USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第165話 "Badda-Bing, Badda-Bang" 「アドリブ作戦で行こう!」

エピソードガイドへ
プロローグより
第7シーズン 製作番号566 本国放送順163 日本放送順165
放送日1999/2/20
宇宙暦不明 [西暦 2375年]
監督Mike Vejar
脚本Ira Steven Behr, Hans Beimler
1999年度エミー賞 ヘアスタイリング賞ノミネート
メディアDVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第44号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060708090
89/100点 [投票数 26]
感想 投稿者ベシア 日時2002/10/1 23:25
第6シーズン以降、非常に重苦しい内容が続く中で、久し振りに楽しめた。良い出来でしたよ。
投稿者マクベイン 日時2003/3/5 03:35
まさにアドリブがきいてます。
人生で立ち向かう様々な問題を大げさに扱うような感じのするDS9であるからこそ、人生にノリも、アドリブも、楽しさも必要なんですね。息抜きは大切です。みんなライサに行きましょう〜
投稿者Rydeen 日時2003/4/17 02:17
たまにこういうエピソードはほっとします。ストーリーもよくできていて楽しめました。
とくに、エズリのウェイトレス姿はチャーミングでした。この人はやっぱり明るさを全面に出しているときがいいですね。
投稿者 日時2003/5/28 12:48
ヴィックが登場すると本当にドラマが明るくなります。シスコとの最後の××もイイですね!
投稿者ガル・ズゾック 日時2003/6/3 22:53
たまには良いですね"息抜き"の話。でも、オドーは唯一アドリブ無しでしたね。
投稿者レッドバロン 日時2003/12/5 18:53
シスコのこだわりが解けるのに、もう少しだけ時間を割けば、より傑作になったでしょう。
通路を横一列になって勝負に進むクルー達、勝利の直後、踊り子のBANG!等、イカした演出が目白押し。
しかしいつも思うのですが、ヴィックの歌、特に今回のラストの歌など、是非字幕を入れて欲しい。ストーリーに深く関わる歌詞なんだろうなあ。
投稿者ころすけ 日時2003/12/6 17:28
時間制限付きストーリーでちょっとハラハラもあるし、みんな着飾って楽しそうだし、まあ楽しい息抜きエピソード。ただ、少々懐古趣味でSF的要素が全然ないところが惜しいなぁ。
投稿者レガート黙〜る 日時2003/12/23 14:50
最後のシーンでヴィックとシスコが一緒に唄うシーンがすごく素敵でいいですね。
投稿者一輝 日時2004/4/2 15:50
また、コメディタッチのエピソードですね。
早く本流に戻って欲しいのですが。

上級士官全員ですが、仕事が終わってからホロスィートに行っ
てるのかな?
夜 (?) はプロムナードとかも真っ暗ですが、交代制ではない
んだろうか。

要するに、プログラマが予め仕掛けた事ですよね?
ならば、プログラマに直して貰えばいいと思うのですが。

シスコが、あんな理由でヴィックの所に行かないとは、何か
変です。

しかしシスコも歌が上手いですねぇ。

この手のエピソードは、1 シーズン一個でいいと思います。
投稿者makoto 日時2005/1/9 00:26
出血ファンサービス第3弾!乗っ取りギャングにギャフンと言わせちゃえ!ハプニングにつぐハプニングでハラハラどきどき。最後のパフォーマンスもグッド。当時あり得なかった黒人と白人が一緒に歌う理想の形。楽しんでる空気が目いっぱい伝わってきた快作でした。
投稿者OVS 日時2005/2/10 00:42
もう最高!
ホロデッキを舞台にしたとんでもない話はレジナルド・バークレーのホロプログラムぐらいしかないと思っていたら、こんなものがヴィックのホロプログラムの中にあったとは・・・。
まさにビックリ箱ですね。
ただヴィックのホロプログラムの背景が60年代だとは知らなかった。
てっきり70年代かと思っていた。
60年代当時、黒人で金持ちというのはあまりいなかったし、無論、バーやカジノで遊んでもいなかった。
でもキャシディの言う通り「こうなるべきだった」というのは正解。
現実で同じことがあったとしたら、KKKは存在してなかったかも。

ギャングがいきなりヴィックのバーを乗っ取る。それを取り返すのに必死なレギュラー陣。
でもって最後のシーンはとても感動しました。
投稿者(匿名) 日時2006/1/18 00:21
これって元ネタは『オーシャンズ11』ですよね。
素晴らしいパロディでした。
シスコの歌もよし。
投稿者エロオヤジ 日時2006/2/16 12:01
話のテンポも良く、ワクワクドキトギが楽しめた。
皆がヴィックを大事にしていて、更にノリノリで助けちゃうところが良いね。
ただホロプログラムを書き換えに走らないところが良い。
投稿者千尋 日時2007/9/13 21:58
着飾ってホロスイートに向かう面々の、
ちょっとスローモーションがかかったシーンが大好き!
ゾクゾクします。
投稿者ХЦ 日時2007/9/13 22:45
上級士官たちは仲良しですねー。
投稿者風邪の風来坊 日時2008/2/5 23:59
「ここでアドリブの効かないやつは勝てねぇぇぇ!」ってやつですねw
1960年代という設定から、「オーシャンと11人の仲間」のオマージュを入れてくる所もナイス。
(オーシャンズシリーズは元々、1960年に放映されたこの映画が原点です)

何より、ヴォイジャーのドクターほどヴィックをひどく差別することなく、独立した人格として尊重している所に心が温まりました。
ヴィックにもモバイルホロエミッタがあったら、クワークの店でもあの歌声が聞けるのに……と考えるのは、ちょっと短絡的な考えでしょうか^^;
投稿者艦長] 日時2008/5/18 18:30
たまにこういうのをやってくれるとかなりたのしめた。でもドクターの薬は、ホログラムにも効くとは。
投稿者ハゲ 日時2009/10/5 18:38
オーシャンズDS9
投稿者ハボク 日時2010/2/6 01:28
ヴィックはいいキャラクターだけど、最近20世紀アメリカネタが多くて飽きてきたけど、 45分で「Ocean's Eleven」をやってしまい、役者も製作陣も張り切ってやりたい放題でものすごく楽しかった!
でも最後の二人のビッグショーで一気に冷めたけど。
そして、あのメンバーの中にノーグがいるのに、レギュラーのはずのジェイクはいない…

シスコの理想的なスタートレック世界に対する忠告がDS9らしくて一癖あってよかった。
それと、今回のキラは美しい!美しすぎ!
投稿者ピカード師匠 日時2010/10/14 14:24
集計室でマティーニを飲まされる役の人、
ガウロン役の人ですかね?
目が良く似てるんだけど、気のせいかもしれません。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9