USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第19話 "Acquisition" 「獲物たちの罠」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号019 本国放送順18 日本放送順19
放送日2002/3/27
監督James Whitmore, Jr.
原案Rick Berman, Brannon Braga
脚色Maria Jacquemetton, Andre Jacquemetton
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 5 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第84号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
62/100点 [投票数 13]
感想 投稿者このは 日時2002/8/15 06:15
ニーリクス役でおなじみのイーサン・フィリップスが悪役!違和感あり。でもちょっと間抜けな強盗を好演してました。

下着姿で歩き回るトリップが笑える。本人大真面目なのにあの姿じゃあね・・・艦長にも無言のツッコミを入れられていて可笑しかった。Sleeping Dogsでもラストシーンで下着になってるし、#25のTwo Days &Two Nightsでも強盗に遭って下着一枚になってるし、「脱ぐ役」なんだろうか?

フェレンギ人が「商品になりそうな女」ばかり連れ出そうとしてたけど、(女性はどうみても10数人いるかいないかだった。じゃあ「だめそうな人」もいたの?)その中にホシがいて、トリップがとっさに叫んだ「この女はホシといって僕の妻なんだ」っていうの、でまかせなのか、後々の伏線なのか楽しみです。

あと、トゥポルの色仕掛け。彼女の「耳」に惚れるフェレンギも笑えるけど、彼女のウーマックス、上手なんでしょうか?
投稿者英二鹿 日時2003/3/18 01:53
今回は、従来のDS9やVOYで培った様式でしたが、心からは楽しめませんでした。趣旨はもう腐るほど解るので、もっともっと、もぉ〜っと面白くなれたんじゃない? という見方をしてしまうのです。それに、あれではフェレンギを弁護したくなってしまいます。いくらなんでも間抜け過ぎやしませんか。

細かいところでは、いろいろと意識されていてニヤリというのがありましたね。TNGで出てきたムチを使うフェレンギとか。お馴染みのウーマックス。ベバリー(僕は英語だとこう聞こえます)がやったときも勘弁して欲しかったですが、トゥポルさんにもさせますか。

また、22世紀のヴァルカン人の謎の一つが解けました。トゥポルさんもスポック・ピンチが使えました。でも、今回のトゥポルさんは、キャラクター造形から逸脱したような気がします。しなを作ったり、嘘をついたり、誹謗を責める仕草を見せるなど、人間に染まり過ぎですね。

それにしても、トリップくんは相変わらず主人公ですね。船長なんかおよびでないですよ。

そうそう、(催眠ガスに対して)ポートスはどうしたのかな? という疑問にしっかりと答えてくれた所はよかったです。にしても、フェレンギはペットの区別も付きませんか? なんでも耳ですか。

おそらく、人間とフェレンギのファーストコンタクトだったでしょうに・・・。製作者の皆さん、あれでいいんですか?
投稿者ふぁんとれ 日時2003/3/18 18:35
愉快な一話でした。
しかし、不満もかなりあります。

TNG(序盤)ではフェレンギはまるで守銭奴ブタ人間のように描かれていましたけど、それに比べるといくらかソフトな第一印象でした。 民族の個性がかなり丸くなっている傾向はこれより以前のエピソードに登場したクリンゴンにも言えます。

どんなに異質であっても異文化どうしが出会えばいずれは良くも悪くも変質していくのは歴史的に見ても避けられないことなので、DS9の結びでフェレンギやクリンゴン、カーデシアやドミニオンまでが大きく変貌を遂げたことにはいささか強引さを感じつつも納得が出来ますが、ENTにおける異民族との出会いは文字通り「ファーストコンタクト」なのですから、もっともっと大きな、埋めようもないほどの隔たりを感じるくらいにしたほうがよいと感じます。

中世の大航海時代以前、人々はものすごい異民族(怪物のような)が異国にはいると想像していました。その空想では肉体的に全く異形のものが想像図として描かれていましたが、実際に異国の地に住んでいたのは肉体的にはほとんど同じであるものの、風習や習慣が想像を絶するほど異質なものを持っている人々でした。

そのファーストコンタクトの衝撃ってのがこういう冒険物語の上では非常に重要なスパイス的おもしろさを醸し出してくれるいわゆる「オイシイ」ところなのに、ENTではそのへんを意図してか意図せずしてかはわかりませんが、できるだけ丸くカドをおとそうとしているように感じて残念です。

今後、シーズンが進むにつれて脚本家の視点がもう少し柔軟な方向へ広がってくれることを切に願うばかりです。 映像的にはかなり良い出来であるんですが、正直なところドキドキワクワク感がとても乏しいエピソードばかりで、見ていて少々退屈ですねENTは。
投稿者背番号26 日時2003/3/22 21:29
イーサン・フィリップス!!!!! どれがニーリックスなんだろう?結局最後まで区別がつかなかった。
フェレンギとのファーストコンタクトはTNGじゃなかったの(怒)
この時代は探査記録や遭遇した異星人のデータベースは作らなかったのか?! もう矛盾だらけでついていけない。 DS9であれだけ嫌いだったフェレンギが又今後もでてくるのかと思うとがっかり。異星人を登場させて無理にシリーズの一つとして認識させようとせずに、スールー(ミスターカトー)の先祖の日本人とか、鯨の絶滅課程・成長途中のヴィジャーとの遭遇などを描いて楽しませて欲しいのに、これではねー・・・・・・・・
余談ですがフェレンギってよく見るとエレファントマンに似てませんか?
投稿者 日時2004/2/11 02:24
久し振りにフェレンギを観て楽しかった。でも、それだけ…
投稿者(匿名) 日時2005/9/6 22:54
「埋め合わせする。」
なんかふつーのカップルに見えますね、あのふたり・・・
投稿者shado 日時2009/11/13 20:45
背番号○6さん あんたしつこい。この番組が嫌いなら見なきゃいいしここにもこなけりゃいい。うざい。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT