USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS

Episode Promenade: TOS

第21話 "Tomorrow Is Yesterday" 「宇宙暦元年7・21」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号21 本国放送順19 日本放送順14
放送日1967/1/26 DVD [英語]
第11巻
Amazon.com
宇宙暦3113.2 [西暦 (2267)年]
監督Michael O'Herlihy
脚本D. C. Fontana
メディアビデオ: 「スター・トレック 宇宙大作戦」シリーズ (CIC・ビクタービデオ)
ビデオ: 「ニュー・デジタル・マスター 宇宙大作戦 完全版」シリーズ (CIC・ビクタービデオ)
LD: 「スター・トレック<TVファースト・シーズン>」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集」 (パラマウント) 第1シーズン Disc 5 収録
DVD: 「スター・トレック タイム・トラベル・ボックス」 (パラマウント) Disc 1 収録 (テキスト解説あり)
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第98号収録

DVD [本国]: 第11巻収録 (Amazon.com)※米国のDVDは日本国内の一般的なプレイヤーでは再生できません
小説ハヤカワ文庫「宇宙大作戦 謎の精神寄生体」収録 『明日はきのう』
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
83/100点 [投票数 14]
旧E.N.H.
コメント
過去に戻るエピソードでは、一番好きです - 土井

転送されたガードさんの表情が好き。

このエピソードが私のスタートレックとの出会いでした - M.T
感想 投稿者DREXLER 日時2001/2/7 02:01
秘書が良かった。
投稿者memorybeta 日時2002/2/4 08:17
みんなまとめて同じ時代の、同じ場所へタイムワープすると面白いのに。例えばフェレンギとか…
投稿者城井 日時2003/3/1 16:48
・エンタープライズは 11 隻あるんですね。
・妨害光線、って何だろ。(;^_^)
・何故、宇宙船と分かるのか。
・小さいグリーンの人、って・・・(;^_^)
・何故、今回はコンピュータがあんな風になってるんでしょう。(;^_^)
・宇宙暦元年、って、アポロが月に着陸した日なの??
・あの大尉の息子が、人類初の土製探検か。
それは、ファーストコンタクトよりも・・・前なんですよね多分。
・しかし、何か安易に過去に戻るなぁ・・・
・基地に侵入して記録を盗む、って、幾つもコピーされているかもしれないのに。
・チキンスープがすぐ出てきたなぁ。(;^_^)
フードレプリケータか??
・映画版で未来に戻った方法 (太陽に向かって飛ぶ?) は、この時考えられたのですか。
・思いっ切り見られて会話もしたのに、殴り倒しただけの警備員達は、あのままでいい
んでしょうか。(;^_^)
って、過去に戻って、事件経験前に 2 人を帰すからいいのか??
しかし、既に経験してしまった訳で、記憶には残っているし・・・
ぴったりの時間に帰さないと、彼等が 2 人になる可能性もあるのでは・・・
うーむ、時間を移動すると、話がややこしくなる。(;^_^)
・クロノメータが逆行している、と、いう事は、ブリッジの時間が逆に進んでいる、って
事ではないのか??
・転送する前にも、その人が存在しているのに、全く同じ座標に転送した、って事か??
そんな事していいのか?
エンタープライズから転送される前に存在していた本人は、どうなったのか・・・
エンタープライズでの記憶は、どうなったの??(;^_^)
訳が分かりませんし、納得出来ませんねぇ。(;^_^)
同じ時間の筈なのに、エンタープライズも、乗組員も居ないし・・・
・過去に戻ってしまったり、無事未来に帰る事が出来たのはまぁ良しとするとしても、過
去の、接触を持ってしまった人間に対する処理が、どうも駄目ですねぇ・・・
投稿者背番号26 日時2003/3/13 20:29
TOSの中でもベスト10に入る傑作だと思います。タイムワープの方法は「スタトレ4」でも使われた方法ですよね? カーク・スポック・マッコイ・チャーリー皆が個性を発揮していて非常に面白くできてます。 あの最新式のクロノメーター欲しいなあー
投稿者Kanaru 日時2003/6/17 21:17
初めてのタイムトラベルものですね。タイムワープした理由の説明があっさりしすぎていますが、企画段階では「魔の宇宙病」の続編として作られたからでしょうか?(「魔の宇宙病」の最後では、本筋と関係ないタイムワープがありますよね。)
1969年と言えば、現在からはかなりの過去ですが、制作当時からすれば近未来。7月21日月面着陸という地球の放送がありましたが、吹き替え前の台詞も同じだったのでしょうか。当時の視聴者は、まだアームストロングの第1歩は知らないはずですよね。
問題の解決法にはいろいろ疑問点はありますが、初めてなので許しましょう。タイムトラベルものを矛盾点なしで作るのは不可能だと思いますが、それが気になるか気にならないかはストーリー次第だと思います。
投稿者国土交通省 日時2006/4/22 10:20
毎回思うことだが、エンタープライズの座席にはシートベルトが必要なのでは???
投稿者(匿名) 日時2006/4/22 18:51
録画して観たのですが、最初のシーンを見たときは間違えて別の番組を録画しちゃった……と青くなりましたね(笑
投稿者キャス 日時2006/4/24 11:38
タイムトラベル自体が矛盾だらけなんですから、そんなに矛盾点をいちいちあげつらわなくても…(苦笑)
ハラハラドキドキの中にもユーモアがあるし、「そのうち生まれる」息子、というのが、未来の明るさを感じさせて好きです。記憶に残るいいエピソードだと思います。
投稿者レイン 日時2006/4/27 19:20
面白いことは面白いんだけれど、タイムスリップ物は後のシリーズでもっと優れた作品を一杯見ているので、どうしても物足りなさを感じてしまう。エンタープライズに20世紀の人間が次から次へと転送されてきて収拾がつかなくなる…なんてハチャメチャな展開になってくれていたら、もっと楽しめたのに。
投稿者かあさん 日時2006/7/2 23:46
地球の上空に浮かぶエンタープライスで終わるイントロが、意表をついていてなかなかよい。タイムスリップものは、個人的に好物なのでそれだけで嬉しくなる。サスペンスありユーモアありでサービス満点。ただしカークの格闘シーンはやりすぎか?あとでどうせ転送されるのだから、おとなしくつかまってあげればいいのに。警備員は殴られ損。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS