USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第18話 "Initiations" 「ケイゾン戦士誕生」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号121 本国放送順17 日本放送順18 (21)
放送日1995/9/4
宇宙暦49005.3 [西暦 2372年]
監督Winrich Kolbe
脚本Kenneth Biller
メディアLD: 「スタートレック ヴォイジャー セカンド・シーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 2」 (パラマウント) Disc 1 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第7号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
56/100点 [投票数 17]
感想 投稿者ジェニファー 日時2003/2/23 03:14
なんか、いまひとつでした。
やっぱ、クルーもっと出てるのがいいなぁ。。
投稿者Atad 日時2003/7/11 00:50
ケイゾンってクリンゴンに性質が似てる感じですね。
ただクリンゴンはもっと粗暴な感じだけど。
しかしクリンゴンやケイゾンといった性質を持つ種族がよく
ワープ技術を扱えるもんだなあと常々思う。
あの性格では学者向けではないようにみえるけど・・
投稿者背番号26 日時2003/9/21 22:34
ケイゾン嫌い・・・
チャコティはやさしい人ですね。
投稿者ホログラムA 日時2004/3/31 21:05
ケイゾンの少年戦士カーンは、DS9のノーグの役者さんですね。
初めての任務でも、失敗すれば死に繋がるギリギリの世界で、
必死に健気に生きる少年を、ひたむきに演じてキラキラ輝いて
見えました。
そして、あぁ言う世界で生きるしかない少年に、チャコティは限りなく
優しく、ラストシーンでは思わずホロッとさせられました。
投稿者makoto 日時2005/2/12 23:59
ケイゾン少年の通過儀礼に関わる副長。カーを殺せと渡された銃は使えるもので本気だった。洞窟で少年との対話。「人間は何も持ってない、勇気と正義だけだ」の副長の言葉が印象的。重要な役割を任せられて副長席で満足げなニーリックス。パリスが指揮を執るも珍しいですね。
投稿者かずっさ 日時2006/9/1 17:52
いつものとぼけたノ−グの時とは違い、自分の信念からズレてしまった現実に絶望する様や、目の前にいる嫌悪すべき連邦の人間に戸惑う演技は素晴らしい。
どの出演者より若いはずだが、誰よりも輝いて見えました。
投稿者AGE 日時2009/7/22 19:43
この回のストーリーは、いまいち。
いろんな点で矛盾が多くて、楽しめない。
宇宙の大舞台の中での話なんだから、もっと広い視野をもって
大きなストーリーを作って欲しい。
俳優の演技は充分だが、ストーリーが幼稚なため、リアリティーが無い。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY