より上にしました。
ギャング言葉を使ったり、へたくそな運転をするカークがよかったし、スポックとのおかしなコンビも上出来。いつもならカークの強引さには不快に感じることもよくあるのですが、むしろこのエピソードは、そんなカークが面白かった。
(過去の世界でレギュラー陣を活躍させるとき、TNG以降ならホロデッキという手があるですが、TOSの場合は、タイムトラベルを使うか、こういう強引な設定しかなかった?)
投稿者エロオヤジ 日時2006/2/16 11:31
TOSらしいお気楽な話でした。
カークの活躍が良いですね。
投稿者レイン 日時2006/7/3 23:33
すぐに女性に手を出すカークを今まで見続けていたせいか、ギャング姿の性悪カークに少しも違和感を感じなかった。カークと強欲ギャング達のやり取りが笑えて、なかなか楽しいエピソードだった。 ところで、ドラマの中身以上に笑えたのが、日本語吹き替え放送版での不適切用語の消し方。放送するとまずい言葉をギャングのボスが連発していたらしいのだが、その言葉を完全に消さず、風呂の中で放ったオナラみたいな、変な声に変換していた。そのモゴモゴ、モゴモゴいう意味不明の言葉の連続が、可笑しくて可笑しくて、腹を抱えて笑ってしまった。
もし自分がテレビのお笑い番組のディレクターがだったら、絶対あのモゴモゴを試してみるのに…。ピーの連発より間違いなく笑いが取れると思う。
投稿者かあさん 日時2006/9/15 22:56
全体的に喜劇風に作ってあるので、カークたちが何度も捕らえられてるのに、全然スリルを感じない。巨大宇宙船から見れば、地上のギャングのいざこざごときは、蟻の喧嘩くらいに見えるのでしょうね。気楽に笑って、楽しみましょう。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS