USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第40話 "The Maquis, Part I" 「戦争回避(前編)」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号440 本国放送順39 日本放送順40
放送日1994/4/23
宇宙暦不明 [西暦 2370年]
監督David Livingston
原案Rick Berman, Michael Piller, Jeri Taylor, James Crocker
脚色James Crocker
メディアLD: 「スタートレック ディープ・スペース・ナイン セカンドシーズン Vol.2」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 2」 (パラマウント) Disc 5 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
65/100点 [投票数 12]
感想 投稿者ブロッコリー 日時2002/5/25 02:28
TNGとのリンクエピソード。
第3者とすれば、”安全”な場所に移ればいいと思うが、
当事者は、土地への想いがある。
現実世界の投影エピソードあり、おそらく解決する事の無い
問題。
投稿者ふぁんとれ 日時2003/4/9 16:23
マキ初見参?
投稿者背番号26 日時2003/5/27 20:45
戦争・政治色が濃くなってきました。マキ登場!!チャコティ・パリス・トゥボックはどこに・・・つづく
緊迫感が出てきましたネー この調子で行きましょう。
投稿者一輝 日時2003/9/1 16:35
遂にマキも登場ですね。
ドミニオンも出てきましたし、これで、一通り出揃ったのかな。

ベイジョーの宗教絡みの話はつまらないですが、この様な政治的な
話は、今後もずっと繋がっていきますし、期待が持てます。
投稿者おくよしII 日時2003/10/18 21:55
「艦隊本部の窓の外には楽園が広がっているんだ。楽園では聖人を気取るのも結構だろうが,マキの人々が生きているのは厳しい現実だ。」というシスコのセリフは,DS9で描こうとしている世界が,ジーン・ロッデンベリーが望む所の楽観的未来を描いたTNGとは異なることを宣言しているように受け取れました。
投稿者Atad 日時2004/5/25 00:38
最初あんなテロ活動してるなんて誰がやってるんだろうと
思いながら見てましたがなんとあのマキだったとは。
先にVOYシリーズ見てマキについては知っていたので驚き
ました。
この先どうなっていくか楽しみです
投稿者にと 日時2007/3/15 00:08
これは難しい問題だよね。立場によって概念が違う、そのそれぞれの概念は誤っているとはいえないもん。
投稿者ラコタ 日時2008/7/9 22:49
これだと連邦のタイムス紙にはこう載ったことだろう「非武装地帯植民地が勝手に戦争」と。
シスコたちの意見にも、カルビンたちの意見にも、どちらも一理ある。
マキのやっていることは、シスコたちにとってはやり過ぎに見えるが、カルビンたちにとっては正しいことだと思ってやっている。
そして、キラはマキのやっていることに同情を寄せる・・・。
カーデシアに惨い目に合わされてきたベイジョーにとっては当然だろう。
「連邦は譲歩しすぎだ」
長年平和に漬かっているせいでそんな侵食が起きてしまう。
そう話の中で語られている気がする。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9