USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第69話 "Hatchery" 「トゥポルの反乱」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号069 本国放送順68 日本放送順69
放送日2004/2/25
監督Michael Grossman
脚本Andre Bormanis, Michael Sussman
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 5 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第119号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040
44/100点 [投票数 15]
感想 投稿者いか 日時2005/9/15 00:51
敵対種族であっても生命の危機に瀕していれば助けずにはおれない、ましてそれが罪のない幼生であったら……というのは、TNGあたりのノリなら当然支持される展開のはず。だがここではそれは敵の策にはまった船長のパラノイアックな行為として描かれる。船長は「正気」に戻り、孵化した幼生をなかば見捨ててめでたしめでたし。ズィンディ地球攻撃以降のENTが持つ気持ち悪さを象徴するエピソードだったと思う。本当にもうカンベンしてくれ。
投稿者ブルー 日時2005/9/15 01:00
部下の叛乱。今までにも色々ありましたが、まあ面白かった方じゃないかな。最後に船長が昆虫語でもしゃべればもっと面白かったかも。テュポルの部屋をガードしてた仕官って、確かヴォイジャーで次元の異なる惑星に出てた宇宙飛行士じゃないですかね。なんならチャコティやセブンも出てきて欲しいな。おまけにQにも出てきてもらって未来へ連れて来られてピカード達に遭遇とかはどうでしょう。
投稿者背番号26 日時2005/9/15 20:28
トゥポル そのまま反乱を続けて船長を排除すれば良かったのに。ENT最大の失敗は船長の人選です。もっとカリスマ性のある人でなければスタトレの主役は無理です。もう止めましょうよ。惰性であと30話見続けるんでしょうけど、完全な失敗シリーズです。VOYの再放送の方がよっぽどいいですよ。 唯一魅力のあるホシのエピソードがほとんど無いし、声優さん変わっちゃったし、本当につまらなくなりました。 ENTの最初から結論が見えてる話しなんて見たくありませんよね。 コレがカークやジェインウェインだと結論がわかっていてもぐいぐい引き込まれて夢中になって見てしまいます。 やはり船長の差でしょうね。
投稿者ころすけ 日時2005/9/16 22:12
ENTの現状をいろいろ考えさせられるエピソードでした。
・こういう歪んだ設定にでもしないと他のシリーズでは溢れていたヒューマニズムを描けない悲しさ。
・リードよりもヘイズのほうがキャラに魅力があるため、リード(やその仲間=艦隊士官)が正しくてヘイズが誤っているという設定にどこか引っ掛かりを感じてしまう事実...
・船長のパラノイアぶりにメリハリが無く態度が普段とあまり変わらないので、最後に正常に戻った船長に対してもなんとなく気が許せないと感じてしまうこと。
そう、普段の船長やENTシリーズそのものが、今回とは逆の意味でパラノイア気味なのだ。だから見ていて心から共感できないのだ。
投稿者NCC 日時2005/9/17 23:52
船長の卵や子供(幼虫?)を守るという行動、フロックスは立場上支持すべきなのでは?

しかしズィンディ族の外観はちょっと安易すぎませんか。
昆虫だの爬虫類だのと・・・。
これが今シーズンをつまらなくしている要因のひとつです。
数十年前の3流ドラマみたいで感情移入しにくい!!
投稿者S'Kal 日時2005/9/18 03:55
なんともはや…
“Extinction”や “Similitude”での船長の言動をみせられた後では.
…(他の投稿者の方に譲りましょう.何か語れば,それだけ野暮になる気がします)…

作り手の苦悩(と言うか空回り?)やら,混乱ばかりを感じてしまいます.
裏返せば,物語世界に入り込めない,感情移入できていない,と言うことなのでしょう.

東北新社の皆様,スーパーチャンネルの皆様ほか,関係者の皆様には,頭が下がる思いです.
投稿者NK 日時2005/9/18 22:23
ENTを第1シーズンから見てきて、常々思っているのですが、クルーの個性があんまりないような気がしませんか?
アーチャーとトゥポルはともかく、それ以外は、トリップか、リードがメインになる話が多く、唯一の東洋人のホシと黒人のメイウェザーは皆さん書いているように最近殆ど(いえ、皆無か)ストーリーのメインにならないし。
ストーリーに精彩がないのは結局、キャラクターがたっていないって事にそもそもの原因があるような気がしますね。トリップとリードの性格の違いもあまりぱっとしないし、シリーズ当初はこの2人の区別がなかなかつかなかったほどです。。
ENTを見ているとホント、他のシリーズのレギュラーは敵も見方も個性が豊かだったですねえ。ガラックとかクワークとかセブンとかドクターとか、どれも一癖ある連中。
どうせなら第1シリーズで拾ったクリンゴンとかスリバン人とかをなし崩し的にクルーに加えて置けばよかったですね。
投稿者とし 日時2005/9/24 00:35
この手の話は、過去のシリーズでもあったのですが、イマイチだな〜って感じるのは、皆さんが指摘されているみたいに、それぞれのキャラクターが、弱いせいなのでしょうね〜。
投稿者エニグマ 日時2007/1/28 09:17
全作見てから本作品を観なおしましたが、最初に観た時よりも、高得点になりました。
昆虫族の刷込みシャワーが、アーチャーだけを選んで放出されて、
人間に効果を現わすという設定や、汚染除去室を使わないのも奇妙ですが、
その光景をクルーは見ているのに、その直後からのアーチャーの異常な行動を、
誰もシャワーと関連付けて考えないのも、たいへん奇妙です(笑)。
これはもしかしてアーチャーの救助活動を中断させ、探索・破壊活動にに戻すための反乱を、
艦隊への報告で正当化するための、トリックだったのではと考えちゃいました(笑)。
アーチャーのこの昆虫族幼虫救助活動が、昆虫族に評価されて、
『最終決戦』で昆虫族が人間の側につく設定にしていたら、面白かったでしょうね。
昆虫族船を撃沈して意気揚揚とするリードが、直後にアーチャーの逆鱗に触れて、
戦術士官を解任されて、因りによってヘイズの指揮下に置かれる命令を受けた時の、
リードのショッキングな表情は秀逸でした。
投稿者T's consept 日時2007/9/13 23:06
VOYの「超進化惑星の煌き」に出てきたヴォイジャーに乗船してきたアジア風な男性・・・軍事攻撃隊の一人してでていますね。

何で今まで気づかなかったんだろう。。。
投稿者ラコタ 日時2009/1/11 22:27
やってられない。
第3シーズンが嫌なのはこういう話だ。
さっさと惑星連邦の話にすべきだったな。
というか・・・、おれたちが見たいのは船長のパラノイアじゃない。
第3シーズンは明らかにシナリオに不備がありすぎる。
ハッキリ言って、滅茶苦茶だね。
投稿者d 日時2010/1/24 00:30
船長がパラノイア…いつもと変わった感じがしない(笑
まあ冗談はおいといて、子供(幼生)に罪はないのは事実なのだから、
パラノイアとかじゃなくてその点に焦点を絞った話しにすべきでは
なかったかなあ。。

個人的にはボーグの子を助けた話しのような方向だとばっかり。。ヤな方に裏切られました。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT