USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第1・2話 "Broken Bow" 「夢への旅立ち」

エピソードガイドへ
プロローグより
エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号001/002 本国放送順1 日本放送順1, 2
放送日2001/9/26 小説 [英語]
Broken Bow
Amazon.com
スカイソフト
Amazon.co.jp
監督James L. Conway
脚本Rick Berman, Brannon Braga
2002年度エミー賞 特殊映像効果賞受賞
2002年度エミー賞 メーキャップ (装具) 賞ノミネート
2002年度エミー賞 音響編集賞ノミネート
小説英語版:Amazon.com / スカイソフト / Amazon.co.jp
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 1 収録
DVD: 「スター・トレック クリンゴン・ボックス」 (パラマウント) Disc 1 収録 (音声・テキスト解説あり)
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第132号収録
次のエピソード次
メモ パイロット版 (シリーズ・プレミア)
点数
1020304050607080
77/100点 [投票数 28]
感想 投稿者USSタイタン 日時2002/11/11 00:12
色々が新鮮で面白い。ヴォイジャーの後に制作されたので、不安でしたが、安心しました。地球とバルカンの緊張した関係が面白い。またCGが更に進化していて素晴らしい。

少しアメリカ特有の軽薄さが気になりますが、ヴォイジャーよりはずっといい。今後、この時代のカーデシアやロミュランの、今まで知られていなかった意外な面等を描いてほしいです。あまりクリンゴンを敵とした話は見たくありません。それよりも惑星連邦の頃には弱小国に成り果てた、かつての大国みたいなものが見たいです、ひょっとしてスリバンがそうなのでしょうか?今後どんな世界が描かれていくのか楽しみです。
投稿者背番号26 日時2002/11/11 17:40
新シリーズいよいよスタートです。楽しみにしていましたが予想通り随分と違和感を感じました。当然メンバーは知らないキャラばかりなのですが、いきなりクリンゴンが登場してしまっては駄目でしょう。カークのテレビシリーズのクリンゴンと映画以降のクリンゴンの外見の相違はどう説明づけるのでしょうか?
それとも私もスタトレ全エピソード見た訳ではないので(DS9の「トリブルでトラブル」を見ていません)えらそうな事は言えませんが、どこかのエピソードで説明されたのでしょうか?謎です。
クルーにバルカン人が登場していますが、スポックがポンファーになるまで地球人は誰1人としてバルカンの"狂気の季節"に遭遇しなかったのでしょうか?(それともカークが単なる勉強不足だったのか)これも謎です。
ただスタトレではタブーだった?セクシーシーンが登場するなど期待できる部分もありますので、細かいことは気にせずに楽しんでいこうかと思っています。
投稿者くまった 日時2002/11/11 22:19
やっと日本語で楽しめる。って思っただけで合格(笑)
TNGやDS9で出てこない異星人が、出てくることに疑問を抱きつつも、宇宙探査の黎明期の雰囲気がよく出ていたと思う。
チャーリー・タッカーが、声のせいでERのDrロマノと重なりイヤな野郎に思えてしまったけど、そのうち慣れるかな?(笑)
投稿者レッドバロン 日時2002/11/12 19:46
面白かった。

圧倒的なテクノロジーの差の中で、持ち前の冒険心で切り抜けて行く様は、観ていて気持ちがよい。ピンチの連続もまた、話に緊張感を持たせる。これがTNGとかだと…

データ「シールド5%ダウン」
ピカード「現状を維持」

とかって、なっちゃうんだろうけど、こちらは1発撃ち込まれただけでブリッジは大混乱。いやあ、ハラハラさせてくれます。

アーチャー船長の眉毛が気になってしょうがないけど、ピカードのハゲみたいにすぐ慣れるだろう。
投稿者のりお 日時2002/11/14 20:12
今現在の人類に近くて、
人間クサさがとっても良かった。
今後の展開も目が離せません。
投稿者(匿名) 日時2002/11/23 22:37
ホロデッキ、シールドも無く
転送も限定的、翻訳も一苦労。
今までのお約束を封印して
長いシリーズを乗り切れるか?
制作者の腕の見せ所だね。
ファーストコンタクト後のバルカン人との
関係も友好一色という訳では
無かったんだ。
投稿者bule 日時2002/12/3 05:58
みてないので、誰か内容をおしえて
投稿者IKN007 日時2003/2/5 22:51
今までのように、レプリケーターやフォースフィールド及びシールドもなくて確かにある程度不便なエンタープライズだけど、食事はコックお手製の料理、船長室には犬がいて、24世紀のどの艦にはない身近さをかんじた。不便さゆえの楽しさがこんごのシリーズにいかせばいいけど。
副長のトゥポルの服がほかのクルーと違うけど船長はあまり気にしていないのかなぁ・・・。
投稿者としお 日時2003/5/8 22:01
手作りスタ−トレックという感じで、よかった。
副司令官のツゥポルが時折見せる女らしさがよい。
第2シ−ズンが楽しみ。
投稿者Kanaru 日時2003/5/16 23:46
これまでのどのシリーズも好きですが、ボーグやドミニオンのような強力な敵ももはや脅威ではなくなり、より強い敵が登場するというパターンでは限界があるのではないかと感じていたので、時代をさかのぼるという設定のは、冒険ではあると思いますが、英断だったと思います。
どの異星人の言葉もすぐわかってしまったり、転送を使って簡単に惑星上へ移動できるという今までのスタートレックの約束事がなくなって、よりリアリティのあるストーリーになっていると感じました。今まで以上に深みのあるシリーズになることを期待しています。
投稿者金羽莉(ハリー・キム) 日時2003/5/28 18:08
NX−01の外観,内装どちらも深宇宙探査初期というストーリー感があらわれててシンプルで良いと思う。クルーのキャストも良いと思う。リンダ・パクがかわいい。
投稿者sira 日時2003/9/6 12:45
ほかのシリーズとの設定の違いは、まぁ、仕方がないことなので置いといて(笑)
オープニングがリアルな宇宙映像じゃないところが、少し、今までと違って慣れるまで時間がかかりそうですが…一つの作品としてみるとかっこよくて素敵です。普通っぽくて、他のドラマみたいって思った。(これはちょっとヤかしら?/苦笑)
翻訳に手間取るなんて〜って、本当にじれったくて微笑ましく見てます(微笑)バルカンとのやり取りもね。
近未来なのでこれまでと違う楽しみ方も出来そうですね。
ホシのポストって重要そうでなんだか嬉しいです。
エンタープライズ、これからに期待です(*^-^*)
投稿者 日時2003/9/10 12:50
新シリーズの滑り出しとしては上々の出来。TNGやDS9、VGRの時のようなテンポの悪さがなく、スムーズに話に入っていけました。アーチャー艦長はいかにも艦長らしいし、トゥポルも初代副長スポックを髣髴とさせるキャラです。今後が楽しみです。
投稿者NOBU 日時2003/9/11 14:11
TNG,VOYとすごく気に入っていたので期待していたのですが、
時代設定が古いというんじゃなくてドラマとしての作りがものすごく古く感じます。
一つのフレーズ(台詞)を3人ぐらいで一言ずつ続けてしゃべったり、
台詞に言い回しも気になります。(翻訳のせいかどうかは解りませんが)
「アメリカの御気楽ホームドラマを見てるんじゃないんだから」という
気にさせられました。
今まで気に入っていたシリーズなのでもう少し続けて見てみようとは思いますが
面白くなるといいですね。
投稿者(匿名) 日時2003/11/17 07:06
これからバルカンと地球人の関係がどのように変化していくのか。とても楽しみです。
投稿者Atad 日時2004/4/25 03:56
今までTNG,VOYと見てきたのでそれらの時代より前の話で
古いのですが、酷く新鮮さを感じました。
各種テクロノジーや地球人と異星人との関係の相違点など
色々と興味深く観賞できました。
そして何よりしょっぱなからクリンゴンが出てきたのには
驚きました。
これより後のTOS時代では敵対して争っていたので、まだ
この頃はクリンゴンのクの字も知られてないんじゃないかと
いうような時代だと思っていたもので(さすがにヴァルカン
人は知ってるようでしたが)
他にもTNG以降のシリーズではお馴染みの異星人とのぎこちない
関係やファーストコンタクト、そしてそれらの異星人がこの時代
どんな風に過ごしていたのか等色々興味をそそられる部分を
上手く描写していってほしいですね。

ところで日本系の名前の通信士ホシ・サトウはどちらが苗字で
どちらが名前なんでしょう。
どちらも苗字っぽい名前で微妙にきになる・・
投稿者みら 日時2004/6/25 08:09
第2シーズンを見終わって、振り返ってみたものの
私にはどうにも馴染めないスタートレックシリーズだという印象。

まだ未熟な人類の話だからと思い納得しようにも
チープな完全懲悪ものを作りたいのか?なエピソードも多く
それなら、スタートレックでやる必要性はあるのかと思ってしまう。
自分1人の感情で行動を決めてしまうアーチャーの判断と行動と
存在感が無いクルーたちには首をひねるばかり。
アイデアもエピソードも感情の掘り下げ方も浅く、マンネリ化していて古臭い。

スタートレックがTNG以降、新世代のファンを獲得し長い間支持されていた魅力のひとつに、
深い人間性の追求があったはずなのに、
このスタートレックからは今のアメリカ同様、そのテーマが感じられない。
投稿者Jedi 日時2004/9/25 19:49
自分は前からTNG , DS9 , VOYを見てきましたが、最近このENTを見始めました。前作より前の時代の設定ですが、この前の時代をあとから見るというのも、面白いと思います。スターウォオーズと同じですね。ENT、数話だけ見ましたが、今のところ、
「スプートニクの飛んだ夜に」がよかったですねぇ、、最後の方の場面の、バルカン人の男女が、人間に恩返しみたいなことをするとこがすごくよかったです、それにしても、トゥポルは、セクシーだと思います。
投稿者ophjbt 日時2005/1/18 21:18
テレビ埼玉でやっと見れたよ。噂では聞いてたけどw
他の国の文化にズカズカ入って行き、
自分の考え方がスタンダードだと
思ってしまう米国人を地球人の姿で書かれてるのが実に良い。
宇宙の異文化に対しての傲慢さが
『井の中の蛙、大海を知らず』でとても良い。
まさに宇宙世界へ初めて出て行くって感じがしました。
好奇心だか滑稽だかこれからが気に成ります。
見てないだけにw
投稿者じょう@埼玉 日時2005/2/3 13:52
マッコイ、ビヴァリー・クラッシャー、ジュリアン・ベシア、
全シリーズを通して「医者」という存在は大きいのですね。
笑顔にインパクトがありすぎるフロックスの活躍も見ていこうと思います。
あと、ホシがイヤホンを耳に押しつけて集中している姿が
ウフーラとダブって見えてしまいました。(^_^;
投稿者DICE-K 日時2005/2/12 10:16
★艦隊司令部から「航行続行」を許可されたエンタープライズ。偏見や恨みは捨てていくというアーチャーに対し、トゥポルはあらためて同行を「志願」する。スポックのように地球人の血が入っているわけでもないのに、トゥポルは「非論理的」な人間の行動に理解を示しすぎる。ここまでのストーリーから読み取れるのは、アーチャーとトゥポルのあいだに恋愛感情が芽生えているのではないかということだが、冒頭のスリバン人女性サリンが「信用度を測るため」にキスをしてくる演出などと合わせて、男性ヒーローとしてのアーチャーのキャラの立て方は「前時代(オリジナル・シリーズ以前)的」な印象が強い。「新スター・トレック」でジーン・ロッデンベリーが進化させた世界観を、意図的に「開拓時代」に逆戻りさせた設定が、後々このシリーズが抱える弱さの源になっているような気がする。『エンタープライズ』は良くも悪くも「アメリカ臭」が強い──言い換えるなら、「ブッシュ政権時代のスター・トレック」なのである。
投稿者TOSI 日時2005/9/28 21:43
DVDBOXで初めて見ました!TOS・TNG・DS9・VOYと見てきましたが、いよいよ新シリーズという事でワクワクドキドキでしたが、ほぼ期待通りの満足度。画像の綺麗さに感動しスタトレファンとしては「これも無いの?」「これしか無いの?」の連続も私的にはかなり楽しめます。トゥポルやホシのような女性陣の魅力もスタトレでは高いのでは・・!艦隊の制服も何か馴染み深いような(笑)でも一つ気になるのはクリンゴンの長老がアーチャーに言った言葉・・ホシが訳してくれませんでしたが気になりますね^^
投稿者マーク・グリーン 日時2005/11/12 02:43
やはり、新シリーズ最初は製作側の意気込みが伝わっていいですね。
ただ個人的に”日本語版吹き替え”の組み合わせで違和感がねぇ。
内田 直哉・井上 倫宏、魅力的な声ですが組み合わせが別の作品に
ひっぱられて・・・。 ;;
これで、大塚明夫さんが。
ってライカー副長の出番もあり。\(TOT)/
投稿者プターミンガム 日時2006/2/2 16:56
映像もきれいでアーチャー船長もかっこよくとてもこれから期待している。
投稿者aka 日時2006/2/26 00:55
今後に期待
投稿者エニグマ 日時2006/7/2 23:05
第3シーズンまで見終わって、見なおしてみましたが、
良くも悪くもアメリカの作品なんだと痛感しました。
よく考えてみたら、地球最初の深宇宙探検船に、
「エンタープライズ」、2号艦が「コロンビア」と来たら、
完全に現在のアメリカの世界観の延長ではないですか。
吹き替えでは、ホシ・サトウのヴァルカン語に対して、
トゥポルが「人間の言葉で」と切り返したシーンも、
原語を聞いたら「イングリシュ」でしたし。
食事もナイフとフォークを使うマナー。
(余談ですが、ENT時代のアメリカ人はスペイン語をしゃべり、
箸を使っているような気がするのですけど…)
鯨は食べないが、フィシュ・キャトは好物だし、
愛犬にチーズをやるのは健康上好ましくないと思っているし、
現在のアメリカの価値観に忠実なんだと思いました。
9.11テロの余波を受けて、
第3シーズンが方向を変えたのは確かですが、
しかしその基本路線は、すでに第1シーズンから存在していたのだと思います。
と割りきって見ると、このENTシリーズ、中々見所あると思いますよ。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT