USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第155話 "Chrysalis" 「愛に目覚める者」

エピソードガイドへ
プロローグより
第7シーズン 製作番号555 本国放送順153 日本放送順155
放送日1998/10/24
宇宙暦不明 [西暦 2375年]
監督Jonathan West
脚本Rene Echevarria
メディアDVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 2 収録
公式サイト予告編・画像
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
75/100点 [投票数 18]
感想 投稿者(匿名) 日時2002/7/21 17:06
提督スタイル、意外と決まってますね。
治療後の彼女、とても可愛い。今までのあのメイクのほうが大変だったのでは?
投稿者(匿名) 日時2003/1/7 20:16
Do Re Mi最高です。mp3 ときどき聞いています。
投稿者(匿名) 日時2003/1/7 20:18
DoReMi最高です。
投稿者 日時2003/3/19 12:47
不器用なベシア…
それにしても人間にとって表情というのがいかに大事なものか痛感しました。
投稿者ふぁんとれ 日時2003/11/21 19:16
こういう芝居を見るたびに思いますが、あちらの役者さんはほんとうにすごい。なんと多才な人ばかりなのでしょうね・・・(*^^*)

ベシアに幸いあれ。
投稿者RYU 日時2003/11/22 05:06
切ないエピソードです。
セレーナ役の女性は難しい役柄を見事にこなしてますね。
彼らが歌う所を見て微笑むベシア。
久々に彼の優しい笑顔を見ました。
投稿者一輝 日時2004/3/29 17:30
何故彼女とベシアが分かれなければならなかったのか、とか、
何故二度と会えないのか、とか、よく分かりませんでした。

それにしてもあの歌、巧過ぎます。
シスコも、この前のエピソードでピアノ引いてましたし、本当に
多才ですねぇ。

しかし、女性はメイクであれ程迄に変わってしまうとは驚き。
投稿者TR 日時2005/3/1 05:13
DoReMiのまるでフルオーケストラのような美しいハーモニーと、それを見事に歌いきった役者さんたちに敬意を表して。
投稿者ХЦ 日時2007/9/1 19:43
セレーナのアゴが気になってしまって……。
投稿者ktl8233 日時2008/11/25 23:06
>何故彼女とベシアが分かれなければならなかったのか、とか、
何故二度と会えないのか、とか、よく分かりませんでした。

多分、ロリコンへの警鐘を鳴らしているのだと思います。
投稿者ハボク 日時2010/1/24 09:12
やっぱりベシアの恋は実らない…
でも、マイルズは優しいし、大人だし、やっぱり親友。

あの三人組、今回は遺伝子操作じゃなくて本人の資質の問題とぶった切られて、ほんとんど活躍なく帰って行ったなあ。

それと、今回の延々と続くあの歌のシーンはDS9の中でも一番の醜悪なシーンだった。
投稿者中村提督 日時2010/8/22 10:04
ダックスが亡くなって傷心のドクターに彼女が?と思ったけどやはり最後はお別れで切なかったです。
オブライアンの「うちに飯食いに来ないか?ケイコがテンプラ作るから。」というシーンはシリアスなのに日本人は笑ってしまいますね。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9