USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第1・2話 "Caretaker" 「遥かなる地球 (ふるさと) へ」

エピソードガイドへ
プロローグより
プロローグより
第1シーズン 製作番号721 本国放送順1 日本放送順1, 2
放送日1995/1/16 小説 [日本語]
惑星管理者
STの書物
小説 [英語]
Caretaker
Amazon.com
宇宙暦48315.6 [西暦 2371年]
監督Winrich Kolbe
原案Rick Berman, Michael Piller, Jeri Taylor
脚色Michael Piller, Jeri Taylor
1995年度エミー賞 衣装デザイン賞ノミネート
1995年度エミー賞 ヘアスタイリング賞ノミネート
1995年度エミー賞 音楽作曲賞ノミネート
1995年度エミー賞 特殊映像効果賞ノミネート
メディアビデオ: 「スター・トレック ヴォイジャー/完全版」シリーズ (CIC・ビクタービデオ)
LD: 「スタートレック ヴォイジャー ファースト・シーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 1 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第134号収録
小説角川スニーカー文庫「スタートレック ヴォイジャー 惑星管理者 (ケアテイカー)
英語版:Amazon.com
次のエピソード次
メモ パイロット版 (シリーズ・プレミア)
点数
1020304050607080
81/100点 [投票数 34]
旧E.N.H.
コメント
まだ、1話しか見ていないが、早く続編が見たくなった - 山本 龍也

ハリー・キムにすごく親近感を感じる。おなじアジア系だからね - John

omosiroi - yamato
感想 投稿者neko 日時2000/02/13 12:16
DS9 に停泊している Voyager がかっこいいです。これが本編に出てくる初めての姿なんですよね。艦の前下方から近付いて、後方を
回り、かなり接近して前方をかすめる、そのシャトルの視線が印象的です。 Voyager のというか、 Intrepid クラスの艦影が良く分かりま
す。パイロット版ならではの出血サービスという感じです。
スタディ大尉が簡単にスペック紹介をしているけど、やっぱり少し小さめの艦だと印象付けたいのかなと感じます。

なお、ジェインウェイ艦長が発進の命令を出してから、艦のアップ、発進までのシーンって凄く好きです。

あと、景気よく艦が吹っ飛ぶシーンも印象的です。なんだか、 Voyager って全編をとおして景気よく吹っ飛ぶことが多いような気が…。

艦の機能というと、 EMH の初起動も印象的。あれって、キムがやったんですよぉ。
投稿者たびびと 日時2000/02/14 22:54
>艦の前下方から近付いて、後方を回り、
>かなり接近して前方をかすめる、その
>シャトルの視線が印象的です。

友人から聞いた話なんですが、この時のシャトルの
船体番号をよーく見て下さい。
きっと、驚かれる事請け合いです。
投稿者maya 日時2000/11/14 16:22
SF版ロードムービーという今迄のシリーズと趣向を変えながら、スタートレックさぼ趣きを匂わせが良い意味で引継がれており、新作に対する期待が高まった。それにしても映像が綺麗だ。
投稿者memorybeta 日時2002/4/21 02:00
チャコティがもうすでにジェインウェイン艦長の言いなり。
トリコバルト弾はこれっきりのようですが、もう弾切れ?
投稿者 日時2002/10/23 12:53
再放送で観直してみたので、こんなにジェインウエイって偉そうなキャラだったのか…と感じました。それはそれで楽しい。
投稿者ジェニファー 日時2003/2/23 03:02
あ、すみません。

こんなHPがあるなんて今まで知らなかった。。。
しかも私だけじゃ、ないんですね。ファン!
なんか勇気付けられました!
うれし〜(*^-^*)

ここのサイト、これからショッチュウ来ます!
ヨロシクです! (^-^)ノ
投稿者背番号26 日時2003/4/26 18:59
4年振りに見ました。これこそ「スタートレック」の名に相応しい冒険活劇です。ジェインウェイン・チャコティ・パリス・キム・トゥボック・ベラナ・ケス・ニーリックス・そしてドクター 素晴らしいメンバーです。みんなの若い姿をとても楽しく拝見しました。(ネメシスの艦長と比べるとやっぱり若い!!) スタトレファンには評判の悪い艦長も私は大好きです。感情的な行動が多いところはカークそっくりですし、指揮官たる者非常時には独善的な部分も必要です。ピカードやシスコでもこういう状況に置かれれば同じ道を歩んだかも知れませんよ。皆さんジェインウェイン艦長の価値を見直しましょう。 彼女のカリスマ的な行動力がなければ地球には絶対戻れなかったでしょう。 これから毎回楽しみです。 それぞれのクルーの未来を知りながら第一話から見られる幸せ、スーパーチャンネルありがとう。
投稿者Atad 日時2003/7/7 23:30
TNGは連邦所属として任務を遂行し、DS9では基地として
ヴォイジャーではそれらとはまた違って本部からの任務もない
だろうしまた違ったトレックの世界を見せれくれそうで楽しみ
です。
見る前はジェインウェイの悪評を聞いてたのでどんなもんかと
思ってましたが、とりあえず掴みはOKですね。
緊急医療用プログラムのドクターの何も知らない様子が見ていて
楽しかったです。
投稿者エイリアン 日時2004/3/4 00:37
小説版も良かったが、キムが「友達ぐらい自分で選ぶよ」と言った時の
ハリーのパッと輝いた笑顔。それに、何といってもジェインウェイン艦長の
演説が最高です。宇宙の冒険に乗り出すクルーに大いに期待しましょう。
投稿者スTL 日時2004/7/17 20:11
トムを中心にしてレギュラーキャラクターの関係を描いたのは
巧いと思いましたが、「地球への帰還を諦めてでもオカンパを
助けてあげたい!」とは思えませんでしたし、管理者はアルフ
ァ宇宙域からボイジャーを呼び寄せるほどの技術力を持ちなが
ら1000年かけてもテラフォーミングできないなんてマヌケ
すぎます。
でもケスは魅力的なキャラクターですね。痩せてるし(笑)
投稿者オドオドー 日時2004/8/15 18:19
VOYはオープニングの音楽が非常に良い。
投稿者ぼこぼこ 日時2004/10/4 12:12
賛否両論の飛び交う『スタートレック・ヴォイジャー』の開幕です。 かつて、これほど主役が けなしまくられる作品はあったでしょうか・・・?
まぁ、スタトレに限らず「映像で見るサイファイの主役」にこれほどアクの強いキャラを置くこと自体が異例だったので、これまでのファンにはショッキングだったのかもしれません。
反面、自分の様に「映像で見るサイファイのキャラクター(品行方正でカッコ良く、泥水をかぶっても汚れない、正しいことをいとも簡単に行う[イイ子])」がウソ臭くて興味を持てなかった人間 という新しいファン層を獲得しました。
自分はサイファイが好きなのでTNGも見ましたが、ピカード艦長のキャラクターが素敵だと感じたのは 映画「ファーストコンタクト」を見てからです。 それまでの7シーズンと映画1本は演じている役者さんへの興味で見ていました。
でもジェインウェイというキャラクターを見てからは、ちゃんと地に足が着いた現実感のあるドラマもサイファイで作れるのかと興味を持つようになりました。
TNGとの比較が多いですが、諸国漫遊感の強いエンタープライズと 生き残りをかけたサバイバルのヴォイジャーを比べるのはカナリ無理があると思います。 DS9との比較についても、固定された世界と移動している世界を同じグランドで比べること自体に無理があると感じています。
ピカードとの比較も多いですが、自分が見たところジェインウェイはピカードの女性版ですね。 考え方や行動基準が同じです。 違いは、ピカードが経験豊富で老獪な男性の艦長であるのに対し、ジェインウェイはこの艦が初艦長任務の若く壮齢な女性の艦長であるところです。(最初は経験豊富な女性の艦長にしたかったのかもしれませんね。でも女優が交代した時点で切り替えたのでしょう。若く壮齢な というところはカークの設定と同じです。)

このパイロット版での選択をジェインウェイは最後まで引きずる訳ですが、爆破を命じたときの状況は生死を分ける瞬間でした。 この時点で分かっていることは、ケイゾンとはニーリックスが原因で信頼関係を持てない状態であり、アルファー宇宙域へ帰るためのプログラム計算には数時間かかる状況で、艦は多大なダメージを受けていることです。 ケイゾンはプログラムのための時間を待ってくれそうに無く、艦の状態からこのままではケイゾンの捕虜になるのは時間の問題でした。 捕虜になっても交渉出来る相手ならばよいですが、ケイゾンに水を渡した時の状況から考えて、艦と技術を取り上げられ乗員は殺されるか奴隷として売られる可能性も高かったでしょう。 決定を下した直接の動機は「ケアテイカーのオカンパへの思い(ケアテイカーへの同情)」でしょうが、状況から考えて艦と乗員を生き延びさせる最も確率の高い選択でもあったのです。
こう考えると、この後 各劇中で語られる「ジェインウェイの勝手な決定」という言葉がいかに不当なものか、そして何故 何の文句も言わずにチャコティとトゥボックがジェインウェイに従っているのかが理解できます。 さらに、いかに上手く視聴者が製作者に思考をコントロールされたかも良く分かる訳です。

自分はジェインウェイの強くてもろく欠点だらけのキャラクターが大好きです。 意見が違うときに最初は反発するが考え直す素直ではない部分が、普通の人間らしさを見せていて本当に「可愛い女」だと思います。 周りの人間や部下の行動には過程を評価し、自分の行動には結果を評価する潔さに心から魅力を感じます。
投稿者aka 日時2005/4/25 19:02
最高
投稿者スポットα 日時2005/6/30 13:45
7thシーズンのDVDを観終わって、早速1stシーズンから観直してみた。ケイゾンの描き方が、最初の躓きだったんだなあ、と感じる。

爆破決断の直前、あの状況でケイゾンと闘っても勝ち目が無かった訳だから、決断が間違っていたとは思わない。
しかし、ここですんなりと決断を支持できない理由は、水もレプリケートできなくて、オカンパの地底都市にも辿り着けないケイゾンが、何故強力なスターシップを持っているのだろうかという不協和音が私の中にあるからだ。ケイゾンという種族の描き方に座りの悪さを感じてしまうのだ。

抵抗無く受け入れられる設定はどんなものだろう。爆破実行のところから遡ってみる。VGRを追い詰めるくらいのスターシップを持っているのだから、当然オカンパの地底都市にもバリアの裂け目から侵入して略奪行為を行っているだろうし、それを管理者が放置しておくはずも無く。そうするとVGRも、誘拐された二人のクルーを奪還に地底都市に侵入するのは困難か。そうなるとケスが地表にいることに矛盾があるし、ベラナとキムが、これから始まるだろうロングジャーニーに居なくなるのか。あるいは適合して新しい管理者になるか。
かといって、ケイゾンの前半の描写を無くして管理者が死ぬ直前に現れて急襲となると、ケイゾンからオカンパを守っているという管理者の設定がおかしいか。さらにケイゾンのような略奪者がいないのであれば、管理者の後継探しもあったかどうかという、そもそもVGRがデルタに飛ばされた根拠が少し揺らぎ始める。
とすると、ケイゾンは弱いままで、最後に邪魔することもなく、管理者の起動した自爆装置でステーションが破壊されるってのが良かったんじゃないかと思えてくる。少なくともスターシップバトルを描くより余程ストーリーは締まっただろう。一話で使い捨てるべきだったのだと思う。シリーズ前半の敵としては、別種族を登場させればよかったのだ。

このVGRというストーリーの起点、と言うべき重要なファクタだから、主人公に決断させるのも重要だろう。それだったらもっと完成度を上げてしかるべきだろう。オープニングセレモニーだし。主人公に決断させるにはなんだか綻びだらけ。ストーリーとして破綻しているというのが二回目を観ての感想。
投稿者モイラ 日時2007/9/28 08:17
最初に触れたSTはVOYでした。KBS京都で第2シーズン中ごろだったかな…。すっかりはまってしまってCSにも加入したものの、タイミングが合わず、VOYを最初から通して視聴することはできませんでした。念願かなってのベルト放送、楽しみです。
なかなかに評判の悪いジェインウェイ、私は大好きです。頼りがいのある指揮官というだけではなく、グレートマザーというか、優しいだけじゃない、強い母親のイメージがありますね。孤立無援で故郷を目指す宇宙艦の艦長が女性であるということから、藤原ていの「流れる星は生きている」も連想します。
もっとも、ジェインウェイ自身は独身で子供もいませんし、キャリアに身をささげてきた艦隊士官なわけですから、母性だけで彼女のキャラクターを捉えることは難しいでしょう。女性、艦隊士官、(クルーたちの)母親、その辺の行動の齟齬が不人気の原因でしょうか?それもまたよし。完璧でない艦長を支えるクルーの多様さもVOYの魅力です。いずれにしろ、これからの長い道程を楽しみにして、ご祝儀の評価ですね。クワークが出てきたのも嬉しい!
投稿者pepe 日時2007/11/18 18:03
決して嫌いじゃないんだけど、マキがあっさり飼い慣らされてしまったのは・・・・。
いくらでも盛り上げられる要素はあったはずなのに脚本を書きやすくするためなのか、
それらをいきなり取り払ってしまったのは不味かったと思う。
投稿者めぇちゃん 日時2009/5/3 01:58
再放送でシーズン2から観たので、この話は、DVDを買って後から観ました。
ケイゾンはヴォイジャーを困らせるほど強敵なのに、オカンパの暮らす地下都市へは
近づくこともできないのが不思議でした。それと、地上へ繋がるトンネルが非常階段
みたいなのがイマイチでしたね。
不評のようですが、艦長がキャスリン・ジェインウェイでなければ、こんなにVOY
にハマらなかったでしょう。強い意志、きっぱりした態度、クルーのことを何よりも
思いやる心、頑固のようできちんとクルーの意見に耳を傾ける、こんな指導者は現実
にはなかなかいないですよ。憧れます。
投稿者すぐる 日時2009/9/4 03:24
やっぱり、ヴォイジャー最高っす(*'∀`)b
管理者がオカンパ人を管理する話はTNGでも似たような話はあった気がしますが、、、序盤で内容の濃い話で面白かったです。
それよりも、本当に良いキャラクターばかり揃ってますよねヴォイジャーは。TNGを見た後では、データくんをヴォイジャーに登場させてほしいなぁって本気で思ってしまいますが(笑)
それ以外はキャストも完璧な気がします。
これぞまさしくスタートレック最高作品と言えると思います。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY