USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS

Episode Promenade: TOS

第64話 "The Tholian Web" 「異次元空間に入ったカーク船長の危機」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号64 本国放送順64 日本放送順63
放送日1968/11/15
宇宙暦5693.4 [西暦 (2269)年]
監督Herb Wallerstein
脚本Judy Burns, Chet Richards
1969年度エミー賞 特別分類業績賞ノミネート
メディアLD: 「スター・トレック<TVサード・シーズン>」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集」 (パラマウント) 第3シーズン Disc 3 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第49号収録
小説ハヤカワ文庫「宇宙大作戦 メトセラへの鎮魂歌」収録 『ソリアのクモの巣』
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
66/100点 [投票数 10]
感想 投稿者マクギー 日時2000/8/29 21:38
DS9で有名なディファイアント号が登場するんです
が、こちらは漂流船なんですね。NCC−1701と
見たところ大差がないように見えます。

重力の変化により水の分子の形状が微妙に変わることに
よって脳神経がやられてしまうのですが、たしかTNG
にも同じ原因で乗組員がやられちまうお話しがありまし
たね。

エンタープライズ号の転送装置の性能がもっと向上して
ほしくなるような、もどかしい場面が何回もありました。
ソリアン船の網状のバリヤーに使用された繊維状の物質
(橙色の糸状物質)がとても鮮明に記憶に残っています。
この作品は、TOSの中でもおすすめのお話しですね。
投稿者城井 日時2003/5/7 15:37
・宇宙の分解、って何だ?(;^_^)
・デファイアントは、エンタープライズと全く同じ型ですね
・普段、惑星に転送する時は軽装なのに、何故、今回はあんなに重装備?(;^_^)
って、事前に空気を調査したのか?
・人が居る気配はない、って・・・
気配、ではなく、生命体をスキャンすればいいのに(;^_^)
・あの宇宙服、もしや、顔の所は網目になってます??(;^_^)
・恒星間協定、なんてのがあるんですね
・ソリア人とは知り合いなの?(;^_^)
・規則性がないのに、どうやって、次の位相転換を割り出すんだ?
・あんな現象が起きたのに、普通に、位相転換だの次元が違うだので話が進んでますね(;^_^)
・ソリア船は、破壊してない様な・・・
・あんなに沢山を集めて話をする場面は珍しいですね
・ソリア船の作っている網、TNG で、一番最初に Q が作った網みたいですね
って、TNG がこっちを参考にしたのかも(;^_^)
・ソリア人、あんなにちんたら網を作っていたら、普通なら簡単に逃げられてしまうのでは(;^_^)
・皆が見たからといって、正常なのではなく、全員異常、という可能性はないんですかね(;^_^)
・しかし、これだけカークが出てこないエピソードも、珍しいのでは
カークが存在する次元での、彼の行動が、全然、描かれませんし・・・
・サラゲン、って、クリンゴンの神経ガスなんだ
・スポックとマッコイとチャーリーが飲んでいるのは、絶対、オレンジジュースですよね(;^_^)
・ウィスキーと合うか、って、残りを持って行ってしまいましたが、そんなに呑んで大丈夫なんで
しょうかチャーリーは(;^_^)
別のエピソードでも、べろんべろんに酔っ払ってた事が多い様な(;^_^)
・しかし、マッコイは、とてつもなく優秀ですよね
過去にも、ありとあらゆる薬を開発してます
・最後、エンタープライズは、異次元に飛ばされたのではなく??
単に、ソリアの網から、都合良く脱出出来ただけなの?(;^_^)
・このエピソードでは、邦題の方が良いですね
でも、カーク側の描写がないので、今一つですけど
・あの様な場合、普通なら、マッコイはカークを助けろと主張し、スポックが危険だから退避する、
と言って、争いになると思いますけどね(;^_^)
投稿者背番号26 日時2003/5/24 20:13
ソリアの蜘蛛の巣の残像がずっと昔から残っていて、TOSというとこのシーンが思い出されるほど強烈なイメージを受けたのを覚えています。TNGでも似たようなのが出てきませんでしたっけ? ソリアのものだったかQが作ったんだったか思い出せませんが(最近記憶力に自信がなくなってきました)とにかく印象的でした。
あの宇宙服はジャミラそのものでしたね・・・
投稿者Kanaru 日時2003/7/23 23:27
珍しくカークの登場が少なく、多くのクルーが活躍したエピソードでした。
しかし、このエピソードは、理解に苦しむ点が多い。
いきなり攻撃を仕掛けたソリア人の行動は、最初の約束と違うのでは?
(それとも、時間が経過したという説明がなかったように思うが、実は時間になってもディファイアントは現れなかったのか?
だとすればなぜなのか?)
ディファイアントは吹き飛ばされても、なぜカークは助かったのか?
なぜ、カークの幻影が見えたのか?
どうしてソリア人の網から脱出できたのか?
(異次元に移動したなら、どうして元の世界へ無事戻れたのか?)
スポックの判断は常識的な判断だったように思うのだが、なぜマッコイは反対したのか?
(二人を意図的にいがみあわせて見せ場を作っているようにしか思えませんが...)
最後に、なぜ、こんなに長い邦題なのか?
投稿者キャス 日時2006/7/3 17:55
いろいろ細部にツッコミが入ってますけど(笑)、
私はカークのテープを聞くスポックとマッコイのシーンで
すべて帳消しになるくらい、あのシーンは良かったと思います。
特にスポックの目の表情に、カークを思う彼の内心が現れていて
心を動かされました。
投稿者レイン 日時2006/7/23 13:55
カークを間に挟んだ、スポックとマッコイの対立と和解、反発と友情が、脚本家の描きたかったものなのだろう。しかし、二人の会話がどうもぎこちない。台詞がもう少し洗練されたものだったら、もっといい作品になっていたと思う。
投稿者かあさん 日時2006/12/17 10:56
カークの生命を助けるためにあえて困難な道を選択したスポックを、一方的に難詰するマッコイが不愉快だ。しかしその後のカークの慈愛に満ちた遺言ビデオで癒される。あれを見せられたら、仲直りもするわな。
投稿者キチョー 日時2008/8/31 04:00
>何故、今回はあんなに重装備?
デファイアント号は目には見える(スクリーンには映る?)けれど、それ以外は装置に何の物質の反応も現れなかったので。どちらかと言うと見えているデファイアントは単なる幻で、何もない宇宙空間に転送される可能性のほうが高かったから重装備にした…と今日DVDで観て確信しました。
むしろ僕が「おい、装置に何の物質の反応もないのに転送するの?」とツッコミを入れたンですが、宇宙服を着てて安心したものです。
投稿者サエコ 日時2009/12/12 16:02
このエピソードは、私の学校の先生に“ビデオに撮って”って言った時に収録されていたエピソードです!どうしてコレが最高なのかと言うと、それは…
1、チェコフの大暴走!!
その時のセリフがおもろかったので、ここに書きます。「あんな風(ふう)に死ねって言うのか〜!!」が、おもろかったと言う事。
2、マッコイとスポックの喧嘩(けんか)
この2人の喧嘩はとってもおもろいのだが、その直後に仲直り(というか和解!?)するので、大人だな〜なんて思った事。やっぱり大人って、素晴らしいですな〜♪
P.S.このエピソードはとっても最高だな〜と思ったのと、とってもおもろかったと言う事で、投稿させていただきました異なっを申し上げます。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS