USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第31話 "Rivals" 「詐欺師エル・オーリアン星人」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号431 本国放送順30 日本放送順31
放送日1994/1/1
宇宙暦不明 [西暦 2370年]
監督David Livingston
原案Jim Trombetta, Michael Piller
脚色Joe Menosky
メディアLD: 「スタートレック ディープ・スペース・ナイン セカンドシーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 2」 (パラマウント) Disc 3 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第126号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
66/100点 [投票数 11]
感想 投稿者背番号26 日時2003/5/14 20:16
オブライエンのキャラはなかなかいいですねー。それにしてもベシアはいつ正体を現すのでしょうか? そしてウォーフは・・・
もう既にマンネリ感が漂っていますのでそろそろ刺激がほしいところです。
投稿者ブロッコリー 日時2003/7/26 02:22
主題の「運」の良し悪しが最高。
金儲け(運)と量子力学(電子のスピン方向)で物語を構成するなんて!!。古今東西・未来永劫、確率論的にあり得ない作品。
投稿者一輝 日時2003/8/29 16:49
オブライエンも、あんなにムキにならなくても。

あんなゲーム、*全く* 面白くないんですが。
って、自然界 (?) の確率を変える事が出来る、なんて、とんでも
ない機械じゃぁないですか。
一体誰が作ったのか。

しかし、マイルズを慰める/励ますケイコが、とっても魅力的で
した。
投稿者Atad 日時2004/5/22 20:05
邦題のエル・オーリアン人ってのを見て期待してたんですが
内容は面白くもなくつまらなくもなくなみなみ、そこそこ
ふつーでした。
エル・オーリアンってTNGのガイナンと同じ種族ですよね?
劇場版にも出てきたけどあの種族が出てくるからにはもっと
面白くなるのかと思ってたんですが・・
投稿者24 日時2004/9/20 16:20
シリーズ初期のエピソードの中では、おもしろく見ごたえのある
話だったと思います。
クワークの演技も抜群!
投稿者モケーラ 日時2004/10/13 14:52
マータス・メイズーアがエル・オーリアンであるという設定が生かしきれていないように思える。神秘的で底知れないパワーを感じさせるガイナンに比べて、浅はかで詐欺師としての実力も全然ないみたいだし。ストーリー自体にはそこまで難はないのですが…
投稿者makoto 日時2005/1/6 23:50
ライバルがラケットボール対決!
ケイコが試合に挑むチーフに「頑張ってね(Kick his butt!)」と胸を叩くシーンがイイ(いい嫁さんだ)。あのゲームって悪運を呼び込んでますよね… 口先だけのマータスよりクワークの方がツイてるのが愉快。ギャンブルは人を選ぶのだ!?
投稿者にと 日時2007/2/23 21:07
「金儲けしたいなら、プライドは捨てろ。金儲けの秘訣、第190」クワークの言葉だけど・・・金儲けの秘訣っていうの、全部聞いてみたいよ〜。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9