USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第13話 "Cathexis" 「幽体離脱」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号113 本国放送順12 日本放送順13
放送日1995/5/1
宇宙暦48734.2 [西暦 2371年]
監督Kim Friedman
原案Brannon Braga, Joe Menosky
脚色Brannon Braga
メディアLD: 「スタートレック ヴォイジャー ファースト・シーズン Vol.2」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 4 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
64/100点 [投票数 13]
感想 投稿者Atad 日時2003/7/10 19:48
ケスの部屋に置いてあった顔型のオブジェが気になった
投稿者USSナナシ 日時2003/8/15 11:44
冒頭のホロデッキのプログラム、“古いイギリスの小説の世界”というのは、ヘンリ−・ジェームスの「ねじの回転」かな?
二人の子供の幽霊が登場する話だから多分そうでしょう。
面白かったです。
投稿者背番号26 日時2003/8/15 20:40
誰を信じて良いのでしょうか。 ドクター折角指揮権を与えられたのに残念でした。 チャコティ今回は昏睡状態の役で楽でしたね。
投稿者__hage 日時2004/4/29 08:11
見慣れないハゲの科学士官(かな、制服が青でした)が何度も何度も映っててしかもセリフまであって実に怪しかった。単純なわたしはこいつが犯人かと思ってました。

でも彼は単なるデコイでした。ただしつこく映していただけで一切関係がありませんでした。思わせぶりに映しておいて、そのことには一切触れずに終わってしまいました。まんまと一杯食わされました。その点だけでも「やられたよ、あはは」って感じでとても面白かったと思います。演出の勝利です。

シナリオも誰一人信用できない状況を作り出して緊迫感がありました。あっさりとトゥボック(に乗り移っていたエイリアン)が正体を明かしちゃったのは残念でした。それとあのジェインウェイ艦長が事情をしった後に暗黒星雲を探査しないわけないだろうと思ったので、その点を差し引いて90点をつけました。

私としては最高まではいかないまでも優れた作品だと思いましたよ。
投稿者スTL 日時2004/7/24 19:35
「体が異星人に乗っ取られる」→「誰も信用できない」という
ネタは定番ですね。
ジェインウェイは少ないヒントから、ヴォイジャーを守ろうとし
ているのがチャコティだと気づきますが、2人の信頼関係を表し
ているようで良かったです。
魔法陣の石を動かすことができるなら、キーボード打てよって気
もしましたが。
投稿者makoto 日時2005/2/4 00:06
途中まで状況が理解できなかったが後半の展開で合点が。エネルギー流出で艦内が暗くなり疑心暗鬼な様が浮き彫りになる憎い演出。作戦室で気を散らしたキム<反省なさい あ今エイリアンに支配されてました〜(ウソ)
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY