USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第56話 "Fascination" 「恋の感謝祭」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号456 本国放送順55 日本放送順56
放送日1994/11/26
宇宙暦不明 [西暦 2371年]
監督Avery Brooks エイヴリー・ブルックス [シスコ]
原案Ira Steven Behr, James Crocker
脚色Phillip LaZebnik
メディアLD: 「スタートレック ディープ・スペース・ナイン サードシーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 3 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
74/100点 [投票数 14]
旧E.N.H.
コメント
ラクサナってDS9の時の方がイイ感じ。妙にオドーの繊細さを感じ取ってるから
感想 投稿者超新星 日時2000/9/9 22:59
ドミニオン登場以来の緊張が一気に緩んだ感じ。
ラクサナと過ごしたことで
オドーは心が安らいだのかな?
キラに対する感情を読まれてしまったが…。
投稿者まき 日時2000/10/19 03:04
ラクサナはフェレンギはダメでも流動体の思考は読めるんですね。
ハードな展開の話の一方でのコミカルな話は他のシリーズでは少な
くて残念。しかしDS9でのラクサナって深いキャラですねー
投稿者クリミナトレス 日時2000/10/31 02:44
一応事件は解決したのかな?
キラとバライルはちゃんと仲直りしたのかなぁ。
いくら病気のせいとはいえ、お互いヤバイことやってたなぁ。
ま、たまにはこんな愉快な話もいいでしょう。
投稿者背番号26 日時2003/6/18 21:17
ジェイクが、ジェイクが・・・あーーー キラとバライル・ジャッジアそしてオドーとラクサナ 色恋沙汰が多すぎる感があります。幾ら伝染病のせいだとはいえ、スタトレですからもう少し慎みましょう。 ジャッジアに迫られて困るシスコは別人でした  監督の特権ですね。 ジャジアの豹柄模様色っぽかった・・・  キラとベシアまで
ベシア←→エズリー=ジャッジア←→ウォーフ←→ディアナ←→ライカー←→キラ←→オドー・・・乱れすぎです!!
投稿者一輝 日時2003/10/2 10:34
前話があの話だっただけに、今回はちょっと休憩、といった感
じですか。

ラクサナが出てきて頭痛の時点でネタはバレていますが、本当
に、あれが深層心理なんですかね。
しかし、相変わらずトラブルメーカです。
でも、今回は素直に謝っていましたが。

オドーの心は読めないのに、本当の気持ちが分かるとは、流石
というべきか。
今後の伏線になるんですよね多分。
オドー本人も気付いていなかったのかな?

まぁ、モリーも、ドラ (?) を叩く女の子も十分以上に可愛い
ので、それで OK、ですか。

モーンは、相変わらず台詞がありません。

オブライエンとケイコは、ケイコが日本人 (?) だからか、ど
ても日本的な夫婦喧嘩をしていました。
投稿者Elim Subatoi Kayam 日時2003/11/15 22:55
この話は大好きです。 何も考えずに楽しめます。 軽いタッチの演出がよろしぃ〜ですねぇ〜 (英語で聞くとシスコが声で遊んでいるので、耳にも楽しい話に仕上がっていますね〜)
現在、精神的に疲れた時に清涼剤代わりに使っています。(これを見ると気が楽になるので…)
でも…キラはちゃんと仲直りをしたのでしょうか? バライルの次の出番が「LIFE SUPPORT」なので不満が残ります。
無駄なシーンを排除し結果をシツコク説明しないDS9の作り方は好きですが、時には安心させて欲しいな〜 などと考えてしまいました。
オドーに関しては…「MERIDIAN」で「あれ〜??」と思ったら「ヤッパリ?!」という結果でした。
投稿者レイン 日時2004/11/10 23:37
恋の病に取り憑かれた人たちと、それに戸惑う周りの人たち。役者陣のデリケートなアクションとリアクションのやり取りが、見ていて楽しかった。
オドーのキラに対する想いは、第3シーズンの初め辺りからそれとなく描かれていたけれど、それがはっきりするのはこのエピソードが初めてである。オドーの秘めた想いを見抜くのは、ラクサナ・トロイ。さすがはラクサナ、「あなたのことは何もかも丸っとお見通しよ。」といったところでしょう。
投稿者makoto 日時2005/1/8 22:40
恋に浮かれる感謝祭。シスコ監督やりたい放題(o^v^o) プロムナードを上下に動く絵と音楽が効果満点。確かベシア&キラ役の方はご夫婦ですよね。笑えちゃう。マイルズがよき家庭人なのが彼らしい。もし自分だったら治癒後に顔合わせるの恥ずかしいデス。「でも、女はいいもんだ」Oh,YES!
投稿者ハボク 日時2009/9/10 02:41
DS9って「暗い、重い」ってイメージがあったはずなのに、
いきなり、こういうとてもふざけた爆笑のコメディーもやってしまうから素晴らしい。
みんなの驚いたり、間の抜けた顔が楽しすぎる!
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9