USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第34話 "The Communicator" 「危険なコンタクト」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号034 本国放送順33 日本放送順34
放送日2002/11/13
監督James Contner
原案Rick Berman, Brannon Braga
脚色Andre Bormanis
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 2」 (パラマウント) Disc 2 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050
52/100点 [投票数 16]
感想 投稿者背番号26 日時2004/5/8 21:32
散々なファーストコンタクトでしたね。 「宇宙暦元年7.21」を想い出しました。 ”通信器 出かける時は忘れずに”
投稿者Atad 日時2004/5/12 02:28
今回の教訓でコミュニケーターなどにはもっと厳密に分かりやすい
発信機のようなものを取り付けるようになったのかな?
TNGの時代なら転送で簡単に取り戻せるものが、この時代だと
そうそう上手くいかずどうするのかと思っていたら、封じ手的な
遮蔽で来るとはちょっと驚き。
今後ENTでは遮蔽技術も積極的に取り入れていくのかな?
まだ連邦成立前で規定もないはずですし
投稿者リント 日時2004/5/15 14:55
通信機は転送で取り戻せれば…と思いましたが、それではエピソードになりませんね(^_^;)22世紀の転送技術だと、通信機くらいの小さいものはロックできないのか…
投稿者ユニクロ2等兵 日時2004/6/28 12:52
それにしても、通信機ある一帯、たとえばご丁寧に机の上に並べていましたが
机ごととか保管庫に入れられていれば保管庫ごと転送とかやりようが
あったはずなんですけど
そこいらが気になって話に集中できなかった。
わざわざシャトルを遮蔽してくる位ならね(^^)
投稿者(匿名) 日時2004/7/1 02:13
穴だらけな話。たまたま相手も同じ言語でなによりです。
いいかげん転送機の使える条件をはっきりしてくれよ。
過去のSTの約束事をいくつか封印して挑んだ新たなシリーズ、
転送は使わないけど遮蔽は使うところに、制作者の苦悩がうかがえる。7シーズン持つのか?
投稿者ころすけ 日時2004/7/10 18:58
話の流れに説得力がなさ過ぎます。装備としては一番害のないと思われるコミュニケーターを取り返しに行くのに、一番やばそうなフェーザーやスキャナをごっそり持って出かける船長たち。そして山ほど聞きたい事があるはずの貴重な捕虜を簡単に処刑しようとする軍人達(内臓なんて最後の最後でよいのに)。だいたいあの状況で敵国のスパイという印象を与えるほうが文化汚染よりよっぽど有害だろうに。シナリオとしてはかなりレベル低いぞ。
投稿者 日時2006/10/18 00:17
通信機を回収しにいくのにそれ以上にヤバいものを山盛り持っていくなんて余りにも浅慮。さらに捕虜になってからの言い訳もお粗末至極。こんなのを観てるとバルカン人が地球人の太陽系外への探索に反対したのもうなずけてしまう…地球人として恥ずかしい。
投稿者兎兎 日時2007/3/16 22:32
ENTはTNGより時代的に科学技術が遅れているのは分かるけど、精神や認識力や概念などもTNGよりかなり遅れている設定にしているんだなあって思ったよ。
投稿者えの 日時2009/11/29 19:46
文化汚染など犯しかねない重要な機器を
ポケットに入れて携帯なんていうのがずさん過ぎる。
あまりにひどい。現代の警察の拳銃でももっとましな
管理してるのに、宇宙時代の艦隊が何やってんだか。
投稿者d 日時2009/12/8 15:19
死刑直前の、船長の覚悟は評価してもいいかな。
あとバルカン嫌いながら、ちゃんと評価もしていたんですね。
投稿者LAKOTA 日時2010/6/20 04:02
TOSに出てきたギャングの話の焼き増し感はしないでもない。
だけど、例え通信機一つとっても、一つの星の文化を変えてしまうんだから怖いものです。
通信機の信号をロックして転送できれば一番楽だったかもしれないけれども、この時代はそこまで転送機が精密ではなかったのか・・・?
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT