USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第37話 "Deadlock" 「二つのヴォイジャー」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号137 本国放送順36 日本放送順37
放送日1996/3/18
宇宙暦49548.7 [西暦 2372年]
監督David Livingston
脚本Brannon Braga
メディアLD: 「スタートレック ヴォイジャー セカンド・シーズン Vol.2」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 2」 (パラマウント) Disc 6 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第114号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
81/100点 [投票数 38]
旧E.N.H.
コメント
これでいいのか?という結末。それにしてもヴィディア人の「臓器狩り」はコワい。コワすぎる。 - ひろを

スタートレック四シリーズの中で一番好き!!スタートレックシリーズを見て初めて泣きましたよ。 - Paaako

わかったようで、ちゃんとは理解できない内容でしたが、さすがVOY

艦長自爆好きですね。最後はキムがかわいそう。 - 悠梨

いいよ これは!
感想 投稿者Ken‐1 日時2000/9/19 12:17
「こ、これがボイジャーのSFマインドなのか・・・!!」
…と、かなり衝撃を受けたラストでした。
投稿者あらた 日時2000/11/16 02:24
多重構造な(?)話でいいっちゃいいんですけど・・キムがなぁ・・(涙)
微妙だな〜・・ディープでしたね・・
投稿者TOROMA 日時2001/1/24 01:56
ええっと、フェイズが微妙にずれちゃってたんだよね?
キムと赤ん坊は物理的に何も問題ないのかなあ?
投稿者チコシ 日時2001/7/15 19:44
スタートレックを見始めて5話目ぐらいに見た話だった。見た後めっちゃくちゃおちこんだけど、同時にヴォイジャーが大好きになった話。
投稿者中京テレビ圏内 日時2002/6/19 03:39
このエピソードのちょっと前から中京テレビでヴォイジャーが放送されているのを
知り、見るようになったのですが「これからも見続けよう」と決めさせてくれた一話でした。

時空パラレル、迫る危機、そして視聴者もあっと驚く逆転に次ぐ逆転。
ヴォイジャーの面白さをもっとも表現している作品だと思っております。

キムとナオミ・ワイルドマンについては・・まぁご愛嬌^^;
投稿者Cp.Alpha2 日時2002/7/17 20:02
替え玉のキム…死亡した回数が最も多いのは彼では?!
投稿者はげタン 日時2002/8/29 00:53
コノ手のネタ、俺は好きです。
でもあの臓器狩りの奴等が来なかったら
無事合体できたかもしれないワケで、
あいつ等マジむかつきますな。
投稿者sira 日時2003/7/9 21:17
ストーリーはいまいちよくわからなかったけれど(オイ)
二人の艦長の試行錯誤、土壇場での決断に改めて、
確かにあそこにいる人たちは、宇宙に行くだけの事はある人たちなんだなぁと思いました。

子供を守るドクターが、とても大きく見えたよ。
投稿者Atad 日時2003/7/12 22:36
スタートレックシリーズはSFという事で時折突飛な話が
出てきますが、これもかなりスパイスが効いてて捻りが
入れられてますね。
ところで壊れかけヴォイジャーでケスが助けに行こうとしてた
技術部の人(名前は忘れた)はあの後無事だったのかな?
投稿者背番号26 日時2003/11/16 19:57
VOYの中でベスト10に入る傑作です。  スリリングな展開、SFらしい設定、ラストのあっと驚く解決策。どれをとってもこれぞスタトレです。  ナオミとキムが実はオリジナルで後のクルーはコピーだったとは・・・  鏡像世界の事もあるし、何がどうなってこうなったのか考え始めると夜も眠れませんが、変な宗教問題を延々とやっているDS9よりずっと好きです。 今後もこの路線で行きましょう。
出産を転送で行うなんて・・・ かなり衝撃的でした。
投稿者ころすけ 日時2003/12/6 17:17
完全なハッピーエンドでは終わらないことで印象深いエピソードになっていますね。最後の逆転にもちょっと驚きました。良くできてる、という感じ。
投稿者レイン 日時2003/12/8 08:11
状況設定、どんでん返し、艦長の取った行動−そのどれもが激しく、そして面白さも激しかった。中身が濃いので、録画したビデオを何度も巻き戻ししながら見てしまい、そのせいで一時間に満たない話が二時間物にも三時間物にも思えた。スタートレックを見ていると時々、SFなら何でもありなのかと疑問を感じることがあるが、これだけ楽しませてもらえば文句は言わない。キム1号(?)には悪いけれど。
このエピソードの面白さは第19話の「ホログラム」に似ているが、ライターはどちらもブラノン・ブラガ。今後も彼の名前がライターでクレジットされている作品は、期待できそうである。
投稿者ambi 日時2003/12/12 02:55
何度もやられたー!と裏切られる展開が爽快でした。
投稿者(匿名) 日時2004/2/25 21:58
「約束して、必ず地球に帰ると。」ジェインウェイがもう一人のジェインウェイに告げる言葉はこの回における名台詞です。
みんな彼女の強引さなどで批判的な感想が多いようですが、強引さが無くてはヴォイジャーは7年にかかって帰還するということなく、デルタ宇宙域で人知れず朽ち果ててたかもしれません。
投稿者(匿名) 日時2004/6/12 20:32
質問です。
反物質は二つのヴォイジャーで共有していたんですよね。
爆発のとき、無事だったの?
投稿者makoto 日時2005/4/9 21:18
自分と同じ人間がこの世に居たとしたら、自分に引け目を感じる人なら嫌な気分だろう。それが相手を尊敬し信頼できるジェインウェイは自信家。自己犠牲的行為を取れたのはそれで相手(=分身)を生かせると信じたことも大きい。最終話もそう理解している。
当然破損ボイジャー側が破壊?と思うところだが逆なのはうまい裏切り。で、やっと生まれましたね。欲を言うと、この子にWelcome aboard!と言って欲しかったのと副長の活躍シーンが見たかったです。
投稿者リント 日時2007/12/1 22:13
キムと赤ちゃんがコピー?他のクルーがコピー?
…よく分かりません
投稿者tomi 日時2009/3/16 00:50
あちこちページの抜けた2冊の本を1冊に綴じなおせば、完全な1冊が出来る…ヴォイジャーの外側から見れば一件落着なんだけど、中の人はそれで納得していいんだろうか?
投稿者(匿名) 日時2010/3/23 04:49
正直、この終わり方はないと思った。
散り際はカッコよかったけど、話の進め方が強引すぎる。
よくこの話の内容を使う気になれたなって思うわ
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY