USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第58話 "Exile" 「孤独な亡命者」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号058 本国放送順57 日本放送順58
放送日2003/10/15
監督Roxann Dawson ロクサン・ドースン [VOY トレス]
脚本Phyllis Strong
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 2 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050
47/100点 [投票数 11]
感想 投稿者ころすけ 日時2005/6/24 21:46
ふーん、トラビスが気になるなんて、ねぇ...
あのいかにも危ない状況でホシを置き去りはないでしょう?本来の任務を逸脱しています。もし私がホシの親なら、何かあったら船長を訴えます。ホシはホシで拒絶の意志とガードの甘い服装が一致していない。説得力と引き換えのサービスなんていりません。偽船長に「一ヶ月の我慢だ」と言われてもトリックに気が付かないなんて、彼女の船長に対する信頼はあの程度と考えてよいのですね、脚本家さん?
いろいろ書きましたが、例によって必然性・説得力が大幅に不足しております。「青髭公伝説」風だけど、元ネタより怖くないし。
投稿者賢一 日時2005/6/24 22:43
久々サトウ少尉の登場ですね。でも吹き替えはやはり、岡さんの方が良かったです。なにか性格までも変わってしまったようです。そうか、復讐の旅では以前のような優しさなんかは無用だったんですよね。単独のストーリーとしてはまあまあ良かったとは思いますが、この領域に入ってからはクルーの笑顔やユーモアが全く見られないのはつらいですね。MrスポックとDrマッコイの会話、データのユーモア、セブンとドクタターの人間性の成長、ウォーフのクリンゴン戦士としての誇り、等等…何か一つでもあればいいのに。皆さんはどう思われますか?
投稿者ラコタ 日時2005/6/24 23:38
聞いていた話の通り、テーマは「美女と野獣」。
なんだか、登場してきた異星人がカニみたいだった・・・。
投稿者(匿名) 日時2005/6/25 12:50
第3シーズンになって、面白いと感じるエピソードが1話もない。
投稿者背番号26 日時2005/6/27 08:08
ようやくまともなエピソードかと思いきや・・・ 詰めが甘すぎるというか、脚本が中途半端というか、今一つ話しに深みが無く、後味の悪い作品でした。 ホシというせっかく魅力的なキャラクターを生かしきれていない内容にはがっかりさせられました。
重苦しい内容のエピソードが続いていますので、ユーモアたっぷりのお話が欲しいところですね。
投稿者レイン 日時2005/7/2 17:43
第3シーズンに入って初めて、大きな不満も感じずに見ることができたエピソード。
これまで好きになれない作品が5本も続いていたせいか、平凡なエピソードでも良作に見えてしまう。
「孤独な亡命者」の良い所は、ドラマの中に人間がちゃんと存在していることである。これまでの5作はアクションが中心で、エンタープライズのクルーの個性なんてあってもなくても一緒という感じだった。しかしこのエピソードでは、ホシという一人の女性が画面の中で普通に生きて呼吸している。私としては、ゾンビ相手のドンパチを見ているより、ホシの表情の変化やリアクションを見ている方が楽しいのである。
逆に第1〜5話が気に入った新しい世代のファンには、第6話はかったるく映ったかも知れない。
役者達の演技を丁寧に掬い上げているのは、役者出身の監督ロクサン・”トレス”・ドースンさん。ドースンさんの手堅い演出が、私は結構好きである。
ドラマ全体を包むゴシック・ホラー風の雰囲気が悪くなかったし、本筋とは関係のない、アーチャーとタッカーが空中に漂うシャトルを回収しようとするシーンも、お笑いコンビ復活という感じでなかなか良かった。
投稿者d 日時2010/1/2 20:24
「危険な任務だ。君に何かあっては困る。」
「いつか、君の気が変わるかもしれないからね。」
という言葉に救われた、かな?
幾ら孤独でも、そこまでやっちゃあなあと思って見ていたので…。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT