USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9

Episode Promenade: DS9

第8話 "Dax" 「共生結合体生物“トリル族”」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号408 本国放送順7 日本放送順8
放送日1993/2/20 ビデオ [英語]
Dax
Amazon.com
宇宙暦不明 [西暦 2369年]
監督David Carson
原案Peter Allan Fields
脚色D.C. Fontana, Peter Allan Fields
メディアビデオ: 「新スター・トレック ディープ・スペース・ナイン」シリーズ 『真実の行方』 (CIC・ビクタービデオ) (→Amazon.co.jp)
LD: 「スタートレック ディープ・スペース・ナイン ファーストシーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 2 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第4号収録
ビデオ英語版:Amazon.com
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
72/100点 [投票数 9]
旧E.N.H.
コメント
"Long Black Veil"のSTなりの解釈。awesome - すまいる魔人YOSHI
感想 投稿者ふぁんとれ 日時2003/4/8 19:46
いわば、前世の罪が後世に祟ったというかんじですね。

現実の世界では前世の記憶が鮮明に残っていて魂も間違いなく同一であるとしても、その責任は後世には及びませんが、トリル族のように共生生命が介在するとなると事情は複雑になる。

それにしてもジャッジャーダックスの義理堅さはすごいですね。以後のエピソードでも過去の誓いを守って命をかけた戦いに出向いたりするし。

ところで、将軍の婦人はデータのお母さんと同じ役者さんでしたね。
投稿者背番号26 日時2003/4/8 20:45
ジャッジアからエズリーになった時も色々考えさせられましたが、トリル族の話しは考えれば考えるほど複雑になっていくので止めておきます。 そういえばベシアはいつまでボケ役を演じているのでしょうか?
ビデオで今回のエピソード迄は持っています。次回の9話〜124話迄は初見のエピソードとなるので楽しみです。
投稿者一輝 日時2003/6/30 17:37
この様な裁判系 (?) の話は、TNG でも何度かありましたね。

しかし、あの調停人 (?) の、「夕食迄には終わらせたい」はい
いですねぇ。
現実の裁判も、そうあって欲しいものです。

確かにトリル族は、過去の人生の責任も負った上で合体するので
しょうが、命迄掛けるとは、ちょっと理解し難い所があります。

普通の意味で良にしたのですが、少し点数は引きました。
投稿者RYU 日時2003/11/19 13:41
トリルと法廷ネタの結びつきは少々退屈でした。
クリンゴンの時といい、今回の話といい、ジャッジアの意志の強さには感心します。
法廷ネタではなく、別の視点からストーリーを作っても良かった気はしますね。
投稿者makoto 日時2005/1/12 00:32
ラスト愛情ある夫人の「ご自分の人生を生きるのですよ」の台詞にわずかに微笑むダックス。トリルのダックスの紹介エピではあるがクールでお美しい...
オドーがクワークを「脅迫」するところは超本気。で、結局トリル人の一代前の罪の判例はどうだったんでしょう?
投稿者千尋 日時2009/4/25 14:04
ダックスを追い詰める将軍の息子は、「24」でローガン大統領を演じたグレゴリー・イッツェンでしたね。
何度もシリーズを見返すと、こういうふうに新しい発見があるから面白い♪

ドラマでは公聴会でしたが、例えばこういう裁判があったら、
自分はどう判決を下すだろう………。
裁判員制度が始まる年に、しみじみと考えてしまいました。
投稿者tomi 日時2009/12/13 08:58
アメリカンの好きな訴訟ドラマ。
その実はトリル族についての解説編。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | DS9