USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第139話 "Honor Among Thieves" 「非情の捜査線」

エピソードガイドへ
プロローグより
第6シーズン 製作番号539 本国放送順137 日本放送順139
放送日1998/2/21
宇宙暦不明 [西暦 2374年]
監督Allan Eastman
原案Philip Kim
脚色Rene Echevarria
メディアDVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 6」 (パラマウント) Disc 4 収録
公式サイト予告編・画像
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
72/100点 [投票数 18]
感想 投稿者ジャック 日時2002/2/23 00:24
番外編。オブライエンが渋い
投稿者(匿名) 日時2002/10/28 12:35
オリオンシンジケートのような組織は非常に興味深い。地球人は精神的に洗練されているといった描写よりも好感がもてる。またオブライエンが猫を引き取ってくれてほっとした。
投稿者 日時2002/11/6 12:54
ハードボイルドやな〜♪
投稿者 日時2002/11/8 02:15
オブライエンもいいけど、ビルビーが最高に良かった。
DS9は、第5シーズンまでは、あまり好印象ではなかったのに
第6シーズンからは面白くてたまらない。
投稿者@宇宙域 日時2002/11/11 19:25
個人としてのオブライエンの魅力は、こういう形でも有りであると再認識。
投稿者naoturn 日時2002/12/11 02:47
なかなかのエピソードでした。
オブライエン渋い。
もうちょっと最後ら辺を細かくして欲しかった。
投稿者gaga 日時2003/1/19 14:18
ジョニーディップが出ていた映画の「フェイク」に似ていた。どっちが先だろうか?でも内容はよかった。
投稿者ふぁんとれ 日時2003/10/29 18:52
オトコの話や〜、泣ける話や〜、え〜話や〜 。゜・(つДT)・゜。

オブライエンってほんとにいい人ですね!
ぜひ長生きして欲しいです。

それにしても、貧困の中でも必死に生き抜こうともがいている人々がやむにやまれず犯罪にはしるのは罪は罪としても、富裕な階層の人が「犯罪者が死のうと生きようと知ったことではない。彼らが自ら選んだ道だ」というのは釈然としませんでした。もちろん犯罪は揺るすべからざるものなのですが・・・。
投稿者RYU 日時2004/2/22 16:10
オブライエンがこういう形で出るのって初めてじゃないかな。
ビルビーは悪人ですが、家族を想う気持ちに好感を持てました。
故に最後は死を選ぶ。悲しい宿命です。
投稿者一輝 日時2004/2/25 16:22
オリオンシンジゲートがドミニオンと通じ、連邦内部にもスパイ
が居るとなると、今後大変ですね・・・

戦艦による派手な戦闘ばかりでしたが、確かに、実際には、この
様な裏の (?) 動きも沢山あるんでしょうね。

しかし、何故オブライエンがあんな危険な任務に・・・?

たまには、オブライエンを幸せな目に遭わせてやって欲しい。
投稿者ハボク 日時2009/12/28 03:03
DS9では「オブライエン=不幸・苦難」になってしまっているけど、
それに加えて今回はいい人のハードボイルドだけど、DS9はいろんな事をやってるなあ。

オリオンシンジケートがついに登場して、裏舞台でいろんな人物が暗躍して楽しいんだけど、
誰も彼も目が節穴だし、「家族が大事!」と言っていたビルビーの奥さんと娘がそっくりで、しかもブサイクでちょっと笑ってしまった。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9