USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第171・172話 "Endgame" 「道は星雲の彼方へ」

エピソードガイドへ
プロローグより
エピソードガイドへ
プロローグより
第7シーズン 製作番号271, 272 本国放送順170 日本放送順171, 172
放送日2001/5/23 小説 [英語]
Endgame
Amazon.com

スカイソフト
Amazon.co.jp
宇宙暦54973.4 [西暦 2377年]
監督Allan Kroeker
原案Rick Berman, Kenneth Biller, Brannon Braga
脚色Kenneth Biller, Robert Doherty
2001年度エミー賞 特殊映像効果賞受賞
2001年度エミー賞 音楽作曲賞受賞
2001年度エミー賞 音響編集賞ノミネート (後編のみ)
小説Amazon.com / スカイソフト / Amazon.co.jp
公式サイト前編 予告編・画像
メディアDVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 7 収録
DVD: 「スター・トレック ボーグ・ボックス」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD: 「スター・トレック タイム・トラベル・ボックス」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第134号収録
前前のエピソード
メモ 最終話 (シリーズ・フィナーレ)
点数
10203040506070
70/100点 [投票数 124]
感想 投稿者sf大好き 日時2001/11/23 19:26
かえれてよかったです。
投稿者たかひろ 日時2001/11/26 16:12
アメリカではもう二回程放映されている最終回。
何回見ても感動します。ジェーンウェイ艦長の
ヴォイジャークルーに対する思いがよく伝わってくる
最高のエピソードではないでしょうか。

ネタバレですが、この回に出てくるジェーンウェイ提督は
来年公開されるであろうTNGの新作、Startrek Xに
出てくる予定です。
投稿者HJ 日時2002/3/27 23:14
part I
良くも悪くもヴォイジャーらしい構成...
以外とトゥヴォックの病気っぷりが良かった。

遂にラスト。早く観たいです...
投稿者くまった 日時2002/3/28 01:29
…いよいよですネ。覚悟はしていても、これで終わってしまうのかと思うととっても寂しいです。
年をとり髪が真っ白になっても、提督になってもジェンウェイ艦長のジェンウェイらしさが素敵です。艦隊規則も時間規則もなんのその、クルーのためなら何でもやってしまう所がGOOD! 以前キムとチャコティが、やはり時間を戻すエピソードがあったけれど、あの時、ジョディーを振り切って未来を変えたキムが、今回ジェンウェイを止めに来たのがおもしろかった。
あぁ、それにしてもやっぱり寂しい…
投稿者植木・平・等 日時2002/3/28 19:21
これじゃ、TNGの最後でしょう?
期待はずれでした。苦難、苦難の末にやっと…を期待してたのに。
ああ、簡単に時空を越えて来られて「私は提督です」だなんて…。
最終回を一応期待しますが、はずれた場合は、トレック・ファンやめようかな。
投稿者とーます 日時2002/4/3 21:05
つつついに、終わってしまった……。ちょっとあっけなくおわっちゃったので、そこだけが物足りなく感じました。3話連続にして、○○○(ネタバレ)との対決をもうすこしじっくり見せてくれたらもっとよかったのに、って思ったのは私だけ?
投稿者ゆん 日時2002/4/3 21:11
未だに理解出来ないんですね。帰還はメインテーマであるから良かったとしても7年間の航海がこんなに呆気ないものにすり返られてイイのかなと思います。今回の主役はクィーンと提督にしか見えないし、出番はあったけど艦長、副長、セブンはじめ今のクルー達は何故か準主役扱いだったような気がします。
未来の人間が(例え、自分であったとしても)今に干渉を与える事はTNGからでも全て禁止されて来たことであるのにそれをどうして易々と塗り替えるんでしょうか?与えられ変わってしまった未来に今を生きるもの達に今後どのように影響したんでしょう。
VOYは開始当初、女性の社会進出が本国でもとり沙汰され、それをモチーフに艦長というキャラをはじめ、トレス、セブン、ケスというキャラクターが出来あがった筈なんですが、ここも最後は「男性から見た女性図」しかもオールドタイプとしか見えない保守的なものにしか描かれていなかった様に思います。
ある方が、「女性ではなく人間として描いた物語だった」と仰っていました。これだけが救いのような気がします。突き詰めると艦長は人間として最後を描いた物語ではあったと思います。
最後にマキの問題始め、帰還後の物語を見たかったです。
投稿者Rider 日時2002/4/3 21:43
終わりました。
あっという間であるような気もしますが、
ヴォイジャーらしい最終回だったと思います。

巻末の(笑)声優さんたちのインタビューが、
作品の出来の良さを物語っていたような気がします。

ところで、ケアテイカーのいなくなった女性の話して、
謎解きされたんですか?(^^;
それが、気になります。

ともあれ、スタッフの皆さんお疲れ様でした!!!
投稿者TEN 日時2002/4/3 22:23
帰れた・・・の一言に尽きますね。
でも、終わって寂しいと思う感じもします・・・・
長い旅でした・・・・
もう少し、地球についてからの話とかも、見てみたかったと思う
気もします・・・・
投稿者HJ 日時2002/4/4 00:16
提督とクイーンの対決やトランスワープハブの破壊
セブンと副長の関係やトムとベラナの子供の出産など
解決しなければならない当面の課題を消化するだけで、いっぱいいっぱい。
それ故、以外と呆気ないα宇宙域への帰還。
でも、とりあえずハッピーエンドでよかった。

欲をいえば、4話構成くらいでじっくり観たかった。
投稿者721 日時2002/4/4 00:49
文句言ってる人もいるけど、私は文句なし。鳥肌たったよ。
投稿者キム 日時2002/4/4 01:42
最終回 かんどーです
終わってさみしーけど
最終シーズンかしか見てない私には
ぜひ早く完璧版で放映みたいっす!!
長寿と繁栄を
投稿者(匿名) 日時2002/4/4 12:41
しびれたです。よかったよかった。
投稿者Mr.Shu 日時2002/4/4 14:45
ついに帰れた!!おめでとう!!!でも、なんかさみしい・・・もう終わりかぁ〜、泣けましたね。。。
投稿者感動!! 日時2002/4/5 16:18
最終回見ました!
無事の帰還良かったです。
宿敵ボーグとの最終戦すごい展開で盛り上がりましたね。
これまでいろんなエピソードを見ていましたがこの話は最高です。
むちゃくちゃ感動しました!!!!!!!!
投稿者レッドバロン 日時2002/4/7 19:20
タイムパラドックスネタはいけない。如何様にもファンの「妄想」で、自己満足させる事が出来るからだ。この様なパラドックスによるロジカルな謎は、一連の「謎本」ブームに見られた、不毛なオタク論争の元。視聴者はパズル解きではなくて、ドラマの感動を求めているのだ。
確かに、二人のジェイウェインの葛藤は非常に良く前に出ており、ドラマとして十分楽しめたし、視覚効果も非常にエキサイティングで胸躍った。だからこそ、今回のモチーフは、残念で仕方がない。
投稿者ミスターオグ 日時2002/4/7 20:43
連邦の時間規則をぶちやぶったストーりー展開に27世紀の時間管理官でなくとも21世紀のオーディエンとして取り締まりたい気持ちです。
しかしながら、ジェーンウエイ提督の最後のシーンが、あまりにもスタートレック的映像(まるで宇宙大作戦パイロット版のような感じ)であり、良しとします。
投稿者memorybeta 日時2002/4/21 02:01
もうこの時ケスはいないんだよねぇ…
投稿者FlyingHoggie 日時2002/4/29 06:44
TNGの最終話「All Good Things...」を見直してみて、改めてこのエピソードの質の低さを感じました。シリーズ全体として、VOYはTNGより質が劣る印象を持っていますが、その極めつけがこのエピソードだと思います。VOYの悪いところを集大成してしまっているように思えてなりません。
投稿者itamae26 日時2002/5/14 13:49
エピローグがない!セブンがチャコチィと?など納得のいかないことばかり。許せん!続編作れ、
投稿者Cp.Alpha2 日時2002/7/2 19:26
せっかく"最終回"という名の下なのでおもしろいかと思っていたら、
あぁ、帰っちゃった、しかも楽に。いかんな。VOYを反省してENTに期待。
投稿者 日時2002/7/10 12:55
パリスが○○になってたり、べラナの娘がベラナより可愛かったり、未来のシャトルがバットモービルみたいだったり…と見所満載、後編への伏線引きまくりでお腹いっぱいです。あー終わってほしくない…
投稿者hyde j yam 日時2002/7/13 10:56
まだ前編しか見てませんが期待はさせてくれますね。
でも、年をとってもジェンウェイの独裁ぶりは変わらないようで(^^;
しかし、TNGに比べて印象に残るエピソードが少なかったなぁ
投稿者ロミュラン 日時2002/7/15 00:36
以前のチャコティとキムも含め、ジェインウェイは身勝手すぎる。自分達の人生を変えるためだけにどれだけ多くの幸せな人生を破壊しているのだろうか?提督どころか、艦長にもなるべき人物じゃない。

もういいかげん、自分達の都合だけで、歴史を捻じ曲げるのはやめてくれー、私情で平気に過去を変えるヴォイジャーのクルーこそ、全銀河の脅威。

もう二度とジェインウェイは見たくない。スタートレック史上最悪のキャラだ。

クルーの半分がマキだということも、舞台がデルタ宇宙域ということも、結局あまり意味が無く終わった。未知のデルタ宇宙域はもはや、無味乾燥なデルタ宇宙域になってしまった。ジェインウェイはスタートレック史上における汚点だ。次のTNGの映画にも出るらしいが、やめてほしい。もう二度と出ないでほしい。

ひどいシリーズだった。スタートレックの名がなければ、第一シーズンで打ち切られてただろう。ジェインウェイの性格は見ていて不快だった。他のキャラも設定だけで、個性が無くただ演技しているだけにしか思えない。ドクターだけは個性が出ててよかった。

ジェインウェイの無能さは、帰還できたという事で忘れ去られ、昇進させられたようだが、もう二度と指揮官の地位に就けるべきではない。大尉ぐらいまで降格させるべきだ。

ジェインウェイとキムは独善的で頑固で気が強くて我がままな、アメリカ人の欠点を象徴していて不快だった。他のクルーはドクター以外は個性を発揮できず、ただ脚本に書いてあることを読んでいるとしか思えなかった。

DS9が独自性を出し、新たなスタートレックの可能性を示したのに対し、ヴォイジャーは最後までのらりくらり独自性も出せず、キャラクターも一部を除き最低。特にジェインウェイの身勝手さが不快だった。あのキャラクターはどういう意図を持って造られたのだろうか?

DS9と違い、独自性をまったく発揮せずに単調に終わった。ジェインウェイのキャラクターは見ていて不快だった。デルタ宇宙域の設定もひどい。この作品が欧米で人気がないのも納得。

TNGが、過去には戻れない、だからこそ今の価値があるんだという事を訴えていたのに対し、VOYは過去を変えたければ、他人のことなど考えず、自分の好きなようにできる。そんなあたりまえのような、大事な事を忘れているから、VOYは駄目なんだと思う。

TNGの最終回が全人類の運命を背負っていたのに対し、自分のクルーを生き返らせるためだけに時間を捻じ曲げるとは、いかにもジェインウェイらしい。自分はエゴ丸出しのくせして、他人に対しては偽善者ぶって責める、最後の最後までひどいキャラクターだった。こんな人物を英雄視して昇進させては絶対いけない。

時間規制は、ただの規則以上のもの、個人の人生を変えるためだけに無視してすむようなものではありません。それに人生やり直しがきかないのに、このように変えてしまうヴォイジャーに共感できない、二度と戻らないい一瞬の価値を見出すことが、STの大事なテーマだったはず。そんな大事なことを忘れてほしくない。

全体的に出来の悪いひどい作品だったが、最終回もある意味ボイジャーにふさわしいひどい出来だった。

ジェインウェイは、心が弱く気が強いのを、心の強さだと思い込み、頑固で我がままなのを、信念と思い込み、とても艦長の器ではない。キムがこうした欠点を見習ってしまったせいか、よく似ている部分があるが、まだ若い少尉なので望みはあるでしょう。ジェインンウェイは、これ以上誰かに、害を及ぼさないうちに退役すべきです。

ジェインウェイは、自分が正しい行いをしていると思い込むと、たとえその手段が間違ったものであっても、目的が正しいとそれにすら気ずかない。アメリカの悪い部分を見ているようだった。

時間規制がなんぼのもんじゃ。TNGの最終回だって微妙だと言われてるかたがいますが。ピカードの場合、何もしなければ、全人類が滅んでいるのです、しかも反時間という特殊なものだったので全然別問題です。ジェインウェイは、自分の身近にいる少数を救うためだけに時間をもてあそんだのです。このように、艦隊の指揮官達が、死んだ部下を生き返らせるために過去を変えたらどうなるのでしょう?カークだって「危険な過去への旅」で、自分を抑えて、あえて歴史を守ったのです。ジェインウェイは今回に限らず、自制心が無さすぎます。カークやピカードが必死で守りとおした歴史を、自分の都合のいいように変えないでほしい。世の中過去を変えたいと思っている人はたくさんいます。でもそれは不可能で、今ある現実を受け入れ、乗り越えなければならないのです。ジェインウェイは心が弱すぎます。

最悪、最後の最後までジェインウェイは自制心がなく傲慢で独裁的な最悪な人物だった。そのくせして台詞でやたら絶賛されているので不快だった。こんな個人の感情で歴史を変えるなんて、自己中もいいところ。こんな人物がなぜ艦長になれたのでしょう?とにかくひどいシリーズだった。

ジェインウェイを見て、スタートレックでも嫌いになれるんだと知った。

ヴォイジャーで無くしたものを、次のエンタープライズで取り戻してほしい。ヴォイジャーには失望した。このままではスタートレックも危うい。

ヴォイジャーはDS9と違い、冒険活劇路線で行きましたが、それこそ失敗の原因の一つでしょう。TNGやDS9は、自分達の理想が必ずしも他文明の理想ではないことを訴えていたのに対し、ヴォイジャーは、自分達と異質なゴテゴテの悪か、自分達と理想を同じくする善良な宇宙人という図式に逆行していて、非常に残念です。

シリーズ全体をとうして、ジェインウェイの自身過剰、二重基準、価値観の押し付け等、アメリカでいま問題視されていることがそのまま当てはまる。未来のジェインウェイが、自分の計画のためだけにクリンゴン人を利用し、評議員に推薦する描写も、親米というだけで、たとえ非民主的な政権でも支援してしまうアメリカのようだ。ジェインウェイは次の映画で提督として出てくるようですが、相当保守的な官僚になっていることでしょう。ドミニオン戦争後、共通の敵を失ったクリンゴン、ロミュラン、カーデシア等との共存を考えると、ジェインウェイの自文化至上主義は危険です。ピカード等の穏健派の指揮官の外交努力を踏みにじらないことを願います。

ジェインウェイの女性ならではの細やかさ、と言うかたが多いですが、どこが細やかなんでしょう?ただ神経質で情緒不安定なだけに思います。行動に関しては、がさつで思慮に欠けた決断が多々あります。ピカードのほうが、細やかで思慮深いと思います。ストーリーもひどかった、デルタ宇宙域もつまらない。何よりも艦長がひどすぎる。

初の女性艦長がメインのシリーズだったのに、ジェインウェイのように情緒不安定で、神経質で、独裁的でわがままで、無能な人物描写にはがっかり。もう一度、女性ならではの良さを出すような指揮官をメインに、シリーズを作ってほしい。

今のアメリカでは、ジェインウェイのような強引な人物が支持されるでしょうが、外国からは反感を買うと思います。ジェインウェイは、アメリカ共和党議員という感じがします。

スタートレックが現在低迷しているそうですが、最大の原因はヴォイジャーだと思います。数年間ヴォイジャーだけやっていましたが、それでは新しいファンは獲得できなかったでしょう。

ヴォイジャーはキャラクターに、ドクター以外まったく魅力がないと思っていました(特にジェインウェイ)。最近リック・バーマン氏もヴォイジャーのキャラの魅力のなさを認めていました。間接的にネメシスの成績にも響いていると思います。せめてジェイウェイのキャラをなんとかすれば、もう少し奮闘したのではないでしょうか?またDS9が、連邦の理念の維持の難しさや、理想主義を維持することの難しさを描いていたのに対し、ヴォイジャーは連邦の理念を守るかと思えば、平気で破り、反省もしない。これほど見ていて不快にさせられたスタートレックは初めてです。
投稿者ボーイ 日時2002/7/15 03:34
感動しました。そして終わっちゃったのが残念。
私の予想では「地球にはいつ帰れるかわからないが希望をもってすすんでいこう」って感じで終わるのかな?と思っていたので
(まさにキムの発言のように)地球に帰れてビックリしました。
最近、友達の赤ちゃん出産ラッシュなので、
赤ちゃんの話の展開もけっこう気になってたんですが
到着後、赤ちゃんの産声をブリッジ中に聞かせたドクターの行動は
「えっこんな時にいいの?」って感じはしましたが
イカす配慮だとも思いました。
トレスの妊娠から赤ちゃん出産までの話が、
メカニカルな話や単純な恋愛の話に負けずけっこう多くでてて、
妊娠ネタの扱われかたは
これまでのシリーズの中で一番よかったと思っています。
(その後の育児の大変さも見たかったけど)
最後の最後、声優のインタビューがあるとは知らず
録画が途中で終わってしまってました。
それが一番残念だー!
フジテレビの放送ではインタビューあるのだろうか?
投稿者hirokun 日時2002/7/16 13:21
帰還直後からのエピソードを、映画にして欲しいなぁ。
投稿者(・@D)臆!! 日時2002/7/17 03:23
関テレ終了しますた
投稿者(匿名) 日時2002/7/17 10:56
なんかヴォイジャーのクルーってファミリーって言われても、セリフだけって感じで、TNGなんてそんな事言わないのに伝わってくるのに。艦長にしてもやたらセリフで優秀って言ってるけど、こんな質の悪い艦長も珍しい、ライカーやデータのがずっといい艦長になれるはず。ピカードなんてセリフであまり言わないけど、いい艦長だと伝わってくる。
投稿者かぱすけ 日時2002/7/17 10:57
と中から観始めたのですが、やはり、感動でした!!!!
でも、ニーリックスを出して欲しかったなぁ・・・。
投稿者 日時2002/7/17 12:52
最終話を観て…地球へ帰ってからの歓迎レセプション観たかった。セブンのウエディングドレスも観たかった。トムとパリス提督のご対面も観たかった…あーまだ終わってほしくない。
投稿者パーク 日時2002/7/17 16:38
内容については賛否両論ですが、なんだかんだと7シーズン全て見てきた人たちにとっては(私も含め)やはり最終回、ということがすでに感動的で内容をカバーしてくれていると思います。私としては『二つのヴォイジャー』を見た時のような印象でした。ハッピーエンドだけど、何か悲しい、、という。
投稿者ベラナがお気に入り 日時2002/7/17 16:45
みなさんの書き込まれている通り、唐突に終わってしまった、
という感じがしました。
時間規則を破って最終回を無理やり終わらせてるように見えるのは
残念です。
できれば、TNGのようにエピローグが欲しかったですね。
余韻をもう少し楽しみたかったし、
時間規則を破った後の未来はどうなったか...。
プロローグとの違いを比べられるようにしても面白かったかも?
しかし、最後までチャコティとセブンのカップルには
なんだか慣れませんでした。
ま、ドクターとセブンのカップルだったとしてもきついものがありますが...(^^;;
投稿者まろ 日時2002/7/17 22:48
最悪ですね。コレではTNGのパクリみたいではありませんか。
第5シーズンくらいからの面白かった流れが一気に台無しです。なんか、第2・3シーズンの中だるみのカンジのまま終わってしまったような・・・。せめてエピローグをつけて欲しかった。
コレは私が見たST史上で一番ワクワクしなかったものだった。
非常に残念である。
投稿者(匿名) 日時2002/7/17 22:58
決してつまらないわけでは無く、盛り上がった最後だけど、未来の提督の出現は本当に必要だったのかな?ボーグのテクノロジーで帰還というテーマは良いと思うけど、正当な時間軸のクルーで解決して欲しかった。セブンと副長の関係も伏線はあったとは言え突然すぎる。重大事に副長はどこか緊張感無かったし。副長は周りの強烈なキャラに影が薄くなってたのでその埋め合わせかな。
投稿者8472 日時2002/7/18 01:11
はっきりいってVOYはおもしろかった。自分的にはTNGを超えるぐらいの勢いがあった。序盤は・・・いや中盤もよかったがとにかく終盤はなんだあれは。そしてここえ来て最終回もちっとその後をやってもよかったんでね〜かい?って言うか未来から戻しにくるんじゃいつでも終われるじゃん。
投稿者セブンオブイレブン 日時2002/7/18 16:24
関テレで見ていたので7/17が最終回 もう、キャスリーンの雄姿が見れなくなるは残念、ニーリックスが下船したのでデルタ宇宙域の旅の終了は近いとは思っていたのですが、こうも突然に終わるとは各クルーのその後が気になる中で、せめてキムにはかわいい彼女ができてから終わらせて欲しかった。(笑)
投稿者Bach 日時2002/7/19 06:09
セブンとチャコティには違和感。ジェンウェイ提督の汚い作戦に、さすがと拍手。でもタイムパラドックスが…。どっちに転んでもこの「時間」のヴォイジャーには提督はやってこられないハズ。パラレルユニヴァースってこと?
全体として、とにかく消化したって感じ。もっとみのもんたのようにひっぱって、ぢぁない、DS9のように、じっくりとやって欲しかった。第7シーズンは、最終回に向けてどたどたって感じ。
投稿者ムラカミ 日時2002/7/19 22:44
レッドバロンさんに同意。
あと、キャラが育たなかったのが最大の敗因。
艦長は規律規律で人間味がなく、反骨の副長は中間管理職になったし、バルカン人の解釈も遊びがなかったし、最後までドクターとニーリクスはういてたし、もっとトムとハリーがやんちゃしてくれたらよかったのですが、結局みんな文化系理科系優等生。またウォーフでてこ入れするか?!。
一作一作のクオリティーは他シリーズに比べ格段良かったので残念でなりません。続編希望。
投稿者dreamtheater 日時2002/7/19 23:21
こんなもんでしょ 期待しすぎた自分が居た事に気付きました。
私のとこでは次からはDS9が再開される(;_;)ウルウル
投稿者(匿名) 日時2002/7/21 20:14
とにかく最低。こんなものを見る為に170話以上つきあわされたのかという感じでした。時間を戻すなんて裏技を使うんならQに頼んで地球に戻してもらったって同じ。 セブンとチャコティの恋愛についてもいかにも取ってつけたような感じで感動も何もないし。 これだったら『700年後の目撃者』が最終回で良かった。
投稿者おぼ 日時2002/8/5 15:36
いつだったかタイムパトロールの人が館長の暗殺を図ったことがあったが、この件が大きな原因かも・・・
今回のことで歴史は大きく変わってしまったはず
もうボーグは出てこないのかな・・
生命体8472の話は三本だけ???
ぜったい不十分でございます
でも最終回、これはこれで良かったと思います。
ニ話前にニーリックスが艦をを降りた(けっこう急でショックだった)が、次回のレギュラーがどんなやつかと期待してしまった自分がむなしい。
また会いたいです
ジェインウェイ館長!!
投稿者8472 日時2002/8/10 05:11
掴み、出だしは良い。しかし、後半、話のつじつま合わせになった。良くも、悪くもVOYらしい。
ボーグとの対決は、ご都合主義丸出しだと思う。
投稿者ベシア 日時2002/8/16 01:23
正直かなり楽しみにしていたけれど、あまりの出来の悪さに驚いてしまった。何故あんなにボーグは弱くなってしまったんだろう。たった数十年未来の技術にやられるほど弱かったのか?ジェンウェイ艦長はあれほどかたくなに連邦の誓いを言い立てていたのにあんな簡単に破ってしまうのにはかなり驚いた。TNGからのファンとしては、VOYの最終話を作り直してほしいですね。
投稿者スタトレ・ボイジャー 日時2002/8/19 23:49
最終話を見終えてかなりの時間が過ぎてしまいましたが投稿します。これまでのエピソードの中にはとても感動したものもありましたが、この最終話は少しあっけなかった気がします。続編を作ってほしいものです。
投稿者yoshi 日時2002/8/20 23:33
最後がどうも・・・続編がほしいものです
どうしてもあの後どうなるのかが気になります
投稿者naoturn 日時2002/8/28 03:42
普段のエピソードみたいな感じだった・・・
投稿者シンマ 日時2002/8/28 22:43
エピローグがない・・これが一番イタイ。
でも、それでも楽しかった。
TNGとはちがってバックボーンに「地球への帰還」があってそれが良くも悪くもVOYの魅力だった気がする。セブン、ドクターを使いすぎるトコやタイムパラドックスを多用したりするとこは若干閉口したけれど、危険が待ち受ける大海原を小船で進むイメージがとても好きだった。最終回、多分製作側は色々なプロットを考えたのだろうけど、これをチョイスしたことは十分に納得できる気がする。
投稿者かるがも 日時2002/8/29 00:42
ははは、私は満足しましたけどね。 クイーンとのオトシマエもつけたし、2人の艦長やクイーンの崩壊シーンは見応えがあったし。その後の話がないのはスタートレックの流儀では?
クルーたちが脇役だぁという意見がありましたが、TNGでもそうでしたよね。最終話は「艦長」が主役ということで。

みなさんの感想を見て逆に思ったのですが、VOYでは「時間規則がなんぼのもんじゃ!」という隠れたテーマがあったのではないでしょうか?例えば、自分の恋人が殺されたとして「時間規則があるから」と何もしないのが本当に正しいこと(もしくは人間的なこと)なのでしょうか。考えてみれば、TNGの最終話だって時間規則に反しないかどうか微妙ではないですか?

ああ、でも、続編がみたい〜〜〜〜
投稿者(匿名) 日時2002/8/31 14:58
提督の進んだ時間軸でしか存在しない
人もたくさんいるだろうに、セブンや
トゥボックのような身近なクルーの運命
を聞いて信念を曲げる艦長もこれで良いのかと
思う。あれほど、艦隊の誓いに固執してたのに
どういうこと。唐突に最終回を迎えすぎ。帰還が
VOYのメインテーマなんだから、もっと前から準備
しとくべきだったのでは?
投稿者背番号26 日時2002/9/1 21:28
時間規則の事を考えたら無謀なエピソードだとはわかっていますが、文句無しの最終回でした。小説の世界ではボーグテクノロジーで未だにカークが生きていて、ピカード・スポック・ジェインウェイン達と一緒に戦っていますので、何でもありです。ただ16年早く帰還してしまった後のそれぞれのドラマがどう変わっていくのか、是非小説でも良いから詳しく知りたいと思います。とにかくスタトレでこんなに毎回楽しみなシリーズはありませんでした。まだDS9・TNGも見ていないエピソードがたくさんありますのでこれから見ていく予定なのですが、ヴォイジャーをもう一度第一話から見直します(120分テープで25本あるので又2年以上かかるかも)ネメシスにジェインウェイン提督が登場するらしいのでそれも楽しみですが、パリスやチャコティも出してほしいですよね。しかしチャコティとセブンが結ばれるとは・・・ふられたドクター(ジョー!!!)も綺麗な伴侶が見つかって良かったですが、何か終盤で強引にくっつけたような感は否めません。
ボーグには対抗できるようになった連邦ですが、生命体8472はその後襲ってこなかったのでしょうか。地球の未来が心配です。
とにもかくにも、これで終わりです。自宅に帰ったクルー達は今頃何しているでしょうか・・・
投稿者ist 日時2002/9/5 15:42
とうとう私の地区でもVOYが終わってしまい寂しさでいっぱいです。ラストにしては正直「なんだかな〜。」って感じです。TNGのラストのようなインパクトはなくて「もうアルファ宇宙域?あっけね〜!」と物足りなさが残ってしまいました。謎が多すぎ!!
投稿者艦長大好き 日時2002/9/8 22:02
Voyagerが終わってかなりになりますが、初めての投稿です。
私もラストにはかなりの不満が残ってしまいました。 むりやり一度に仕事をかたずけたという感じです。 ジェインウェイ提督を出さずとも自分たちだけで帰る道を見つけた方がよかった。そして、出来た、と思います。
私はオリジナルの「宇宙大作戦」からずっと見ている1ファンですが、なんと言ってもヴォイジャーが一番です。特にジェインウェイ艦長の・・・・。どなたかが独善的、とか無能とかおっしゃってましたが、アルファ宇宙域から遥か地球をめざして、孤独な旅を続けなければならないヴォイジャーのクルーを率いてほんとによく頑張っていると思います。優秀なんて自分で言ってないよ。きっと男の艦長では無理です。
でもENDGAMEはちょっと不満でした。チャコティとセブンのこともいやでしたが、製作側に問題があった。時代考証がしっちゃかめっちゃかで、年齢もでたらめ、いいかげんにしてほしかったです。話を創るひとの思い入れがヴォイジャーに対してはなかったのかも。せっかく、俳優さんたちががんばっても、あまりにもかわいそう。
次のスタートレックの映画にジェインウェイ提督が出てくるとありましたが、それだって時代的には変! 何考えてるんだか。
投稿者823 日時2002/9/10 02:04
とうとう終わってしまいましたね。 見逃してしまった回も結構あるのでこれから見直していきたいと思います。(ちなみにジェィンウェイ提督はあの後どうなってしまったんでしょう?)
ボイジャーはいままで観た中でも最高のシーズンだったと自分は思います。それもやはり、ジェィンウェイ艦長の女性ならではの細やかさがあってのことだと思います。 ボイジャーのクルーは今後のシーズンには出てこないのかな? 出てこれるといいですね。
投稿者U.S.S Nakaitabashi 日時2002/9/13 14:43
あっけなかったなぁ・・・と言うのが、第一の感想です。ああいう方法もありだけどね。けど、前後編だけでは物足りないし、納得行かない。DS9では、よく3〜4話連続(最終章では9連続)で構成されたテーマが使用されていただけに、何故VOYには使われなかったのかが残念でならない。VOYらしいと言えば、らしいけど軽率な感じが否めませんでした。続編、映画にてその後の動向を知りたいと強く願います。
投稿者 日時2002/9/16 22:12
最終回の少し前からα宇宙域帰還への前準備の話があっても良かったのでは?
投稿者はと 日時2002/12/16 15:26
第6シーズンから通してビデオを一通り見直したところです。
艦長やっぱり 素敵です あこがれの女性ですね
どんな無茶を言っても みんなが信じてついてくる
そんなカリスマ性と行動力を持った女性 いいです

結末が分かっていて じっくり見ていくと
「いきなりかよ!?」という感じだったα宇宙域への帰還も
最終シーズンに入ってからは
定期的に連絡ができるようになったりして
すごーく遠いところではなくなっていたし
セブンが人間性を取り戻すためには
恋をすること(激しい感情を感じる)ことが必要だという
前振りも 時にちらりと、時に前面にだしてアピールされていて
その相手は 彼女の周りには チャコティしかないな

などと はじめてみたときに感じた いろいろな唐突さ・不自然さは
かなり 解消されました

とにかく 結構ドラマティックな最終回で 満足です
でも やっぱり みんなが思われているように
もう少し 帰還後の話を見たかった
投稿者ガル・ズゾック 日時2003/3/19 11:48
VOYを一通り見直してみて思ったのですが、あの艦長は言っている事とやっている事にかなりギャップがありますね。まあ「29世紀からの警告」で歴史変えてますけどね(今の時間軸に戻したという意味で)。
女性艦長だから良かった面も多々ありましたが、しかし最後は悪い面が出ましたね。誰かの書き込みで「自分の伴侶が殺されれば過去に戻って止めるのが当たり前」見たいな事言ってましたが、誰か過去に戻ってヒトラーを殺しに行きますか?(ユダヤ人視点){ちなみにジェインウェイはしそうだけど}歴史メッチャ変わるよ。
自分の失敗を過去に戻ってやり直したい気持ちはわかりますが、その失敗がなければ学べ無い事もあるのです。それが歴史の勉強をする意味です。それらから目を背けるのは弱い人間のすることです。今回のジェインウェイ提督のように。過去にすがり付いて生きている者は愚か者ですが、過去から学ばず周りを見ない者は馬鹿者と言うんですよ、提督。
投稿者ふぁんとれ 日時2003/3/24 21:00
よっしゃあ! というラストでした♪

でも、タイムスケールであと数日分の後日談も見てみたかった気もします。 が、もしかすると、それはあえて制作者のお仕着せを避けて視聴者の想像にまかせてくれた・・・ってことかもしれませんね(^_^)

VOYの放送開始を知りったとき、正直な話、TNGよりもおもしろいシリーズにはなるまい・・・と思ってました。なぜならばもうネタは出尽くしただろうと思ったからですが、結果は良い方へ裏切られました。 もちろん、駄作エピソードもありましたし(ケス再来の話とか(笑))、なんとなく夜眠れなくなるほど悩ませられるエピソードもありましたけども、総合的には名作といって何ら差し支えないでしょう。

多くの人が「DS9」こそがトレックでは最高傑作だとおっしゃいますが、なかなかどうしてVOYも負けてません、と思います(^_^)

アメリカの友人の話では、少なくとも当分の間はVOY以後の未来のエピソードやシリーズは作られないらしいですが、ぜひテレフィーチャーでも映画でも良いですからTNGのように何らかの形で見てみたいです。

とにかく、VOYに長寿と繁栄あれ! ベルトで一挙放送してくれたスーパーチャンネルに感謝!
投稿者GRA 日時2003/3/25 01:00
おいおいおいおいおいおいおいちょっと待ってよ
ふざけてるのかスーパーチャンネル!!!!

今までずーっと、欠かさず火−土 1時〜予約録画してきたのに
171話だけなんで11時55分からなんだよ!!
最後だから気合い入れて見ようとチャンネル変えたらもう終わりかけだし

わざとか?裏で笑ってるのか?戦略か?
くそぉぉぉぉぉ〜!!!!!!!!
投稿者(匿名) 日時2003/3/25 02:08
爆発するボーグキューブからボイジャーが飛び出してくるとこがカッコ良くてゾクゾクした。ボーグクィーンの崩壊シーンも渋かった。
ジェインウェイの意思の強さアクの強さが大好きです。
提督が昔の自分(若さ)を取り戻すあたりでふと「カーンの逆襲」のラストシーンを思い出しました。
クルーが地球に降り立つシーンは見たかったなあ。
投稿者GRA 日時2003/3/25 02:24
これで30年は平和が続きますね

そしてジェインウエイ提督が、ボーグクイーンになって
ボーグが再び活動を始めるわけだ

ボイジャーが女艦長にした理由がやっと解ったよ
投稿者QNX 日時2003/3/26 21:03
ジェインウェイ提督によりウィルスに感染し倒れたボーグクイーンであったが、実はジェインウェイが新たなボーグクイーンになったという設定のように見えた。毒気が増したすごいボーグになりそうでしょう。
投稿者ゆち 日時2003/4/12 02:52
北海道、終わりました。
来週からDS9が再開されるのですが、寂しいですねぇ・・・。
投稿者Claude 日時2003/4/12 06:52
まさかあっさり帰還できるとはおもっていなかったです。
未来から戻ってくるのはインチキくさいけれども
とにかく帰れてよかったです。
投稿者かつ 日時2003/4/13 12:14
北海道UHBでずっと楽しみに見てきたVoyagerが終わってしまいました。とても寂しいです。私はTVシリーズをずっと見たのはVoyagerが最初でした。冒頭の音楽とCGがとても印象的で、特に星雲をかき分けて進む船体やワープする時の表現がとてもリアルです。映像だけでなくスタートレックのすごいところは何と言っても科学考証の緻密さです。こんなに多くの物理学、生物学、化学などの専門用語が出てくる映画・ドラマは他にはありません。最先端の物理学がむしろスタートレックに追いついて来たという感さえあります。例えば最近話題の量子ワープドライブです。ある理論物理学者が考えたワープドライブは亜空間フィールドを利用するというスタートレックの技術に酷似しているのです!まだまだ理論的に可能であるというだけですが、SFの世界の話ではありません。Voyagerを見ていて、こんな技術があったらすごいだろうなあと思っていたものが、いとも簡単に実現し、スタートレックの技術さえも原始的に見えるような時代になる可能性もあります。それも意外に早く。宇宙は最後のフロンティアである、という名言が大好きです。先日のスペースシャトルの悲惨な事故がありましたが、最後のフロンティア目指して命をかけて頑張っている関係者の皆さまに心からエールを送りたいと思います。
投稿者ゆーいち 日時2003/4/13 17:40
皆さんの言う通り「何だかなあー」と言うラストでした。ジェインウェイの人間性については「こういう人に何をいっても無駄だから・・」というあきらめでやり過ごしましたが、せめてエピローグぐらいつけないとイタすぎるでしょう。ま、私の地区ではこれでやっとDS9が戻ってくるので、それが楽しみです。
投稿者Atad 日時2003/10/17 04:01
評価点数を迷いましたが、まあこれくらいで・・

まだTNGシリーズしか全部見てないですが、最終話に未来の
クルーが出てくるってのはDS9でもそうなのかな。
なんとなく最初の方を見ているとTNGの最終回を連想しました。

ヴォイジャーがデルタ宇宙域に来て以来ジェインウェイの独断
行動で色々問題ある行動はありましたが、今回の件をどう報告
するんでしょうねえ。。
連邦側もヴォイジャーには同情的ならざるを得ないだろうから
時間規則だのなんだのには深く触れずに逆に勲章とか与える
かもしれませんね。
個人的には必要ないと思っているボーグクイーンが出てきた
ので評価はこれくらいでした。
もっと違う結末を見たかったです。

ところでTNG劇場版との整合性はどうなってるのかな。
TNGの劇場版は設定的に矛盾ありまくりですが、ボーグに
関してはシリーズを通して結構矛盾があるように思えます。

シリーズ全体の評価もTNGより悪いし、最終回も不満のある
内容でしたがこの言葉だけは送っておきます。
地球帰還おめでとう
投稿者たのしみ〜 日時2003/11/20 22:53
まだまだ最終回は遠いのですが、
早く見てみたい・・・・
でも終わるのもやだし・・・(苦笑)
けっこう評判悪い?
ストーリーを読んで思いましたが、
無理やり終わらせてるみたいですね。
みなさんが怒るのもちょっと分かる。
でも言い過ぎの人いませんか?
ここまで書かれるとちょっと「むかって」きますね。
完璧キャラの悪口のがいくつかあって、
スタトレファンとしては、何だか悲しいです(TOT)
投稿者コロボックル 日時2003/12/18 20:25
スタートレックシリーズの中でも、一番おもしろい作品が終わってしまって、とても悲しい気持ちです。
時間規則を無視したエンディングではありましたが、クルーを守りたいと言うジェインウェインの気持ち=女性(母?)
の気持ちが痛いほど伝わってくる作品でした。性差でストーリーや判断は変わってくる。今まで男性艦長の判断で
進んできたスタートレックシリーズでしたが、女性艦長を主役にした事により、幅が広がったという気がします。
投稿者(匿名) 日時2003/12/28 05:01
面白いシリーズでしたが、最後がちょっと…どうせ時間規則を
破るなら、もっと違ったタイミングでテクノロジーもばんばん
使ってやればよかったのに。

ボーグが弱くなった、と言う意見がありますが、相手のテクノロジーの
性質が解ってこれば対応もそれなりに可能でしょう。変な例ですが
格闘技で無敵の選手でも研究されると苦戦しますしね。

しかし全宇宙息で最も技術が進んでいるのがデルタ宇宙域だという事が
はっきりして、なんか複雑な感じ…(ボーグ、ヴォス、アートゥリスの星の人とか)
投稿者(匿名) 日時2004/3/10 02:14
ジェインウェイのクルーに対する愛情はわかってた。どれだけトゥボックが大事な人かも。
でも、肝心のセブンとチャコティのカップルが、唐突だし、セブンのデートの計画みてると、いかに彼女が「女として」幼いかがわかかり、チャコティがただのロリコンというか、若い女の子にもててやにさがってる中年に思えて仕方なかった。しかも公私混同してるし。
帰還の準備でおおわらわのときに、この二人はいったいなにやってるんだ?
ジェインウェイが未来の自分と向かい合い、時間規則とクルーの命との間で苦悩して、トゥボックが自分の病気を隠して仕事を全うしようとして、ドクターがトゥボックの病気を必死に研究してたのに、なんか浮いてしかたがなかった。
あえて批判を覚悟でいいますが、このバカップルの未来のために、提督がかえってきたのが情けない。
みなさんこの二人には違和感があるとおっしゃってますが、そのへんが提督の行動にいまいち賛同や感情移入ができない原因かなとおもいます。ジェインウェイにとっては、親友と養女分のカップルということで、必然だと脚本家は思ったのでしょうが、視聴者を納得させることをなおざりにしましたね。
投稿者少佐 日時2004/3/14 21:35
TNGでは過去は変えられないから今の価値があるといっているけど、VOYはクールーを生き返らすために過去を変えてしまったけれどもし、自分がジェンウェイだったら同じ事をしていたかもしれないと思います。この二つを合せて考え過去と未来を大切にしないといけないといっているのかもしれないと思います。
投稿者voy 日時2004/4/18 16:24
この感想を読んでいて、人間の感覚は、十人十色だというのがよくわかりますね、辛口の皆さんも、スタートレック全体で、比べると、ヴォイジャーがいまいちなのか、完璧を望むあまり辛口になっているのか?、いろいろな思いがあるのでしょう。
私の個人的な意見としましては、全スタートレックシリーズに限らず、過去49年間見てきた、ドラマ、映画などと比べても、ヴォイジャーが最高です。ちょっとオーバーですか? 嫌々そのくらい良いですね。
この最終回も大変満足ですし、全体として話題の豊富さ、食い違った意見の言い争いっぷり、お笑いエピソード、ドラマ演出のドキドキ感、その他書けばきりがありません。
艦長の性格も作者がわかっいて描いてるのであり、最悪か最高か判断は人それぞれですが、そう思わせる作者がうまいと思います
投稿者てーとく 日時2004/6/21 18:09
どっか?という印象は否めませんでしたが、このシリーズを他のシリーズと比較して「ここは・・・」ということをすればそれはいくらでも出くるわけですからあまりここではいいません。

艦長が帰還してからも、自分がつれて帰れなかったクルーについて考えていて…というのは感動的であると思います。そしてたとえそれが禁断の行為でも、あえて時間を超える大胆さ…「時間はかけがえの無いもの」といったことが語られたTNGからすれば愚かなことなのかもしれませんが、やはりそこは『ヴォイジャー』だから…と思うと、納得とまではいかなくても理解はできます。
ナンバー1とはいきませんが、非常に印象深いエピソードでした。
投稿者メモリー 日時2004/6/28 22:05
まぁ、あっさり終わっちゃったけど、帰れてよかったね。
クィーン様、ちょうどいい感じの悪役だなぁ。女は怖いよぉ。
投稿者24 century 日時2004/7/12 22:46
本当に長く苦しい旅だったと思います。突然の帰還で、何だか少し寂しい気もしますが、後味がスッキリしていて見ている私が心からほっとしました。皆と抱き合って喜ぶクルーの姿やそれぞれのこれからのさらなる成長が鮮明に想像できました。あっさり終わった、と感じるかも知れませんが、私が思うに、長く続いた辛い出来事は意外とあっさり幕を閉じてしまうものなのです。voyagerの結末はそれを教えてくれているように感じました。だから、今直面している事にも耐えろ、と。そうすれば、いつか必ず突然素晴らしい道が開ける、と。
ジェインウェイ艦長は若干自分勝手なところもあるかも知れませんが、生身の人間性が感じ取れて、私は好きです。
TOSを彷佛させているようで、楽しかったです。いろいろな事をたくさん学べました。
投稿者みら 日時2004/8/3 20:06
ロミュランさんや、その他多くの方の意見と同様
「スタートレックの最終回がこれでいいの?」という感想でした。
最後の話こそ「ああやっと地球に帰還」といった感動が欲しかった。
そういう意味では「遥か彼方からの声」で地球と交信が繋がった時のほうが
よほど感動がありました。
話も急ぎすぎ詰め込みすぎで、セブンとチョコティの関係は、
何処から持ってきたのかわからなかったし
宇宙艦隊の版図に近づいている過程は、艦隊と繋がった回線だけで
17年分の距離は、歴史を変えることで終わらせ、いきなり地球に帰還とはあんまりです。
どうでもいいエピソードをカットして、
その分、数話にまたがって最終回を作っても良かったのでは。

ストーリー的にも、7年の集大成がこれ…??と思う出来でした。
歴史は気にいらなければ変えてしまえと、個人が自分の都合だけで
変えても良いものでしょうか?
変えた当人は思い通りになって良いでしょうけれど
人生を別のものに変えられてしまう多くの人たちの立場は?

人は二度と帰らない時間を生きているからこそ
その時そのときの一瞬の判断に迷い悩み、与えられたチャンスをつかもうと努力し、
限られた時間を大切に思い、生きて行くのだと思います。
命と人々の暮らしの重みはロッテンベリーの生み出したスタートレックの
大きなテーマだったはずです。
VOYはこのテーマを口にしながらやってることは逆のことで、
間違えれば歴史を変える、時間軸を変えるとずっと蔑ろにしてましたが、
最後だけでもスタートレックらしい感動が欲しかった。

過去の失敗があるから、その教訓を生かし次は失敗しないように努力する。
24世紀の未来を人類は、筆舌に尽くしがたい犠牲の上に
人類の発展を願う多くの人たちの血のにじむような努力を積み重ね、手に入れた世界です。
歴史も人生も選択を間違えたらゲームのようにリセットしてしまえば
やり直しが利くものではない。
その世界で提督と呼ばれる人が、自分の欲望を満たすために勝手なことをするエピソードに
共感しろと言われても出来るものではありません。

VOYはSF的な発想のエピソードは良く練られてたし、美術やCG技術も素晴らしかったけど
スタートレックでもっとも大事にしてきた「人間ドラマ」という面を
置き去りにしたシリーズの印象でした。
(TNGではヒューゴー賞などストーリー面を評価された
ノミネートや受賞はいくつもありましたが、
VOYはストーリー面での評価は内外からも低迷し、STファンとして残念です)
VOY、ENTの視聴率、映画のネメシスやなど、さまざまな評価の厳しさも
これの延長上にあると思えば納得といわずにはおられません。
長文長くなりましたが、気に触る方がいらっしゃったらごめんなさい。
キツイ感想になってる部分があると思いますが、
スタートレックが何よりも大好きで愛するからこそです。
最後に「地球に帰還おめでとう。帰れなかった人の分まで皆幸せになって欲しい」
投稿者dharma 日時2004/8/21 02:03
う〜ん、辛口の感想の方が多いようですね。
私にとっては、TNGと何ら遜色のない素晴らしいシリーズでしたが…。

最終回の話も、とても面白かったし、感動しました。
これでもTOS以来のコアなファンのつもりです。
投稿者Lep 日時2004/8/22 20:32
いろんな意見があるようですが、私にとってVOYはこれまでのシリーズの中でも
(進行中のENTも含めて)最高に楽しめたシリーズでした。
デルタ宇宙域が舞台だったので、他のシリーズとはあまりリンクしていなかった
かもしれませんが、ひとつひとつの作品の出来は素晴らしいと感じます。
欠点ばかり探しながら見ても
楽しくないですよ。
投稿者さりい 日時2004/9/1 19:24
これって、本当に個人の好みですね。
実際、TOSを除いて、最初から何度も全シリーズ拝見させていただいておりますが、はっきりいってVOYが一番面白い。
一般に評価の高いTNGも、私には艦長の冷静さが物足らなく感じてしまうのです。
単調で、自分の気持ちが盛り上がらないというか。
ジェイウェイ艦長の人間ぽさは、見ていてイライラすることもあるけれど、とても感情移入しやすかった。
これって私が女性だからでしょうか。
逆に、男性から見ると、許せない信じられない部分が多いのでしょうか。
とにかく、私にとって、このシリーズもこの終わり方も最高でした。大好きです。
投稿者リント 日時2004/9/9 11:03
へ?終わり?…という感じでした
別に内容が悪いわけではないですが、なんかあっさりしすぎで…
エピローグがちょっとでもあれば良かったのに

結局セブンとチャコティはくっついたのでしょうか
エピソード途中で Episode Promenade(ココ)もよく見てましたが
「最後にセブンとチャコティが結婚するなんてねー」とネタばれ感想
書いてた人がいたので、それが事実になるかどうかも気がかりでした。
ああいう後のエピのネタばれ感想は載せないほうがいいですよ。
少なくとも私は不愉快でした
投稿者KEN 日時2004/9/9 14:34
たしかに辛口発言が多いが、私的には十分楽しめました!
去年の夏スカパーに入ってTNGを見ていたので(第4シーズンからですが)ストーリーとしてはVOYもTNGといい勝負をしているように思います。
ただ、ピカード艦長があまりにも良かったので、(理想の上司像ですね)その分安心して見れました。
後のキャラクターでは、まずセブンとドクター。
この二人はある意味TNGのデータのキャラを2分したように思いましたが(トゥポックを入れて3分したと考えてもいい)、それぞれの持ち味が出てて彼らが主人公になった回はいつも良くできているというか面白かったです!
次にチャコティ副長
個人的に彼のほうがボイジャーの艦長にふさわしいのでは?
と何回か思いました。
従って歴代副長の中では一番好感を持っています。
ただ、誰かも書いていましたが、ラスト2回のセブンとの関係はあまりにも唐突で(TNGのウォーフとディアナ以上に唐突)セブンには多少なりとも前振りはあったが、チャコティにはまったくなかった・・・そこがストーリー的に少し不満です。
それからハリーキム、彼はTNGのラフォージ少佐と同じで友達にするには最高でしょう!
(技術力があり、かつ誠実で、しかも惚れた女性には必ず振られる・・・)
ほほえましいというか、でも最後には彼女を作ってほしかった。
最後にトムとベラナお幸せに(ニーリックスも!)
来週からDS9がスーパーチャンネルで始まります。
楽しみです。
投稿者かなぶん 日時2004/9/15 22:29
賛否両論のようですね。確かに唐突に話が進む部分はおかしいようにも思えますし、納得がいかない部分もあります。皆さんが指摘の部分もありますが、セブンの死の原因が普通の事故なのが、艦長の責任が大きかったとかがあれば、あの行動にもっと説得力があるのにと思ったり、でも他のエピソードと一緒であくまでVOYであって、TNGやDS9ではないので、忙しい展開はVOYらしいと思います。まあ、未来が出てくるのは最終回のサービスといった感じでしょう。逆に帰還しないで終わったら、不満の人も多いでしょうし、、 それより書き込みで、エピソードごとの批判は良しとしても、全部見てるのか、見てないのか、VOY全体のレベルが低いという意見や他のシリーズと比べて、ひどい駄作と言っている人は不快ですね、、 僕はTOSから見ていて、どのシリーズも好きだし、まあ、いまいちと思ったエピソードがあったりもしますが、全部、傑作しかないというのも逆に変でしょう。 色々、あってこそ、楽しいのに、どれも良い終わりかただと、ワンパターンになってしまうと思います。あと同じネタが多いのも、長いんだから仕方がないのでは? 刑事物なんか現実的で変化がつけられないのでもっと多いですよ わざとシリーズごとに特色を出しているのに、他のシリーズと不公平な比較もありますね、また楽しいと思ってみている人もいるので、シリーズ全体でひどい事を言う人は、つまらないなら見るなといいたいですね。というか、つまらないのによく見ていますね。できたら、楽しく見ましょうよ。
投稿者レイン 日時2004/9/17 00:32
この御都合主義満載エピソードが、7年間にも渡る長大なシリーズのラストなのか。
「やれやれ。終っちゃったよ。何だかねえ…。」
こんな倦怠感が、今の自分の気分である。
DS9を見終わった時は、名残惜しさが一週間ぐらい消えなかった。今でもDS9のラストを思い出すだけで胸が熱くなる。
しかし、VOYの場合はその正反対である。スタートレックの1シリーズに対して、自分がこれだけ冷めた感想を持つようになるとは、VOYを見始めた頃は思いもよらなかったことである。

ジェインウェイが積極的に歴史を書き変えようとしたことについて、既に大勢の方が批判の書き込みをされているが、私も同意見である。ジェインウェイに反発を感じた時点で、自分がもうこのエピソードに馴染めないことははっきりしていた。どうせ過去を変えてしまうのであれば、第1話の時間に戻って、ヴォイジャーがデルタ宇宙域に飛ばされたこと自体無しにしてしまえば良かったのにと思ったのは、私だけだろうか。
歴史変更の話とは別に気になったのが、”Endgame”というタイトルについてである。ブラノン・ブラガをはじめとするこのエピソードを書いた脚本家たちは、コンピュータ・ゲームのシナリオを書くような気持ちで、この話を作ったのではないだろうか。
私はこんな風に考えてみた。VOY最終エピソードはヴォイジャー・クルーvsボーグの対戦型ゲームである、と。新型の装甲や新型の光子魚雷は、自チームのパワーをアップするためのアイテムである。ジェインウェイ提督も、戦力アップのためのアイテムの一つである。ゲームのゴールは、ボーグ・クイーンを倒して地球に帰ること。ゲームなんだから、不自然さも御都合主義も目をつぶって下さい、である。ジェインウェイの行動の動機は、御都合主義の付属物なので、気にする方が間違い。ゲームのキャラが死んだら、その時は時間を戻して最初からスタートする。キャラは何度死んでもOKである。
シリーズを振り返ってみると、ブラガが関わった脚本でジェインウェイが死ぬのは、確か四度目である。「二つのヴォイジャー」で一度ジェインウェイは自爆死し、「時空侵略戦争」でまた自爆死し、「過去を救いに来た男」で墜落死し、「過去を救いに来た男」の焼き直しである最終話で、またまた爆死する。何でブラガは登場人物を死なすのが好きなんだろう? この調子だと、ENTのアーチャー船長もこの先何度か死ぬことになりそうだ。こういう反則すれすれの技ばかり使っていると、生きた人間のドラマが書けなくなりそうな気がするんだけれど。

最終話の感想はこれくらいにして、シリーズ全体の感想を書きたい。
VOYシリーズが生んだ最大の成果は何だろうか。人によって見方は色々あるだろうけれど、私はVOYの生んだ最大の成果は、セブン・オブ・ナインという空前絶後のキャラクターを作り上げたことにあると思う。セブンの成長物語を通して、人間とは何か、人間性とは何なのかというテーマを、根源的な所から視聴者に問いかけた。第4シーズンから第7シーズンの前半にかけて、VOYはセブンで持っているんじゃないかと思わせるくらい、セブンを主人公にしたエピソードには傑作、力作が揃っていた。第7シーズン後半、セブンの成長物語が尻すぼみになってしまったことが、残念で仕方がない。
シリーズのトーンを決める存在、ジェインウェイは、良い意味でも悪い意味でも強烈なインパクトのあるキャラクターだった。リーダーに相応しい人間、人を引きつける魅力のある人間として描かれたエピソードが山のようにあったにもかかわらず、嫌悪感を感じさせる人物として描かれたエピソードの印象の方が強く残ってしまった。例えば、私はジェインウェイがケスを見る時の、母親が愛娘を慈しむような視線が好きだった一方で、最終話でジェインウェイがトレス&パリス夫妻の愛娘を自分のエゴのために利用したことに強い怒りを感じた。せっかくの良いイメージが、悪いイメージで帳消しになってしまうのである。悪貨は良貨を駆逐する、である。私は第4シーズン以降のジェインウェイを、女性として考えないようにした。「裏切られたメッセージ」や「異空生命体を呼ぶ者達」を見て、女性リーダーだからあんな言動を取るのだと言ってしまうと、女性差別になりかねない。実際、問題のある人物としてジェインウェイを描いたのは、女ではなく男の脚本家だったのである。
ジェインウェイとは反対に、影が薄くなることはあっても、最初から最後まで好感度が変わらなかったのがチャコティである。私はチャコティが艦長だったらVOYはどんな風になっていただろうかと、よく想像してみた。そうなったらチャコティも、やっぱりジェインウェイみたいに暴走していたのだろうか。チャコティのアメリカン・ネイティヴを祖先に持つという設定は、VOYに他のシリーズには無い独自の精神性を吹き込むかと期待したけれど、これはセブンの物語同様、尻すぼみだった。チャコティが惑星の住民との交流の輪の中で、ピーヒョロというチャコティのテーマ(?)を、自ら笛を手にして演奏する、なんてシーンを夢見ていたけれど、これは儚い夢に終ってしまった。
何だかキャラクターのことばかり書いてしまったけれど、それはVOYがシリーズとして評価しづらいせいでもある。TNGやDS9のように全体を貫く世界観があった訳ではないし、シリーズとして見ようとすると、御都合主義だとか、行き当たりばったりだとか、矛盾だらけだとか、否定的なことばかり書きたくなってしまう。
結論: VOYはシリーズ全体ではなく、エピソード単位で評価したい。良質なエピソード、感動的なエピソード、見る価値のあるエピソードが一杯ある。しかしその一方で、登場人物の命をゴミ扱いする、胸のむかつくエピソードも一杯ある。

最後に、アテバンさんにお礼を申し上げます。私の数々の暴言・毒舌を、全て掲載してくださったことに感謝いたします。このサイトは、日本のスタートレック・ファン・サイトの中で、質、量共にNo.1だと思います。気が付けば私は、長ったらしい文章をいくつも投稿して、サイトの量を増やすのに僅かながら貢献してしまったようです。もっと早く気付けって? どうもすみません(冷汗)。 May your site live long and prosper!
投稿者副長 日時2004/9/21 01:24
提督は、自分の時代で出来うる最新の技術で最大の時空間移動を行った。
時間秩序、倫理、最後は自分自身すら犠牲にしてまでも
何よりも我々クルーの利益を優先したのだ。
その手段や行動には賛否が分かれるのは当然だ。
だが自分も部下に対してそうありたいと思う事を恥とは思わない。
投稿者ぼこぼこ 日時2004/9/24 13:36
賛否両論のあるシリーズでしたが、自分は良かったと思います。 DS9と比較される方が多いのは同時期放映だから仕方がないと思いますが、コンセプトが違いすぎて比べることは出来ないように感じています。 どちらもとても面白いシリーズでしたし、似たような話も演じている役者さんと置かれている状況が違うため、いろいろな見方や考え方ができて自分にはとても興味深かったです。
最終回も勢いがあって(比較しても仕方ないですが、他のシリーズよりもパワフルで)見応えがありました。

さて、この最終回・・・やはり日本語タイトルに問題ありですね。
“END GAME”なんですよね〜 GAMEという単語は日本人には遊びとか楽しみといったイメージが強いですが、この作品での使われ方は「勝負」又は「賭け」・・・つまり「最後の勝負」なんですです・・・テレビ局側の考えはとっても良く分かるんですが・・・

23年かけて地球に帰り更に10年が過ぎました。 ジェインウェイは70歳を超えたあたりでしょうか。 数年前にチャコティは他界し、自分も死期が近づいていると感じています。 艦隊の現役からは引退しアカデミーで教える道を選び、週一度トゥボックを見舞いながら人生を閉じるのだと考えていました。 ところが、クリンゴンのコラスの家がクロノディフレクターを持っているとの情報が飛び込んできたのです。 さぁ、あなたならどうしますか?
・・・題名がここの導入部分を示していたのに、完全に消えてしまったんですね・・・トホホ・・・

死が目の前にある人間がどう考えるか・・・自分の知っている方はせめて生きている内に少しでも・・・と言いながら他界なさいました。 まだ40代半ばで子供さんも幼かったんです。 今でもその方のことを思い出す度に、どんなに悔しかったかと思わずにはいられません。 その方と最後に会った時のあの目は一生忘れることができないでしょう。

命が尽きる前に・・・まだ身体が動くうちに・・・最後に自分ができること。 クロノディフレクターが手に入れば、トランスワープ・ハブのある星雲を見つけたあの時間に帰れるかもしれない、あの時から26年経った今の技術なら当時のボーグには十分に対抗できるのだし、上手くいけば残り16年間に失われる命を救えるかもしれない。
ジェインウェイがこう考えても罪ではないでしょう? ヴォイジャーは、彼女の人生の全てだったのですから。 ヴォイジャーを維持し一人でも多くのクルーを家に帰らせること、その為には自分の人間としての女としての幸せを全て捨ててしまったのですから。 一人一人命の火が消える度に、彼女の心は自分に対する怒りで硬く冷たく解けることの無い氷の様になっていったのでしょう。
クロノディフレクターは不完全で過去へ移動する間に壊れるかもしれない。 薬を使っても今の年齢の自分が時間の変異に耐えられないかもしれない。 上手く過去へ行けたとしても計画通りに進むかどうかなんて分からない。 でも、すでに33年前に捨てた命です、惜しくは無いと考えて行動したんですね。 そして過去の自分に会った。

さて、ここからの演技に拍手です。 未来の自分にとっては過去の自分、現在の自分にとっては未来の自分というタイムパラドックス。 26年の違いに対する違和感とお互いへの反発が少しづつ薄れ、徐々に分かり合っていく様は圧巻でした。 映像技術の進歩の素晴らしさもさることながら、演技力もお見事。 アカデミー主演女優賞を差し上げたいくらいです。

自分にとってのVGRからの収穫は、ケイト・マルグルーという女優さんを7年分見れたことです。 女優さんは古今東西を問わず息が短く、いいなと思ってもすぐに引退していまいます。 ケイトさんは老けたタイプだし声も低い。 この最終回から・・・年を取るにつれ美しくなるタイプ・・・と見たのでこれからもキャリアを深めていかれることでしょう。 しばらくは舞台を中心に活躍されていくご様子です。 機会があれば一度くらい生の舞台を見てみたいものです。

さて本国では、この続きの小説が出ていますね。 軽く目を通したところ、結構面白かったですよ。
自分としましては・・・ど〜しよ〜もないスタトレ映画を撮るより、VGRの続編をTV特番で作って欲しいな〜と思っています。
でも・・・あまりにマイナーだから商売にならないかなぁ・・・
投稿者ラコタ 日時2004/11/24 00:32
ボイジャーの最終回、遂に来てしまった。
しかも172話で終わりとは・・・。175、6話まで続くと期待していましたが、そうでもなくなりましたね。
オチは良かった。展開もまあまあだった。
しかし、自分がこのエピソードを65点で抑えたのには理由がある。
それは・・・、続編がないことです。
レギュラーから外れたニーリックスの事も気になるし、分裂しまくったボーグの事も気になる。
・・・つまり、これで終わりとは納得がいかないということです。
あー、続編出てきて欲しい!見たい!
投稿者すこーん 日時2004/11/30 16:25
最高!感動です。。。
ジェインウェイ艦長おめでとう!
その後エピソードがあったらよかったです。。。
投稿者aka 日時2005/4/23 21:12
最高

いい
投稿者予備2等海曹 日時2005/6/2 03:35
TOSからそれなりに見てますが、私にとってはDS9が最悪でしたね。
DS9は、あまりに内容がマニアックすぎて疲れてしまい、途中から見なくなってしまいました。
TNGからDS9にかけて、だんだんとややこしい設定や内容が増えていると感じていました。特に艦隊をとりまく様々な政治的環境などの設定を面倒に感じていたのです。もっとも、現実の国際政治に比べれば非常に単純な世界観なので、理解に苦しむわけではありませんでしたが、フィクションの世界でのリアリティと現実世界のリアリティはイコールではないので、面倒だと感じていたのだと思っています。
VOYでは、そこのところをサラッとデルタ宇宙域に飛ばすことで回避され、とても楽しむことができました。
艦長が独善的といった御意見が多数見受けられますが、私の経験では艦長なんてあれくらいの方が乗組員としてはラクですね。物わかりの良い、協調性のある艦長に仕えるとかえって大変です。全ての困難や障害を乗組員と共に分かち合ってしまうからです。艦長は外を向き、副長が艦内を見守る、というバランスが大切ですね。
リーダーシップ=好かれること、ではないと考えています。
ドクターのエピソードはいつもしびれました。人ならざるものが人たらんとするときに直面する矛盾や葛藤。これぞ、純文学などでは表現し得ない、SFならではの物語だと思いました。
投稿者こおず 日時2005/7/11 15:20
さきほどやっとDVD全7巻を見終りました。
非常に楽しめました。
私はVOYAGERが一番好きですね。
これほど素晴しい脚本のエピソードが詰まったシリーズはありません。
逆に、DS9がもっともつまらなく感じます。
DS9が面白くてVOYAGERが嫌いな方がおられますが、
「設定」に重きを置く方なのではないかと分析しています。
とはいえ、「最低」「最悪」などと簡単に言うのは稚拙すぎて
論外だと思いますがね。
私は、設定の辻褄なんてどうでもいいと考えているタイプです。

さて、この最終回ですが、焦って時間を切り詰めるあまり、
ブラガ(的な)趣味が出過ぎて、そこがせっかくの締めの話を
薄めてしまった気がしています。
安易で人工的な「トランスワープハブ」ですとか。
最後のボーグスフィアに隠れて出てくるくだりも、なんだかあわてていて
緊張感を感じないまま終わってしまいました。
インタビューでもトゥボック役の方が「ニーリックスの別れの話が
一番“終わり”を感じた。最終回はなんだか尻つぼみだった。」と
いうのはよく解ります。
けれど、なんとか「この旅こそが重要だ」というメッセージが
入れられただけでも救われたと思います。
願わくば、「あと地球まで6ヶ月(確実に帰られる)」程度の
距離までに抑えて終わりにしていただきたかったです。
投稿者D型 日時2005/7/28 23:36
艦隊が集結してボーグを迎え撃つときと、ラストのヴォイジャーが地球に戻るシーンで、D型エンタープライズが出てた気がするんですけど。
投稿者正十二 日時2005/9/19 00:42
やっぱり「正史」を変えちゃいかんよ・・・提督。
クルーのためだったら、第一話のとばされるところに戻った方が簡単にうまくいったんじゃない?
投稿者ST大好き人間 日時2005/10/17 14:15
基本的な設定がおかしいですね。トランスワープハブなんてものがあるなら、ボーグはとっくにアルファ宇宙域を制圧してますよ。キューブの大艦隊を送り込めば、済むことですから。少しは、TNGやDS9との関連性も考えてほしいね。
 それに、このジェインウェイ提督のやっていることもめちゃくちゃですね。現役の艦隊提督ともなれば、最高の自制心とモラルが要求されるのにさ。ボイジャーの帰還を早めるというだけのために、平気で時間規則を破るとは。23年間の過酷な航海で精神に異常をきたしたというのなら、解らんでもないが、特にそういう設定でもなさそうだしね。それにしても、何でこんなでたらめな最終回になったんだろ。余程の事情があったんだろうな。ボイジャーのファンはレベルが低いからこの程度でいいとでも思っているのかな。
投稿者こう 日時2005/10/26 15:03
帰還の仕方が唐突なこと、セブンとチャコティが唐突なことを除けば、まぁそんなものか、という感じの印象でした。確かに帰還後のエピソード、見たかったですね。
ところで、ボーグクイーンってTNGでも死にませんでしたっけ?
何体もいるのかな < ボーグクイーン??
投稿者ラコタ 日時2005/12/5 00:43
うーん・・・、あれはちょっとなぁ・・・。
・・・もう少し、凄いエピソードを期待していたのに、こんな終わり方ありかよ・・・。
最後で地球に帰れたのはいいとしても、ちょっと内容的にはいただけない。
投稿者7*9 日時2006/2/19 01:04
今日京都テレビでの最終回でした。
もう見れないなんて寂しいな〜。
不評を書いてる人もいるけど、私は単純に地球に帰れてよかった!嬉しいって感じに受けました。
地球に帰るために頑張ってたんだもんね。
その後のエピソードも知りたいから作ってほしいです。
ヴォイジャー楽しかったぁ〜!!
投稿者ヴォイジャー 日時2006/2/19 15:48
-5点は皆様おっしゃるようにエピローグの物足りなさです。ジェインウェイ艦長は非常に人間的でリアルな人物に描けていました。感情的で脆いけど、その彼女がδ宇宙域で孤立無援でクルーを抱えてあそこまで人として頑張ったのは立派でした。彼女がリアルで人間的だからこそ成立したドラマです。アンチキャス派はピカードと較べたり彼女の欠点を論ったりしてますが、無意味ですね。また、自分が同じ立場に陥ったとして、何人が彼女以上の結果を出せるでしょうか。悪口言って人を不愉快にさせる前に我が身を振り返って欲しいですね。嫌なら観るな(笑)
投稿者ヴォイジャー 日時2006/2/19 18:01
アンチキャス派の偏執狂的暴言に捉われ言及を忘れてましたが、毎週ヴォイジャーで1番楽しみにしていたシーンがオープニングです。あれは太陽系でしょうか。フレアの炎から生まれたようなタイトルロゴ。左前方から現れるヴォイジャー。(多分?)土星のリングをカメラがくぐる時のリングがカメラ(も空気もあると仮定)にあたる微かな効果音。リング上を飛ぶ機体の映込み。虹色のガス?を別けて進むヴォイジャー。本編は様々な問題や闘いを描きながら、宇宙の美しさを凝縮したオープニングで全て浄化されてました。音楽は言うまでもなく。
投稿者えすた 日時2006/4/10 02:47
結局、デルタ宇宙域を舞台、という展開に無理があったのかも知れません。
様々な宇宙人を登場させて構築したまでは良かったのですが、シーズン4当たりから怪しくなり、結局最後はボーグのテクノロジーを使う……ボーグだったら何でもアリですから、アルファ宇宙域までワープさせるのもお手の物、という伏線が見え見えでした。
結局、制作陣は広げた風呂敷が大きすぎて、このような結末を選ばざるを得なかったのではないでしょうか?
「デルタ宇宙域に飛ばしたのも強引だったから、戻すのも強引でいいじゃん」という制作側の思惑が見え隠れします。
TNGのパスツールで、新しい映像技術を磨いた技術陣もこれでは手も足も出なかったでしょうね。
これに2回分掛けるくらいだったら、1回半で終わらせて、あとの半回分をクルーたちのその後に焦点を合わせても良かったと思います。
投稿者K 日時2006/4/25 17:17
アンチの方は非常に感情的な暴言が多いですよ。 VOYのファンはレベルが低いとか、そんな言葉を何故言えるのか非常に理解に苦しみます。
自分がレベルが高いとでも言っているようですね。実際そう思っていらっしゃるのでしょうが。自信があるのはいい事ですね(笑)
私はVOYは大好きです。勿論、つまらないエピソードも7年の間にはいくつもありますが、それはどのシリーズも同じ事。

艦長を嫌う方の意見を見ていて思いましたが、やはり艦長を女性にしたのは失敗でしたね。
個人的には彼女は、女性としての良さを失う事なく、指揮官としても有能に描けていたと評価は高いのですが、逆に女性である所為で、同じ行動でも余計に「キツく」見られると言う点があるように思います。全く同じ事をしていても、男性艦長ならばこれほど強引さ、横暴さを強くを感じる人が多くなかったのでは?と感じたりもします。

ENTの評価は読んでいませんが、アーチャーなんかは私から見ればジェインウェイ艦長より余程独善的に見えるのですが。どんなもんでしょうね。
投稿者宇宙一かっこいいオレサマ 日時2006/7/17 12:48
キーキーわめいているアンチの諸君。
そんなにでかい口をたたく自信があるなら自分で脚本書けば?
一行も書けないだろうね。
大学でも口は達者だけど論文を一本も書き上げていない自称
研究者の万年評論家がたくさんいますけどね。
投稿者EMH-99 日時2006/7/19 16:01
結構、ヴォイジャーは批判が多いですけど、私はそうは思いません。確かに、DS9の方が面白いですけどね。でもENTを見て、ヴォイジャーやDS9そしてTNGの方が面白かったと感じましました。
どうせなら、クルーのその後が知りたかったですね。帰っておしまいって良いうのもな〜
投稿者ルーク 日時2006/9/4 01:50
人生にリセットボタンは無いはずです。
自分の都合に合わせて過去を変えたジェインウェイはどうかと。
ピカードがターシャの死の為に過去を変えたでしょうか?
(役者の都合とかは別にして)
VOYはとても面白いエピソードが多かっただけに残念なラストでした。
クルーが無事に帰還できたのは良かったですけどね。
投稿者プロミネンス 日時2007/2/19 19:46
時を超えるという『禁断の果実』を手にした提督の決意は見方によって色々です。賛同するのも批判するのも自由。結局は提督自身ではないのだから。
大事なのは、『自分がその立場になったなら』で、私がその立場なら、思い悩み続けるでしょう。答えは決まっているのに。
結局、世の中は行動を起こした結果で動いているのだから。

確かに、これまでの感想のとおり、急ぎすぎ・唐突すぎという感は否定しません。作りが甘いエピソードもあるでしょう。
ですが、これだけは筆を進める一人として言わせて欲しいのです。

『だったら、自分で誰もが納得するような話を作ってごらん』と。

追記。
TNGやDS9と比較するのは簡単です。ですが、それは…
『センチメートルとリットル、どちらが重い?』と言っているように思えます。
同じスタートレックの世界であり、リンクもしている。けれど、別個の作品なのです。辻褄が合わない部分が生まれるのも、長く続く作品ゆえ。あら捜しをしても仕方がないんです。
ちなみに、EndGameはチェスなどのボードゲームにおける終盤という意味。つまり、『ちょっと待って』はあっても『なかった事にして』ではありませんよ。
投稿者(匿名) 日時2007/4/13 13:00
終わって久しいVOY。あれからDS9やら見て、やはりVOYが一番おもしろかったと痛感。
エピソード中で時間規則を遵守しようとする艦長に提督がいった言葉
「あれから色々あったのよ」
この言葉が表すものは計り知れない。
元々ジェインウェイ艦長は艦隊規則を尊び、規律に厳しい人だった。
同じ宇宙域で彷徨っていたが艦隊規則を破り、地球へ戻ろうとしていた
他艦長への激高ぶりを見てもそれは明白。

その艦長があれほど守ろうとしていた時間規則を破る、破るしかないと
思うに至った詳細には語られていない経緯・・・
単に重要なクルーが数人死んだという以上の苦しみがあったのでしょう。

今まで規律や規則に異常なほど厳しいジェインウェイ艦長だったからこそ
最後に時間規則を破れたのだと思う。
2話構成じゃなく、4話くらいでじっくり描いて欲しかった。
投稿者EMH-99 日時2007/7/7 13:04
久しぶりに最終回を見ましたけど、チャコティがどうなったのかがいまだによくわからないんですよね。セブンが死んで自殺したって事なんでしょうか?
でも、最初から見てみるとヴォイジャーは新しい技術などで帰るかワームホールなどを見つけて帰るための旅をしているわけですからね。Qが力で地球へ帰還っていうのもおかしいですし、ワームホールを見つけて帰還っていうのもなんか面白くないですしね。そうなるとセブンが仲間になって以来出てきたトランスワープをもしかしたら使うのかなって思ったら、やっぱりトランスワープでしたね。普通に旅して20数年後にようやく帰還っていうのも面白いかもしれないですけど、やっぱりこのヴォイジャーの終わり方が自然なような気がしますね。ジェンウェイ艦長が提督になったのはうなずけるような気がしますよ。艦長にしておくのは危ないと判断したのかもしれないです。チャコティの方が艦長に向いてると判断したのかな?
投稿者pepe 日時2007/11/18 18:23
制作スタッフ内でもいろいろあったらしいけど、
こんな話にするんだったら別に無理矢理(のように)返さなくても良かったんじゃないかなと思った。
TNG映画なりのワンカットでそれっぽく帰ったことを示唆するくらいにしておいて。
投稿者tac 日時2008/7/2 02:53
放送初期以来久々に見ました。非常に懐かしいです。
未来が変わったその後のクルーを見てみたいなー。
投稿者ランダム 日時2008/7/2 11:28
やっと帰還…、CSでやっとラストにたどり着けました
いろいろとジェインウェイ提督の人格について評価が
分かれるところですが、正直ENTのアーチャー船長
よりは見所がある人物だと思いますw
アーチャーは海賊行為働きましたからねぇ…
無くなってしまう未来のことよりも直接的に盗賊に
成り下がったアーチャーとでは印象が違いすぎますw

VOYは最低だという人も多いみたいですが個人的にはとても面白いシリーズ
だったと思います、始めてTNGにふれて一気に虜に
なったときのわくわくを思い出しましたね
エピローグ的な物がなかったのが残念で
元マキのクルーの処遇とか、トゥボックの病気の
問題とか、トムとトムの家族(トレスと娘)と
パリス提督との再会とかみたいエピソードが
いっぱいあっただけに残念、ラストの艦隊と
一緒に地球に戻るヴォイジャーと「故郷へ」
の言葉の重みが胸にグッときましたね

スフィアから脱出するヴォイジャーをみて
思わずガッツポーズとってしまいました

興からはTNGの再放送、じっくり見直そうと思います
投稿者キャス 日時2008/10/13 15:28
見ごたえがありました。 あっけない帰還ではありましたが、案外現実もこんなものかも。帰還の実感がわかずに戸惑ってるクルーたちの表情がリアルでした。
欲を言えば、これほど唐突ではなく、数回前から満を持しての帰還ドラマにして欲しかったですが…。
それとエピローグはぜひ見たかったです。

ジェインウェイ提督は確かに無茶ですが、年のせいもあるのでは?現に若い自分にいさめられてますし。
それでも無茶なところも含めて、私はジェインウェイが大好きです。VOYシリーズも大好き。

VOY嫌い、ジェインウェイ嫌いの方々が、他者への配慮もなく、口を極めてののしっているのを読むのは大変不愉快でした。
否定的な書き込みというのは、何年経っても負のオーラをまき散らして、読む者を不愉快にさせるんですね。
投稿者名とともに点数が載っていたらな〜と思います。名前の横に「20点」とあれば、「ああこの人は全否定だな」と分かって、読まずに済みますから…。

ともあれ、ファンの方々の意見を読めるのは貴重な体験でした。
何年にも渡って辛抱強く書き込みを掲載してくださるアテバンさんにお礼を申し上げます。
(一部修正して再投稿しました。投稿の修正ボタン希望です…)
投稿者Canguro 日時2008/10/20 18:02
ジェンウェイ提督のヴォイジャーを思う気持ちなど、良いと思います。スポックが言って、クルーが実行しようとした「多数の要求は、少数の要求に優先する」にのっとった行動も良いでしょう。難しいですね。ただ、流石にボーグを蔓延らせておくのは問題だとは思いますが・・・。でも、クルーの描き方とかはスタートレックらしく、面白かったです。
ただ、未来から来た人間が帰還の手助けをする上に、ボーグにダメージを与えるってのは・・・ちょっとやりすぎです。

どうせやるなら2話では物足りません。エピローグや準備、結局その後のボーグがどうなったのかも気になります(ボーグは好きです)。詰め込みすぎた感があります。
しかも、ボーグクイーン曰く「ジェンウェイも未来の技術も同化した」と言っていますし今後かなり脅威になるのではないかと・・・。ファーストコンタクトで「3次元的思考でものを見すぎてる」と言っていましたが、集合体である以上、クイーンは(肉体は崩壊しても)死ぬことはないわけですから、ハブを破壊した代償にしては大きすぎるのではないかと思います。何よりハブがなくてもトランス・ワープ(別の技術なんでしょうね)して来ますし・・・。

ちょっと逸れますが、ヴォイジャーでのボーグの扱いはひどすぎます。いくらセブンがいようが、たかだか30年後の技術があろうが、ボーグってそんなに弱くないでしょう?トランス・ワープだけとっても、(人類から見て)どれだけ先の技術かすら分からないぐらいですし。クイーンもなんか優しい。・・・ボーグ・ファン(趣味悪い?)としては、将来、強いボーグが見れるのを願っています。というか、ぜひともボーグのことを紐解く話とか見てみたいですね。発生だとか、単純に現在の勢力だとか・・・ドミニオンだとか、ヴォス(遠隔起源説)だとかとは接触はないのでしょうか?・・・まあ、あいつらまで同化されちゃ、銀河系はボーグの支配になってしまいそうですが。

ところで、方々でジェンウェイは悪魔艦長などと言われて、否定が多いような気もしますが、僕は結構、ああいう強い上司とか、かっこいいなとも思ってしまいますが・・・どうなんでしょう?


追記
ボーグにキューブの護衛を頼むという発想(まあ作戦の一環でしかなかったですが)は笑えました。あれでクイーンがジェンウェイを発見できず要求を飲んだら、それはそれで面白かったのですが。確かにキューブが隣にいるとなれば誰も手どころか声すらかけてくれないでしょう。
投稿者ポール 日時2008/12/29 07:45
おもしろかった。でもさみしい(≧▼≦)
ボイジャーは最高だと思います。クルー全員に魅力があって、よくまとめられたなと思います。悪役がいないと難しいのにね(ρ_-)ノやっぱりデルタ宇宙域からの帰還がテーマだからかな(^o^;
艦長についても、全然問題ありません。というか人間的で好きです(^O^)
ENTも何年か前に終わっちゃって、さみしい毎日ですが、ホントVOYの続き、見たいなぁ(゜_゜)(。_。)でも故郷に帰れてみんな良かったね。ありがとうございましたm(__)m
投稿者tomi 日時2009/10/3 03:07
ジェインウェイは最後まで無理しまくりの艦長だったなぁ…
投稿者(匿名) 日時2010/3/23 04:42
「泣く子も黙る時間規則ね」で吹いたわw
ふつうに面白かったね。規律に固執気味だった艦長が
提督になってからは冗長な一面が見えたのでより人間味が増して
深みが出た感じで良かった。あと過去の自分と共闘するっていう
内容も良かった。
投稿者bravery 日時2010/10/10 01:59
スタートレックシリーズの最終回を迎えるたびに、宇宙が近づいてくる気がしてたまらなく好
きです。
本当に自分が長い旅を経験したような感覚に陥ってしまう。
つらい、さみしい。
投稿者はいぢ 日時2010/10/13 23:08
一番気になるのは、セブンとチャコティ・・・唐突でした(汗)

気に入らない部分もありましたが、みなさんの感想を読んで納得できそうな気持になりました。
例えばジェーンウェイ提督。
彼女の心はすでに壊れていた。と考えられたら、すっきりできました。セブンの死によって壊れてしまったのはチャコティだけではなかった。と。

タイムパラドックスには悩まされますが・・・パラレルワールドが一個増えたと考えて、飲み込むことにします。
我々が追って来た時間枠のクルー達は無事帰還!やれやれ。てなわけです。(非難されてるジェーンウェイ提督と同じ考えだけど・・汗)

願うなら続編!というかエピローグ!!欲しいです。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY