USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第16話 "Shuttlepod One" 「引き裂かれたクルー」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号016 本国放送順15 日本放送順
放送日2002/2/13
監督David Livingston
脚本Rick Berman, Brannon Braga
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第67号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
69/100点 [投票数 14]
感想 投稿者英 二鹿 日時2003/2/25 00:11
こんなバカ話(敬意を込めて)が実現できるのも本ENTの脚本ないしはリアリズム表現のスゴイところでしょう。いまひとつよく解らなかったマルコム君のキャラクター造形に再挑戦なお話でした。

トゥポルさんは、究極的にこーゆー扱いなのでしょうか。このところ、ヴァルカン人が無関心である点を良いことに、セクハラまがいの演出が多いですねぇ。アーチャー艦長との場合は、おそらく友情を超えた感情として納得されるべきものでしょうが、こちらは・・・。マルコム君の関心も解りますけれど。一方のチャールズ三世君が興味ないってのは、嘘くさいですねぇ。
投稿者SA23 日時2003/2/26 16:52
DS9なんかと比べると、人物描写が安っぽくてつまらない。もっと深いキャラが見たい。
投稿者背番号26 日時2003/3/21 22:09
むさ苦しい男が二人シャトル内で酔っぱらいながら悪戦苦闘 いつもと違う二人のキャラが出てましたね。マルコムがイメージ払拭に躍起になっている様子が伝わってきました。 最初のキャラが評判悪かったのでしょうね。「トゥポルのお尻」なんて会話が交わされるなんてスタトレ史上でも珍しいのでは? 二人の髭面はブラピかイチローに似ていましたね。
TOSのガリレオセブン(ゴリラの惑星)を思い出しました。
投稿者ころすけ 日時2003/8/27 22:34
二人が会話するシーンの「後は馬鹿げたSF小説...」に対して、「言っとくがスーパーマンは...」というセリフ。本来なら「言っとくがスタートレックは...」と言いたい所ですよね。タッカーがそう言っちゃったら、自分の存在自体をSFだと認めることになる。
(でも実はこの時点では他のSTのシリーズは歴史にはなっていませんから、SF小説として存在してもおかしくない、と考えることもできます。その場合「エンタープライズ」の世界には全く別の未来が待っていることになるわけですが...並行宇宙ならぬ「並行小説」?)
投稿者たろすけ 日時2003/8/31 02:57
ケーブルテレビに加入して、最初に見たENTのエピソードがこの話でした。 予備知識なしに見たため、主役が誰かもわからず、個人のキャラクターもわからずに理解に苦労しました。(苦笑) しかし、その後第1話から順番に見ていくとマルコムとトリップの性格を良く表している、良くも悪くもSTらしいエピソードだと思いました。 極限状態に置かれると、人間って素の部分が出てきますからねぇ。 その点、今後はこの2人に感情移入しやすくなるかも?
投稿者Elim Subatoi Kayama 日時2003/9/17 16:57
こういう密室劇を作れるのはスタートレックならではなのではないでしょうか?! とても面白かったです。
実は、この作品を見るまで本気で見ていなかったのです。
さすがにスタトレ!役者の質が高い!! などと感心した作品でした。(トリップさんがあんなに上手い人だって知りませんでした。マルコムさんはここまで出番があまり無かったですものね。)
まだ第一シーズンですし、これからが楽しみなシリーズです。
TOSの時代にどのようにつなげていくのでしょうか。 ワクワクして見ています。
投稿者 日時2004/1/21 12:49
よくあるシナリオと言えばそれまでですが、これまでどうも判別しにくかったマルコムとトリップのドラマ上の役割の違いと隠された人間性を垣間見ることができて楽しかった。
投稿者つっきー 日時2004/1/23 22:13
同じ「死にかけの二人」という設定なら、DS9のオドーとクワークの方が、数段見応えがあったなぁ.....
でも、まだシリーズが始まったばかりだし、今後に期待!
(だって、DS9だって、面白くなったのはかなり後だったし!?)
投稿者makoto 日時2005/1/6 21:26
これまでの人生で人と打ち解けられずにいたマルコム。死の間際「(トリップを知るのに)時間を投資したんだ,無駄だったなんて認めない」に友を見つけた瞬間を見た。実はいい凸凹コンビ。
息が白いので本当に低温下の撮影なんですね。パッとしない中、このエピで二人の好感度アップ!
投稿者プターミンガム 日時2006/2/2 17:20
マルコムがこの話で一番すきなキャラになりました。
いままでぱっとしなかったけど、今後はもっと活躍していってほしいです。
投稿者ぐっちぃ♪ 日時2009/2/12 18:10
ドミニク(マルコム役)とコナー(タッカー役)の演技がとても素晴らしかったです。2人共さすがベテランさんだと思いました。ただ間の取り方や、感情の入れ方などが後を知っているような演技の仕方だったので、自然な感じが足りなかったです。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT