USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第8話 "Breaking the Ice" 「彗星は去り行くとも」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号008 本国放送順7 日本放送順8
放送日2001/11/7
監督Terry Windell
脚本Maria Jacquemetton, Andre Jacquemetton
2002年度エミー賞 特殊映像効果賞ノミネート
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 2 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
73/100点 [投票数 21]
感想 投稿者SA23 日時2002/12/24 00:03
ヴァルカンが出てくると、それだけで面白い。また従来殆ど登場しなかったヴァルカン船の登場も嬉しい。地球とヴァルカンは、統合して連邦になるより、それぞれ独自の国家であったほうが面白い。

従来のスタートレックでは、地球人を中心とした連邦の人間と、ロミュラン、カーデシア、クリンゴンなどとの対比が多く、いくら彼等と文化が違うだけとか、彼等にも1人1人色々な考えをがあるといった描写がありましたが、所詮人命軽視、非民主的な政府が、モラルがある民主的な惑星連邦と明確に区別されてきましたが、現実にはそう明確に世界の国家を分類えきるわけではありません。その点ヴァルカンは比較的思想が違うだけで、そんなに侵略的な国家でもなく、今までに比べると地球人との差が小さくて見やすいです。今後もヴァルカンにはたくさん出てほしい。クリンゴンはもう見たくありません。
投稿者英二鹿 日時2002/12/24 04:59
全体の構成としては先が読める展開でしたが、人間関係のドラマが非常に解りやすく且つ感情移入できる(ないしは引きつけられる)為、見ていて飽きません。以前の24世紀の人間達の葛藤は、ある種とても超然としていて、悩みを吐露するシーンがあった場合でも今ひとつ親身になれませんでした(演出も退屈な事がままあったように思います)。22世紀では、この辺りががらっと変わり、とても見応えのあるように仕上がっていると感じます。

トゥポルさんの相談相手に選ばれたタッカー君、なんて光栄なんでしょう。この二人の間には、これからとても人間的な関係が生まれるのかもしれませんね。
投稿者かっちん 日時2002/12/28 13:29
バルカン人は人間に意地悪をしたいだけなのでは・・・。
投稿者背番号26 日時2003/3/18 08:55
トゥポル・タッカー・アーチャー皆個性が出ていて大変良くできたエピソードでした。子供たちの質問に答えるシーンは傑出してました。ようやくスタトレシリーズらしくなってきたと言えるのではないでしょうか。
投稿者レッドバロン 日時2003/7/2 02:59
タッカーの「文化は認めるが、あんたら変だよ」という台詞の使い方が、今までのスタトレで散々使われてきたアメリカ至上主義的な嫌な言葉であるに関わらず、今回はかなり素直に見られたのも、SA32さんの言う背景があったからだろう。成熟しきったパラダイスではなく、混沌としているけれどパワーのある世界がENTの魅力だ。高度成長時代、昭和60〜70年代の日本みたいな。
投稿者 日時2003/11/6 12:57
やっぱりトゥポルはポンファが来たらお相手にはタッカーを選ぶんでしょうね。
投稿者マグロ 日時2003/11/6 23:53
ラストのトゥポルが可愛くて好きです。
なんだ、いいやつじゃん!って思えるから。
投稿者Mr.ブルー 日時2003/11/8 16:10
今までのスタトレシリーズと違って、軍隊っぽさが無いのがいいですね。アーチャー船長以下、皆軍人臭くなく、一般人っぽいのが好感が持てます。
投稿者むじん君 日時2003/11/12 09:15
どうもアーチャー船長は歴代の船長に比べ船長としての適性に欠ける様に思う。どんな状況にあっても部下の生命を第一に考えるのが船長の義務であろう。部下に説得されているようではこの先が思いやられる。
投稿者阿部怪異 日時2003/11/21 13:01
何回も見直したくなる程、面白いエピソードです。
個人的な事ですが、私もトゥポルと同じように
結婚の事で悩んでいたので、とても感情移入できました。
ところでヴァニク船長はトゥポルにヴァルカン語で
最後に何と言ったんでしょうか?
超気になります(笑)。
投稿者24 日時2005/4/21 19:23
この時代の地球人の無力さを痛感させられるエピソードでした。
アーチャーは傲慢でした。ヴァルカンの地球人を見下すような
態度も気に入りませんが。
ヴァルカンの船が見れて良かった。
投稿者じょう@埼玉 日時2005/4/23 15:55
もし友人に生粋のヴァルカン人っぽい性格のがいたら
どういう付き合いになるのか想像してみました。。。(・.・;)
スポックは地球人とのハーフであることをあまり感じさせませんでしたが、
トゥポルは言葉少なでも表情や仕草からだいたいわかるので
地球人としては受け入れやすい印象を受けました。
この先オフ(勤務時間外)のストーリーもあればと期待してみます。

テレビ埼玉、来週4/27(水)はナイターが中止ならば放映とのことです。
投稿者TOSI 日時2005/10/2 23:06
ヴァルカンに対して・・我侭でヤンチャで反抗的な子供(地球人)をハラハラしながら文句と口を出しながら実は見守ってる?親父みたいにも思えるストーリーなのかも?
そう言えば親父への反抗期だった自分と、今親父が年老いて自分が壮年期となった立場での関係は、丁度地球人とバルカンの様な関係なのかも?^^
ヴァルカンに学びながら未熟ながら時間を掛け徐々に惑星連邦のリーダー格となる地球人・・親子の関係に似てません?
投稿者プターミンガム 日時2006/2/2 17:12
バルカン船かっこいい!
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT