USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第14話 "Sleeping Dogs" 「名誉に生きる者」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号015 本国放送順13 日本放送順14
放送日2002/1/30
監督Les Landau
脚色Fred Dekker
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第86号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
56/100点 [投票数 8]
感想 投稿者シェリダン司令官 日時2003/2/10 23:56
今までは新鮮で面白かったが、だんだん深味の無いキャラに飽きてくる。それに日々イラク問題をめぐる、英米と独仏の対立が報道されている現在、地球とクリンゴンの対立はあまりにも単純で陳腐に思える。クリンゴン人の描写も文化の違いというより、単細胞にしか見えない。もっと現実世界を反映し、問題提起をするような作品が見たい。
投稿者ふぁんとれ 日時2003/2/11 01:05
まあまあおもしろかった。

でも、なんとなく未来の世界(TOSやTNG)の設定への複線をにらみすぎていて、物語や世界観の描き方の自由度を抑えすぎているような気がしました。

TOS(特に映画版)ではクリンゴンは人間を虫けらとしかみていないもっと「鬼」のような民族であったし、TNGでは「話せばわかる」というふうになり、DS9では「最強の味方」となった。

流れから言えば、ENTでのクリンゴンはTOSよりもさらに極端で問答無用な「力こそ正義の鬼民族」であってもいいはずだけど、妙に人間めいた柔弱さがあるような気がした。

クリンゴン的に言えば「堕落した」ように見える。

このエピソードではクリンゴンとの交渉のようなものがあるけど、もっとクリンゴン的な、人間やロミュラン相手ではありえなさそうな意外な方法で交渉がビシっと成立してくれたりすればむしろスッキリ気持ちの良いまとまりを得たのではないかと思う。

そういう意味ではTNGでライカーが士官交換でクリンゴン船に乗船したときのエピソードのほうが「らしく」て良くできていたかもしれない。
投稿者S 日時2003/2/16 02:01
色っぽいトゥポルとホシとは対象的な女性クリンゴン兵士
性別抜きで別の生き物だなぁ〜
投稿者背番号26 日時2003/3/21 14:35
光子魚雷ってこの頃はバルカンも知らなかったんだ。フェーザー砲がようやく装備されたと思ったら今度は光子魚雷か、でもTOS初期のエンタープライズに光子魚雷装備されていなかったような記憶が・・・
ラストのシーン、トゥポルではなくホシに立ち上がってもらいたかった!!
投稿者 日時2004/1/7 12:48
「全部いきましょう」って言った時のホシにギャンブラーの才能を見た!(笑)
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT