USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第62話 "Similitude" 「ライサリア砂漠幼虫」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号062 本国放送順61 日本放送順62
放送日2003/11/19
監督LeVar Burton レヴァー・バートン [TNG ラフォージ]
脚本Manny Coto
2004年度エミー賞 音楽作曲 (劇中背景曲) 賞受賞
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 3 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第70号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
54/100点 [投票数 15]
感想 投稿者カズ 日時2005/3/21 14:06
ヴォイジャーのトゥーヴィックスと共通するようなテーマでしたね。こういう似たようなストーリーを見ているとそろそろネタが尽きてきたのかなと思ってしまうのは私だけでしょうか?
投稿者かずのり 日時2005/7/21 01:04
前回に続きXindiと離れたお話でしたね。
簡単にクローンを作るのか・・・と思ったけど、艦長は任務のためには神にも悪魔にもなるという事ですね。スポックの「多数の要求は個人の要求に勝る」というセリフを思い出しました。また、クローンで記憶も遺伝するってのが面白かったですね。シムの最後の言葉もトリップらしくてスカッとしててカッコよかったです。
投稿者ころすけ 日時2005/7/21 22:37
やはりこの解決は人の道を踏み外していると思うので10点。トゥービックスはその生まれがトゥボックとニーリックスを犠牲にしているので、あの解決もひとつの選択として許されると思うのです。しかしこの話は、クローン技術の最も悪用を恐れられる一面そのものです。短命であることを免罪符にしようとしていますが、あと一週間の命だからと、意識のある病人を殺して移植手術をするのと変わりません。こんなことを肯定してはいけない。
ところで、少年時代のトリップ、目元が卓球の愛ちゃんに似ていると思いませんでしたか?(おっと最後は腰砕け?)
投稿者背番号26 日時2005/7/22 13:23
そうですこういうお話が見たかったのです。「クローンと生死の尊厳」というテーマの割りに強引過ぎる終わり方が少し気になりましたが、余韻の残る作品でした。
トゥポルとトリップいい感じでしたね。
投稿者ま〜とっく 日時2005/7/23 12:25
ENTでは本当に久々に印象に残る作品だった。アーチャーらの判断の正否はともかく、クローンの生命の尊厳に踏み込んだSTらしい内容だったと思う。

しかし、最近のアーチャーは、独断的で横暴な言動ばかりが目立つ。以前のアーチャーは、確かにお節介で押しつけがましいところもあったが、困難な局面にも粘り強く立ち向かい、内在する良心というものをどことなく垣間見せてくれる側面を持ち合わせていたように記憶している。それが今では、世界の不幸を一人でしょっているような表情を免罪符に、少々倫理的におかしいことも平気でやるようになってしまった。これでは、魅力的なキャラ作りに成功しているとは言えない。私は、独善的でわがままなジェインウェイ艦長が好きではなかったが、彼女にはクルーを我が子のように思う側面もしっかりアピールされていた。アーチャーはこの先どうなってゆくのだろう?アーチャーのキャラを掘り下げる意味でも、クローン・トリップとの心の交流をもっと描いて欲しかった。ピカードやシスコならどうしただろう?

トゥポルは冷淡な女バルカン人ではなく、少しクールなだけのただのお姉ちゃんになってます。まあ、その方がいい感じなのですが・・・

いい意味でも悪い意味でも印象に残る作品になりました。少なくとも、これくらいのクオリティは保って欲しいです。
投稿者NK 日時2005/7/24 12:35
多分、クローンの生命優先でトリップが新旧交代するオチだろうと思っていたが、ま、辛口のオチだったので良としておきます。これがボーグに回収されてドローンとして復活・・・とかってのは無いな。:-P
投稿者(匿名) 日時2005/7/24 12:50
思わず泣いてしまいそうになった話。
恐らく、ベスト10位以内には入る話だと思う。
シムが生まれる過程はかなり突飛だったけど、それでも最後の言葉には泣いてしまった。
投稿者すなすな 日時2006/1/21 09:06
☆を代理母にして幼虫を育てて生ませ、トゥポルに恋して脳を抜かれる
エピだったら最高だった。
投稿者sagi 日時2007/10/16 21:09
アーチャーは本当にどうしようもないなと改めて感じた回。そもそもテロられた相手に復讐に行く話なので、まともな神経で作っているとは思えないですが。

911以降ですねえ。最悪な意味で。ENTはそろそろ見るのやめようかな。
投稿者やりちゃん 日時2009/9/19 20:11
シムが短命なら、抽出した組織も短命の筈でしょう。破綻したシナリオだと思いますが。
投稿者なんだかなあ 日時2010/1/9 15:46
クローンが物わかりよすぎる
それまでさんざんクローンに対して感情移入させるような展開だった
トゥーヴィックスが後味悪いと言われまくったのを気にしたのか?
予定通りトリップを入れ替えてもよかったと思うし、そっちのほうがよりスタトレ的だと思うのだが

まあ・・・トゥーヴィックスも艦長がどうしてああいう決断に至ったのかの描写も大して無かったし、
強い態度で意志をはっきり示したアーチャーのほうがまだみてて割り切れる
投稿者d 日時2010/1/10 16:32
内容はともかくとして、こういう内容で感じることは…。

「主役級が『死にそうです』ってのは死なないんだから、
 その役は一般クルーに与えてほしい!」

そうしないと「どーせ問題なく死なないんだよね」って思っちゃうので。

アーチャーがちょっとひでぇなあとは思いましたが、話しは面白かったです。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT