USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第59話 "The Shipment" 「兵器工場潜入」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号059 本国放送順58 日本放送順59
放送日2003/10/29
監督David Straiton
脚本Chris Black, Brent V. Friedman
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 2 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050
46/100点 [投票数 8]
感想 投稿者背番号26 日時2005/6/30 08:21
こんどは「猿の惑星」ですか。 暗い・異星人が出すぎ・艦長にカリスマ性が無い・内容が単調・ユーモアが無い・・・ もう駄目ですね。  声でニーリックスが出てたので、VOYが見たくなりました。 あっちの方が楽しいですから・・・
投稿者賢一 日時2005/6/30 22:38
この領域に入って初めて信頼出来る相手を見つけられたのは良かったと思うけど、兵器工場を破壊しなかったのはなぜでしょうか。これで少しは核心に近づいたんでしょうね。でも第三シーズンに入ってからは毎回内容が重たくて気楽に楽しく見ることが出来ません。ところでフロックスと仲の良かったカトラー少尉はもう出ないのかしら…
投稿者ころすけ 日時2005/7/1 23:38
潜入作戦なのに全然スリルなし。それにいきなり押し入って銃を突きつけて、誠意のカケラも態度に表さずに、何百万人も死んだなんて話をして信じてもらえるほうが奇跡。相手が船長のどこを見て信用したのかさっぱり分からん。余りにも工夫のない、ご都合主義で安直な展開にはもううんざりだ。
投稿者とし 日時2005/7/5 00:21
で、何??って思う内容で。スタトレの良さは、それぞれのエピソードにいろいろなテーマが盛り込まれてたんだけど、今シーズンに入ってからは、テーマが無い。ただただ、アーチャー船長の独り舞台で。アーチャー船長の責任の重圧感と悲壮感を出そうとしてるのかもしれないのだけど、観てるとイライラしながら異星人を見つけると怒鳴り散らす船長にしか見えないし。
投稿者d 日時2010/1/6 02:24
物語の都合でカットされたのかもしれないけど、あっさり侵入しすぎ(汗
アーチャーの言う事をそのまま信じる彼もどーなのかなー、と。。
投稿者LAKOTA 日時2010/10/31 00:04
これなら、少しはまともな話が出てきたと思える。
アーチャーが開発者に怒るのは当然のことだ。
例えて言うなら、原爆を落とされた広島、長崎の住民の子孫が、未だに核爆弾を開発したり、投下した人たちに対して謝罪を求めているように、あの兵器工場の工場長が、アインシュタインのような立場にあることを暗示しているようだった。
開発者が何も知らずに作った兵器が地球を攻撃したということから察して、「本当はズィンディも人と変わりがない」という意味を込めた話に思えるし、少しずつ、ズィンディの謎が明かされてくる話だ。

なんでもう二、三話、こういう話を早く描けなかったのかねぇ。
絶対、第3シーズンの中だるみが打ち切りの原因だろ・・・。(泣
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT