USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第62話 "Prophet Motive" 「新・金儲けの秘訣」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号462 本国放送順61 日本放送順62
放送日1995/2/18
宇宙暦不明 [西暦 2371年]
監督Rene Auberjonois レネ・オーバージョノー [オドー]
脚本Ira Steven Behr, Robert Hewitt Wolfe
メディアLD: 「スタートレック ディープ・スペース・ナイン サードシーズン Vol.2」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第84号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
メモ レネ・オーバージョノー [オドー] 初監督作品
点数
10203040506070
71/100点 [投票数 11]
旧E.N.H.
コメント
コメディー部門の傑作!ラストもフィレンギ的にホロリとくる? - AZC
感想 投稿者超新星 日時2000/9/29 16:01
フェレンギ文明存亡の危機をクワークが救った。
ちょっと大袈裟?でもホント、
クワークは敏腕弁護士のようだった。
ワームホールのエイリアンたちを相手に、
ちゃんと理詰めで、金儲け文明を擁護し、
グランドネーガスをあんな風に変えるのは
やり過ぎ、横暴であることを納得させたのだから。
それにしても新・金儲けの秘訣は笑える。
全文読んでみたいね。
投稿者レッドバロン 日時2003/6/26 19:58
惜しいなあ。シナリオさえもうちょっと頑張れば、「人間の証明」コメディ版みたいな傑作になったんだろうけど。一番の見せ場であるワームホールのエイリアンとの問答が、思い切り退屈。大体我々でさえフェレンギの価値観は理解しにくいというのに、シスコくらいにしか逢った事のないエイリアンは、混乱しまくる筈。本来ならそこにつけ込んでクワークが滅茶苦茶な交渉してしまう、という流れを期待してたんだけど、実際は殆ど「飽きた」とか「こいつうざい」とかって形で追い出された感じ。シスコの時には凝っていたエイリアン達とのモンタージュカットバックも、ただ座って話ししてるだけ。もったいなかったなあ。
投稿者背番号26 日時2003/6/28 17:39
フェレンギ・フェレンギ・フェレンギ・・・・ 退屈なだけです。
ベシアいつになったら正体を明かすのでしょう? 見ていてイライラします。
投稿者反ヴォジャー 日時2003/6/29 10:49
いつもフェレンギネタを、異常に嫌っている方がいますが、私は結構好きです。少なくともVOYに出てくる退屈なデルタ宇宙域の宇宙人の話よりずっといいです。クワークのような、善と悪とがきれいにわれていないキャラが、DS9の魅力です。
投稿者一輝 日時2003/10/4 12:51
出来としては、普通のエピソードですか。
脚本として、もう一捻りあると良かったのですが。

もう一つの何とか賞ですが、ベシアがノミネートされるのは
ちょっと変かも。
投稿者プリン 日時2005/8/31 02:27
グランドネーガスが良く嗅いでいた嗅ぎタバコの原料がゴキブリ
だったとは・・
投稿者キャス 日時2007/4/18 20:39
私もフェレンギネタは好きです。
クワークもグランドネーガスも愛嬌があって面白いじゃないですか。
もう何年も前の感想にケチつけるのもなんですけど、退屈でイライラするなら見なきゃいいんですよ。

それにしてもワームホールのエイリアンのなんと感じ悪いこと。
彼らを預言者だとあがめているベイジョー人がちょっと気の毒になりました。
投稿者ハボク 日時2009/9/12 04:03
やっぱりクワークは良い奴!
何気に弟や、グランドネーガス心配したり。
金儲け出来るからだけど、最後のロムと肩組んで去っていく所なんてほのぼの。
ロム自体のキャラクターも幅が広がってきているし。

それにしてもDS9ではモーンや、メイハードゥーの一切喋らないキャラクターがいるけど、
喋らないからか結構印象の強いキャラクターだなあ。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9