USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第48話 "The Search, Part II" 「ドミニオンの野望(後編)」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号448 本国放送順47 日本放送順48
放送日1994/10/1 小説 [英語]
The Search
Amazon.com

スカイソフト
宇宙暦不明 [西暦 2371年]
監督Jonathan Frakes ジョナサン・フレイクス [TNG ライカー]
原案Ira Steven Behr, Robert Hewitt Wolfe
脚色Ira Steven Behr
メディアLD: 「スタートレック ディープ・スペース・ナイン サードシーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 1 収録
小説英語版:Amazon.com / スカイソフト
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
77/100点 [投票数 13]
旧E.N.H.
コメント
キラとオドーってイケてる
感想 投稿者超新星 日時2000/8/13 09:55
第3シーズンまで引っ張って、ようやく明かされたオドーの素性。
彼の故郷の星の流動体生物たちが何と*****だって!?
これには驚いた。すごい展開。これからどうなるのか。
彼らは確かにかつては虐げられた民族だったのだろう。
それが転じて支配する側になる。そういう政治の構図ってあるよな。
だから奴隷が主人になることで問題は解決しないと言った人もいる。
そういう深い深いテーマを、エンターテイメントとして、
DS9がどのように消化して表現していくのか楽しみ。
以上、前編と合わせた感想でした。
投稿者ブロッコリー 日時2002/5/25 02:50
1シーンだがクワークがフルってる。(現実ではないが)
キング牧師の演説"I have a Dream(私には夢がある。)"を
引用している。結びの言葉はセコイが。
志(こころざし)高い艦隊士官より、フェレンギ人の方が
問題解決能力が高く思えるのは私だけだろうか。
投稿者背番号26 日時2003/6/6 20:41
可変種・固形種・創設者・・・ 始まりましたネー ドミニオンが牙を剥いてくるのはいつになるのでしょうか? そしてウォーフ登場はいつ? なかなか面白くなってきました。 シスコは怒ると迫力ありますねー
投稿者ヨネ 日時2003/6/10 22:28
急展開に次ぐ急展開。
しかも、敵の正体が遂に明らかに・・・
と、面白い要素が山のようにあるのに、今ひとつパリッとしない。
前々回に比べると、キャラクターの描写も上っ面を撫でているだけのようにしか見えません。
投稿者一輝 日時2003/9/26 14:28
一体何故、艦隊司令部も連邦評議会も提督も、あんなに阿呆
ばっかり、なんでしょうか?
さっぱり理解出来ませんが。
どう考えても、あんな協定は異常でしょうが。

って、そういう事でしたか。
でも、現実でも、まさに、あぁなりそうですよね。

今回は実験しただけでしたが、果たして今後、ドミニオンはど
の様に動くのか、楽しみです。
投稿者モイラ(旧モケーラ) 日時2004/10/28 16:18
珍しく原題のほうがネタバレでしたね。
途中で連邦の方針のあまりの狼藉にもしや、と思ったのですが…。
前後編一気に見たのですが、スピード感があって楽しめました。
ジャッジアとチーフの動きも少しでいいから描写して欲しかったです。

ジャッジア、新しい髪の結い方もにあいますね。
投稿者レイン 日時2004/11/3 01:37
これって一種の夢落ちですよね。落ちをすっかり忘れていて、再見時も騙されてしまった。二度も騙される自分も間が抜けているのだけれど、やはり何か釈然としないエピソードである。ただし、目まぐるしく変化する異星人間の勢力争い(夢の中での)は、シリーズ後半の怒涛の展開を予感させるものがある。
投稿者にと 日時2007/3/24 17:50
オドーの故郷が見つかったのはいいんだけど・・・なんだか、ちょっぴり、呆気ない気がする。。。オドーたちの存在はもっと複雑にして欲しかったなあ。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9