USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第58話 "Blood Fever" 「消えた村の謎」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号157 本国放送順57 日本放送順58
放送日1997/2/5
宇宙暦50537.2 [西暦 2373年]
監督Andrew Robinson アンドリュー・ロビンソン [DS9 ガラック]
脚本Lisa Klink
メディアLD: 「スタートレック ヴォイジャー サード・シーズン Vol.2」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 4 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
74/100点 [投票数 20]
旧E.N.H.
コメント
またまた、機嫌の悪いベラナが良いわ。 - えみこ
感想 投稿者はっちん 日時2000/07/16 01:43
ドクターの処方(セラピー)、大外れだった顛末がエピローグに出てこなかったけど
面白かったですね。
ドクターには、残念でした、折角探究心に燃えていたのに…
お釈迦様でも、草津の湯でも、ってやつですね、ちょいなちょいな!(恋という訳ではないか!)
かたや、エピローグのパリス、トレスに「勘ちがいしないでね」と…くぎ
こちらも、残念でした、一縷の望みも絶たれたか?
(あの熱情は、すべて異常のなせる業、その気になった兄ちゃんが馬鹿だったのね…とほほ!)
投稿者はっちん 日時2000/07/21 00:56
◇掲示板 Nine Forward
○「Blood fever」
http://www2.g-7.ne.jp/~kyushu/bbs/pslg5763.html
投稿者(匿名) 日時2000/9/1 21:21
正直言ってヴォイジャーをケイゾンから奪い返してきた時のトムより、カッコよかったと思いましたね。(ただの軽い男じゃないよ!) 最後のべラナの
「何、勘違いしてるのよ!」の裏には複雑な思いがあるのは確か。(そういう顔してます)
投稿者HARUKA 日時2000/9/26 17:49
いまさらこのエピソードの感想でもないのですが・・・ワルノリ
ついでに書かせていただきます。

これを見て「びっくりした」その1
STでこういうのあり?・・・ということ。 この手のシーンは軽く
かわしてたじゃないですか。

その2
「これ私の考えてたことじゃない」ということ。
子供の頃からアニメでも何でも自分で先のストーリーを考えるのが
好きだったわたしは始めからパリスとトレスを勝手に結びつけて
ました。 なさそうかなと、あきらめていたら数エピソード前から
「ちょっと変?」。 何かないかなと思っていたら、物凄いのが
ドカンと来ました。
「ポンファー」ですか、キツイですね。
これで私はトム・パリスに惚れ直してしまいました。
『 好きな相手が自分を求めてくるのを必死で制する 』
トムはベラナを本気で愛してるんだと実感しましたね。 これまでの
彼とは別人のようでした。 でも、これが彼の本来の姿だと思うん
だけど。

またベラナの「私だって、貴方と・・・。」 うーん、微妙・・・。 
トムの表情が苦おしい。

もともとパリスは気になるキャラでした。 複雑な過去をもって
ツッパっている。 でも#31のあたりからだんだん角が取れて
きて、#36や#42,43で成長してきたわけですが、ここまで
「イイ」と思ったのは初めて。

ベラナもいいですね。 こちらももっと複雑な葛藤を抱えているし。
「トム、黙って・・・。」 

「ちょっとホントに?」と思っていると、やっぱり邪魔が入る。
ヴォーラックってインパクトありますね。 アハハ。
そして・・・・・。
投稿者ジャック 日時2002/10/8 17:36
ユーモアセンスが光る優れた作品ですね。最後までぐいぐいとひきつけるシナリオも大変よくできていると思います。なんといってもクリンゴン魂が炸裂するベラナの活躍が見所だと思います。
投稿者Atad 日時2003/8/10 21:55
いやあ、本能剥き出しのクリンゴンと感情の制御できずに
剥き出しにしてるヴァルカン人ってのはすごいですねえ。
普段論理的なヴァルカンなので、あまりあのような状態を
見ないので新鮮に思えました。
最後のドタバタも予想外の事でやられたなと感じました。

しかし途中で地底に隠れ住んでる異星人の話を聞いてすぐ
ピンと来ましたがやはりボーグですか・・
このヴォイジャーの時期のボーグはどの時期なんだろう。
TNGでブルーに自我のようなものが芽生えて以来ボーグも
変わったはずですが、時間的にはそれよりもうちょっと後
になるのかな?
投稿者(匿名) 日時2003/12/28 17:28
最後に襲ってきた異性人がボーグ、これだけで「優」にしてしまいました。すみません(^^;
投稿者背番号26 日時2004/1/1 21:39
パリスとベラナどうみても似合わない。 このまま別れて欲しかった・・・

監督:ガラック!  驚きです

ラストシーンで想い出しましたが、29世紀にはボーグはどうなっているのでしょうか? 全宇宙を同化していない事はわかってますが、生命体8472に駆逐されてしまったのでしょうか?
投稿者レイン 日時2004/2/19 08:23
スタートレック以外の何物でもない作品。ある意味、スタートレックの王道を走っていると言える。このエピソードの楽しさ、面白さを、スタートレックを知らない人に説明するのは難しいだろう。ヴァルカンとクリンゴンがガチンコ・ファイトを行った作品として、忘れられないものになりそうだ。
さて、それはそれとして、内容的にはかなり際どかった。R指定とまではいかなくても、PG指定ぐらいはいきそうだった。特にトレスとパリスのキス・シーンが危ない。強い逆光の中で撮影したりするもんだから、唇と唇の間を伝わる金色の糸がしっかり映ってたぞ!
投稿者makoto 日時2005/7/2 22:27
アウトオブコントロールのバルカンに癇癪爆発のクリンゴンのキッツイ殴り合いという乱暴な解決法にびっくり(^_^;) 論理なんて微塵もない。決闘かセックスか究極の選択ですな。が、トムの誠実さが爽やかでした。もうボーラックから目が離せません!
投稿者モイラ 日時2008/1/10 03:03
…地球人ドン引きエピですね。
なんで録画しなかったのか悔やまれてなりません。
「こうするしかない」とか言って、トムとベラナを置き去りにする副長とトゥヴォックもおかしすぎ!しかも二人っきりにしてくれるのかと思いきや案外近くにいたことがヴォーラック登場で判明!「相手になってやる!」と決闘を挑むベラナはまるで硬派のヤンキー娘!最後の彼女は今日風に言えばツンデレってやつなのでしょうね。いまから(録画のための)再放送が待ち遠しくてたまりません。
投稿者tomi 日時2009/4/16 00:31
みんな激しいな。
うらやましい。
投稿者PON 日時2010/5/11 01:24
数回前からボーラック登場で何かやらかしてくれるかと期待してました。個人的にはボーラックVSパリスの決闘でしたが、まさかベラナと決闘とは(笑)。
濃いエピでした。これはHDから消去できません。
投稿者みさと 日時2010/12/21 02:20
ちょwwww
ボーラックwwwww
すきすwwwwうぇwwww
最高エピソード!!!!GJ
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY