USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第15話 "Shadows of P'Jem" 「恩讐を越えて」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号014 本国放送順14 日本放送順
放送日2002/2/6
監督Mike Vejar
原案Rick Berman, Brannon Braga
脚色Mike Sussman, Phyllis Strong
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 4 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
70/100点 [投票数 11]
感想 投稿者英 二鹿 日時2003/2/18 00:07
シノプシスだけを取り出してみると、トゥポルを巡り、収まるべき所へ収まったという類のものですが、このENTには時代背景とでも言うようなものを感じずにはおれません。政治的問題を垣間見せる緊張感あふれるエピーソードでした。

義理堅く男を上げたアンドリアンにいまひとつ疑問が湧かないでもありませんが、地球連邦との関係を深めたいという上の思惑があるのやも、と行間を読むのが楽しいところです。

ヴァルカンの大国主義とアンドリアン、狭間の地球連邦、非常に興味のつきない背景設定です。折りしも、国連安保理決議の今日ですから、暗喩たくましいですね。クリエイターらは未来を読んだと言っても差し支えないかもしれません。
投稿者シェリダン司令官 日時2003/2/18 00:07
コリダンにおいて、ヴァルカンとアンドリアが対立しているという設定がリアルでいい。後にこの星が連邦に加入する際、激しく対立したというのも納得です。ただ、外交問題に、艦隊の提督しか出てこないというのはおかしいと思います。地球政府には外務省のような存在はないのでしょうか?地球政府の元首は何をしているのでしょうか?もう少し地球の政治システムも紹介してほしいです。
投稿者背番号26 日時2003/3/21 17:54
トゥポルあのままどっかに行って欲しかったような気が・・・
クルー一人一人の紹介エピソードはそろそろやめにしましょうヨ もっと壮大なテーマを見つけてそれに向かっていくクルーのドラマが見たい。 ところでスタトレお決まりのクルーのロマンスはいつ出てくるのでしょうか? ホシは誰かとくっつくのでしょうか? 今後に期待しましょう。
投稿者 日時2004/1/14 12:47
このシリーズのヴァルカンは論理的じゃないな。トゥポルだけがヴァルカンたろうとしているのが健気でやるせない。
投稿者ポートス 日時2006/4/30 12:48
息が出来ないくらい、トゥポルの胸がまともに顔の上におっかぶさった瞬間、船長と替わりたいと強烈に思ったのはオイラだけ? ^0^
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT