USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第71話 "Damage" 「球体創造者」

エピソードガイドへ
プロローグより
第3シーズン 製作番号071 本国放送順70 日本放送順71
放送日2004/4/21
監督James L. Conway
脚本Phyllis Strong
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 5 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040
41/100点 [投票数 36]
感想 投稿者74656 日時2005/9/29 00:46
これでいいのか????????
うおー!
投稿者NY 日時2005/9/29 01:01
なんか、自分が犯罪者になったような後味の悪さが・・・そりゃあ現実だったら、こういう選択するかもしれないけど。
投稿者SGZS 日時2005/9/29 01:36
初めて書き込みします。
TOS映画版以来のファンですが、最近のENTの凋落ぶりは見るに忍びません。スタトレの本来の精神を忘れているとしか思えない。
現代アメリカの混迷がそのまま反映されているようです。現実社会の諸問題に対して常に解答を模索するのがスタトレであったはずなのに…
投稿者JK 日時2005/9/29 03:14
STってそんな矮小なドラマじゃないでしょう…
回答の模索はSTの一面でしかないと思いますよ。


それに選択肢に悩んでる時間がこのシチュエーションでは無いんでは…?

彼らは攻撃の阻止という絶対目標に対して限られた技術・時間・手段の中で「実行する」という行為をしていかねばならない…
艦隊の誓いがどうだとか立派な行動模範が確立されている訳でもない中でぎりぎりの選択をしていっていると思いますよ。
またその辺が見所でもあると思うし。

自分が気に入らないシチュエーションだからキライとか、そういう感想が目立つというのは少しファンとして寂しい…
投稿者唖然 日時2005/9/29 07:50
これが、あのスタートレックのシリーズの一作と言うこと自体、認めたくないくらいひどい。シーズン3に入って以来、アーチャーの行動は、全く共感できない話が多く、正直見る気もおこらないが、今回は最悪。これから理想の連邦を築く男の行動ではありえない。こんな話し作ってるようじゃ、打ち切りになっても仕方ないと思える。こんな脚本にOK出したとは・・・。ロッデンベリーも墓から飛び出すんじゃないか。
イラク戦争起こしたネオコンの理屈を聞かされているような不愉快な気分である。これじゃ連邦作る前に、地球が宇宙の総スカン食らって滅亡するよ。ジェーンウエイもシスコも、必要に迫られて理念から逸脱する話はあったが、それなりに理解できるシチュエーションだったし、ここまで酷くはなかった。
スタートレック全シリーズ中最悪のエピだと思う。
投稿者USSパリ 日時2005/9/29 09:32
地球を代表する船の指揮官も、追い詰められると倫理に反した行動に出るという描写は説得力がある。過去にも(未来?)USSエクセターのトレイシー船長、カートライト提督、プレスマン提督、USSイクワノックスのランサム艦長等明らかに倫理に反した行動をとった艦隊仕官もいたがいずれもゲストで、今回のようにメインの人物がこういった一方的な行動に出たのは新鮮だ。賛否両論があるだろうが、一時の単調な内容よりは問題提起をした今回のような作品のほうがいい。VOYではここまで踏み切れなかったために、行動を正当化してしまい、かえってジェインウェイのキャラクターを悪く描いてしまったような感があったが、今回のように明らかにに倫理に反する行動として描くことは進歩だ。
投稿者NCC1701n 日時2005/9/29 13:16
ENTぼろぼろ、
ついでにとどめを刺してくれれば良かったのに〜〜。
とどめを刺されたところでENT第1話にリセット。
第一シーズンからやり直しになったとさ、めでたし、めでたし。

トゥポルの悪夢、
あのセクスィーな描写は本当に必要だったんだろうか??
投稿者(匿名) 日時2005/9/29 21:40
2桁単位の死者、麻薬、略奪とかなり暗い話でした。それに夢の中とはいえトゥポルとタッカーのあれは……。
22世紀の地球人はまだまだ未熟ということを再確認させるエピソードいうことでは良いかもしれません。
正直2度目を見ることに気が進まない話でしたが、まあこれも先の話の伏線としてそのうち活きてくると願うまでです。
投稿者ころすけ 日時2005/9/29 23:50
まあSTにダーティー・ヒーローを求めるんなら、どうぞお楽しみください。私は普通のヒーローを希望するので不可です。
トゥポルの感情の爆発に意外な理由付けがされたのを評価して10点つけます。
投稿者(匿名) 日時2005/9/30 19:36
水戸黄門でも見ておけばいい。
希望通りいかなかったら見れない未来なんて大嘘だ。
投稿者背番号26 日時2005/9/30 20:40
えっ・・・・あ然とした結末にビックリ。 いつから宇宙海賊アーチャーになったんでしょうか。 暗い・重い・必要性の無いセクシーシーン 演じてる役者さん達が一番辛いかも。 折角歴史あるエンタープライズのクルーになれたのに、この展開では演じてても嫌になるんじゃないでしょうか。 ENTから見始めたファンの皆さん、TOSやVOYを一度見て下さい。楽しくて面白くて病み付きになりますよ。ENTを批判している人達の意見が少しはわかるかも知れませんよ。
投稿者(匿名) 日時2005/10/1 00:41
ついにここまできたか!と言う感じです。正直言って、ENTは作り話なわけですから、もう少しストーリーを都合よく作っても許されるではないかと思います。「何もそこまでさせなくても」というのが本音であり、大変淋しい想いです。惑星連邦設立までには当然苦難の道があったと思いますし、この時代のクルーは当然未熟でもあったと思いますが、もう少しなんとかならなかったのかと、感じずにはいられません。ワープコイルだって、船の被害はひどいがコイルは無事だった位で止めといても良かったのではないかと思いますし、ストーリーとしても必然性を全く感じません。唯一、トゥポルの行動に理由付けがなされたことが、少し安堵しましたが、それでもバルカン人が薬づけ(トレリウムDづけ)になるなんてちょっと変。(理性で抑えてよ)たまたま別の船が航行してるなんて、もっと変だと言いたい。
投稿者NK 日時2005/10/2 00:07
第3シリーズは物語の設定自体が暗いから仕方ないのだけど、ただのサスペンスドラマみたいなんですよねぇ。スタートレックという縛りをはずしてみていれば、それはそれで悪し様に言われるほどひどいシリーズだとは思いませんが、これがスタートレックか?と言われれれば考え込まざるを得ません。

暗い話には暗い話なりに、なにかこう、余韻や、視聴者に何らかの哲学っぽい感慨を残すのがスタートレックシリーズを見ている上での期待値となっていますから・・・。

それに、DS9でもドミニオンとの凄惨な戦争継続中でも「がんばれナイナーズ(Take Me Out to the Holosuite)」みたいなお気楽な話もあったことですし、ENTもその程度の余裕は見せて貰いたいなぁと思うものです。

なんかね、作り手が生真面目すぎて、方に力が入り過ぎてるのかも知れませんねぇ。ストーリーをハード、シリアス、アダルト(18禁の意味にあらず)にしなければ、今までのシリーズを越えられないとかなんとか・・・。

しかし、ハードさなら艦内に異端分子を同乗させていたシリーズ前半のVOY、シリアスさなら泥沼の戦争に突入したDS9、アダルトなら数々の重いテーマを哲学的に昇華させていたTNGと、焦点を絞り込まないと、太刀打ちできそうもありません。

エピソードガイドによれば、第4シーズンの物語はこれまでの鬱屈を晴らしてくれそうな好エピソードが多そうなので、なんとか最後まで付き合ってみます。
投稿者 日時2005/10/2 13:47
第70話からの続きということで、少し期待してたのですが。拍子抜けさせられてしまいました。
投稿者(匿名) 日時2005/10/3 00:12
VOYの傲慢艦長って設定を作ったから、ENTまで可笑しな艦長にしても問題無しって思ったのかも?
最低シリーズはVOYだけにしといてクレ・・・
投稿者シュペー 日時2005/10/3 03:20
トゥポルの薬漬け以前にこの時代のバルカン自体が少数派への差別や戦争行為などまだ完熟してないんですからスポックのようなのを望むのは間違いなのでは?
バルカンでさえそうなんですからアーチャーたち人類も未熟なのは言うまでもありませんし、【24世紀では平和のリーダー的存在である惑星連邦の中心の地球人も過去にはこんな苦難や暗部があった】という方がリアルでいいと思います。

激しく批判なされてる方々は現代から過去の歴史を見るような気持ちでENTを見られるのがいいかと思います。初めから聖者のような完璧な地球人という方が不自然ですよ。
投稿者(匿名) 日時2005/10/3 15:59
前エピで艦が致命的なダメージを受けた時、てっきり、また「リセット」かと思いましたけどね。
確かにENTのストーリーは面白くない。
ただ、ジェインウェイ『提督』が自分と自分のクルーの運命をリセットするために、クリンゴン人から機械を略奪したVOYは『最高!』で、それに対し、全地球人の命を救うべく今回の選択をしたアーチャーだけがボロクソに言われるのかが、、、わからん!
投稿者左利き 日時2005/10/3 19:26
初めて書きます。

つめの甘い話だとは感じましたが、今までの話の中では結構面白かったと思います。(全シリース通して)

ま、次のシーズンで打ち切りって事はあまりこういう展開は万人受けしないみたいね。
私はこの手の話は好きなので今後も見続けようと思います。

スタートレックでこのはなしをするから面白いんだと思うけどな。

トゥポルの薬づけもいいね、今後に期待します。

次回がたのしみー。
投稿者幌愚羅夢毒多 日時2005/10/4 11:01
毎度このシリーズを酷評している自分ですが、よくよく考えてみれば、これを「スタートレック」として観ているから、TNG等と比較してしまって酷評してしまう。
今までのスタトレとは全然別物として観れば、それなりに考えさせられるテーマではある(今回も)
巨人はダメだ、ダメだ、と言いながら、それでも巨人戦を観てしまう巨人ファンと同じで、酷評しながら、やっぱりこれを観てしまうトレッキーの心理。
今年は、どちらも辛いものがあるw
投稿者(匿名) 日時2005/10/4 22:20
今回の話、自分たちだけ助かろうという考えは確かに良いとは思えません。正直私もあの決断には驚きました。でも、倫理に反してまで決断を下すアーチャー船長はすごいと思います。地球の運命を背負っているということが、船長・ENTのクルーの行動からひしひしと伝わってくるのを感じました。私は今後の展開が楽しみです!
投稿者レイン 日時2005/10/8 22:34
スタートレックはこうあって欲しいとか、こうあるべきだとかいう思いを捨てて、ENTを独自のシリーズとして鑑賞するきっかけになりそうな作品だ。
『球体創造者』は、「人は大義のためにどこまで悪に手を染められるか」というシリアスなテーマを、視聴者に反発や共感を引き起こせるだけの真に迫った形で提示している。
アーチャー船長は、「地球を救う」という大義のために、拷問、クローン殺しに続き、とうとう強盗にまで手を出すようになった。もはや惑星連邦の礎を築くことになる人物とは思えない汚れ様で、ENTスタート時の設定とはかけ離れた所まで来てしまった。
私が関心を持つのは、なぜアーチャーが悪に手を染めたかではなく、なぜ作り手達がアーチャーにそういう行動を取らせたかである。
ENT第3シーズンは、言うまでもなく9.11事件とイラク戦争の影響を受けている。私にはENTが、作り手達のイラク戦争に対するアメリカ国民としての意思表示だと思えて仕方がない。その意思表示とは、「たとえどれ程アメリカが手を汚そうとも、たとえどれ程アメリカが世界から反発を受けようとも、イラクと戦うアメリカをアメリカ国民として支持する」というものである。ENTが戦争批判の作品とは思えないのだ。
しかし、アメリカはイラクで自国の兵を数多く死なせ、罪のないイラク市民の命を数多く奪っている。その後ろめたさが、アーチャーの正当化しづらい悪行に投影されているように見える。そしてその後ろめたさは、過去のベトナム戦争の記憶さえ掘り起こしてしまったように思える。
独断で次々と悪事に手を染めていくアーチャーは、『地獄の黙示録』に登場した怪物、カーツ大佐の世界に次第に近づいていっている。トゥポルがトレリウム中毒だという設定も、これまで散々彼女をバルカン人らしくなく描いてきて今頃何だという感じだが、しかし見方を変えてベトナム戦争で死の恐怖から逃れるため麻薬中毒になったアメリカ兵の姿と重ね合わせてみると、妙なリアリティが感じられるようになる。
ベトナム戦争のように泥沼化していくENTの世界は、戦争の闇の奥に入り込んでしまった兵士達の悪夢を描いた作品だとも解釈できる。ここまで来たら、中途半端なヒューマニズムや通俗的なセンチメンタリズムに逃げることなく、悪夢の世界を徹底的に描いていって欲しい。アーチャーに対しても、さらなる悪の魔力を味わせて欲しい。
アーチャーは人の命に優先順位を付けて行動している。こういうやり方を押し進めていくと、優先順位が最も高い地球の同胞を救うために、何万人ものズィンディー市民を殺すところまで行き着くかも知れない。実際同じ理屈でアメリカ人は、過去に広島・長崎へ原爆を投下しているのだから。
ENTのここ数話を見ていて思い出すのは、TNGの第39話『戦慄の未来』のエピソードである。
あのエピソードの中でピカードは、執拗なまでに自分自身に「別の選択肢はないか?」と問い掛けていた。一方ENTのアーチャーは、「選択の余地は無かった」という言葉を何度も口にしている。この二つの言葉には、TNGの時代のアメリカとイラク戦争に突入したアメリカの違いが、明瞭に反映されている。私はピカードの方が、人としてのあるべき姿なのだと思う。「選択の余地は無かった」という言葉は、別の選択肢があったにも関わらず、その選択肢を選ぶ気がなかった時の釈明である場合が多い。
アーチャーにワープ・コイルを奪われた異星人達の行く末が気になる。彼等の行く末を描くか無視するかは、ENTの製作者達の人間性の問題でもある。異星人の船がアーチャー達に襲われている時、私は完全に異星人の側に立ってアーチャー達を見ていた。よく知っている人間であったはずのエンタープライズのクルーが、見知らぬ他人のように思えた瞬間だった。
投稿者(匿名) 日時2005/10/9 22:20
いや、現在のアメリカの心情を反映したドラマがあったって、そりゃ、構わないんですけどね。しかし、それをわざわざ、スタートレックのタイトルを冠したシリーズでやらなきゃならない必然性が判らない。

例えるなら、水戸黄門や暴れん坊将軍で、悪人を成敗した後で光國や吉宗が「悪人といえども、親兄弟や、彼に従っていた家臣もいただろうに、他に穏便に済ませる方法は無かったのだろうか」とエンディングで一人苦悩しながら終わるようなもので、そんな通俗時代劇は誰も見たくないでしょう。
(最近、日本のリメイクや、過去のビッグネーム作品のリファイン作品ではそういう独りよがりが流行っているようですけど)

そういうアンチテーゼを描くなら別の作品を構築すべきで、わざわざ、そのシリーズ毎のフォーマットを破壊してまでやるべき作業とも思えません。

スタートレックのタイトルを被せていなかった第1、2シーズンの方がまだ詰めの甘さはあったとはいえ、なんとか「らしさ」を保っていたのに、逆に「スタートレック」の名をタイトルに冠した途端にどんどん、理想系から乖離していきつつあるのはなんとも皮肉です。

第1、2シーズンでアーチャー船長が今のような無茶を繰り返し、それを省みて次第に連邦創設へと繋がる理想的な人物へ成長していくというような描き方の方が「ST」らしかったんじゃないでしょうか。

勿論、ENTをスタートレックの看板を掲げた別のシリーズと割り切れば、そんなに悪い作品じゃないですよ、これも。
作品のクォリティの良し悪しと、スタートレックとしてどうか、というのは別問題ですから。
投稿者トッティ 日時2005/10/22 13:24
確か、ENTはTNGより200年、TOSより100年ほど過去にさかのぼった話しですよ
ね?考えてみて下さい。今から100年前は私たち人類は何してましたか?第二次世界
大戦は60年前ですよ。明治時代ですよ。200年前は江戸時代ですよ。考え方も人生
観も倫理も違うのは当然だと思います。だって、江戸時代から引き継がれてるモノが
何かあります?日本語に関して言えば文字も違いますよ。このエピはありだと思いま
す。気持ちはわかりますけど。
投稿者pack 日時2005/12/16 18:17
私は皆さんと意見が少し違って・・

というのも
エンタープライズを撃沈寸前まで追い込めば
ワープ航行ができなくなっていてもおかしくない。
なのにズィンディはエンタープライズがそうなったのを知っていて
わざわざワープ必須な場所をランデブーポイントに
選び指示するのはいかがなものでしょう。
これではアーチャーにワープコイルを盗ませたいストーリーに見えます。

何もかも上手くいくストーリーを、水戸黄門様と例えに出された方がいらっしゃいましたが、これでは悪代官様です。

アーチャーの行動も理解できますし、倫理感の違いも納得できますが、それ以前にご都合主義さがでてしまって馴染みにくい話でした。
投稿者キャス 日時2006/3/12 18:11
このシリーズは嫌いじゃないですが、それだけに見るに忍びないエピソードです。クルーたちが悪役になるのはつらい。
それといつも思うんですが、アーチャー船長が強引なワンマンに感じるのは吹き替えのせいもあるのでは?もう少し苦悩や人情を感じさせるしゃべり方をさせてほしいです。
投稿者Atad 日時2006/5/22 17:51
これだけ感想があると被ってしまう意見もありますが、お話の
世界であるから好きな用に設定も出来るのに敢えてこのような
内容のものを作るのはこれはスタトレシリーズじゃないんだって
事を強調でもしたかったのでしょうか。
例えば今回偶然遭遇した異星人がワープコイルの予備を持っている
もしくはなくても影響はそれほど出ないみたいな設定で、無事
借り受けられたなら鑑賞後ここまで暗い気分にはならなかった
でしょう。
このシリーズとは別にENT開始前に期待していた連邦成立前後
の新種族とのファーストコンタクトや宇宙探索をベースにした
「スタートレックシリーズ」が見たいものです。
投稿者(匿名) 日時2006/5/23 11:08
極悪非道な行いをエゴ丸だしでやりながら「しかたなかった」と繰り返し身内で確認し合うのがなにより嫌な感じです。
こうなったらもういっそ開き直って悪役に徹するべきでは。
悪のアーチャー一味が宇宙で指名手配になるが諦め悪く宇宙を略奪と強盗をしながら逃げ回る展開になったらいっそ面白いかもしれません。
TNGより過去だから完璧な人間ではないのだ、という意見もあると思いますが、少なくとも現実の時間よりは未来の設定なわけで、現代人から見ても引いてしまう程バランス感覚のおかしいリーダーが「過去である」という理由で受け入れられるとは到底思えません。
投稿者エニグマ 日時2006/8/8 23:33
本作品は、今までの、ある意味で「ご都合主義的解決」で、
処理してしまう事も多いスタートレック・シリーズの中で、
そんな妥協を拒否して、主人公をとことん追い詰めた、
最高の作品の一つではないでしょうか?

同じようなシチュエーションになっても、カークの時代なら、
悪役クリンゴン船が登場して、カークお得意のブラフで、
ワープコイルを盗み出し、目出度し目出度しだったでしょうね(笑)。
今回だって、ズンディの非武装の輸送船が登場してきて、そこから盗むとか、
助けた異星人船がズンディに破壊され、その残骸を拾うと言う設定も可能だったと思います。
しかし製作陣は、あえてアーチャーに悪名を着せる設定にしました。
なんだかゴシックの構造みたいですが、わざわざ『トレリウムD』の海賊にも言及して…
ここに「キレイ事ばかり言ってられない」或いは、
「誰かが汚い仕事を引き受けけなけらばならない」と言う、
現在のアメリカを象徴するメッセージが込められているような気がします。
もちろん視聴率のために話題性追及もあるのでしょうが、
「ご都合主義的解決」を拒否したのは、一歩前進と思います。

ただ惜しかったですね、せっかくリード大尉をロイヤル・ネービー一族出身という設定にしているんだから、
ロイヤル・ネービーの元祖が海賊である事を思い出すべきでした。
英国人は海賊の出身と呼ばれる事を名誉にしてますよ。
(そして北欧人はバイキング、モンゴル人はチンギス・ハンの出身に)。
エンタープライズもズンディだけを相手に(陽気な)海賊していれば、
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のヒットもあるのだから、
視聴率アップしたかもしれませんよ!
投稿者しん 日時2006/8/17 22:40
己の正義の為には、どのような行為も許容され、正義は自分達
だけにあると云う現在のアメリカの理論そのものですね。
常にリベラルだったスタトレに、こう言う話を無理やり入れる
必要があったのか甚だ疑問ですね。脚本を書いた人の政治信条
が透けて見えるようで、気分の悪い作品です。
投稿者モ510型愛好家 日時2007/7/13 10:28
背番号26さんのこの発言「ENTから見始めたファンの皆さん、TOSやVOYを一度見て下さい。楽しくて面白くて病み付きになりますよ。ENTを批判している人達の意見が少しはわかるかも知れませんよ。」は侮辱にしか思えません。暴言です!あなたの発言は「ENTみたいな「クズ」を見ているなんて...」と受け取れそうです。ENTファンである私としては胸糞悪い発言です。私はENTを見ながらDS9やTNG、VGRに手を出していますが、アーチャーほど魅力は感じません(ついでに言えばカークも)。TNGは皆完璧すぎで、ご都合主義。DS9もドミニオン戦争付近は魅力はあるが最初のほうは...。VGRもあまり魅力を感じれない...。
確かにこの作品には賛否両論があるだろう。だが、「もはやSTではない」とか「宇宙海賊アーチャー」といった発言はいかがなものか。また、ご都合主義のTNGといつも比較するのもいかがなものか。こう考えてみよう。もし、Wolf359の戦いに向かうEnterprise-Dのワープコアが壊れた。直す時間も機材もない。丁度近くには民間の船が...。あなたはどういう選択をするか。地球が同化されるのを見るか、奪ってまで救いに行くか。たとえ奪ったとしてもTNGファンはせめないだろう。なぜか。TNGが好きだから?24世紀においては仕方がないから?ライカーの決断だから?地球の最後だからか?では、ENTではどうか?最初から否定的に見ている人だと、上記のような暴言ともとれる発言をするのではないだろうか?確かに私はTNGを否定的に見ているので魅力を感じないのかもしれないが、もし、上記の発言がENTを真に愛していて、愛情からというのはわかる。トッティさんもおっしゃるとおり、これは22世紀。ピカードの時代とは違うのは明白ですし、何もかしこもTNGと比較するのは...。まだTOSならわかるが...。
この話はエンタープライズをボロボロにしている(いつもはなぜか主役が乗った船はこうはならなかった)。個人的には自爆ネタや、主役の船がボロボロになるような話は好きでもあるので、新鮮に思えた。
確かに詰めは甘い。「爬虫類に見つかるからココ」とでも言えば印象は変わっただろうに。

少し感情的になりましたが、皆さんの発言を聞いて気になったことを述べさせてもらいました
投稿者Mr.kato 日時2007/8/4 13:52
アメリカでTNGが放映されたときに、あの物語が「理想の未来、明るい未来、忠実、正直、誠実」と言われていました。
つまり現実のアメリカと全く違ったものに見えたのです。

DS9のシスコ司令官のセリフを引用します。「連邦の窓の外を見てみろ、パラダイスだ。戦争もなければ疫病もない。楽園で聖者を気取るのはたやすい」

「日本の窓の外を見てみろ」

スタートレックは放映時でなく、放映後に評価が高まる場合が見られます。
ついにここまで成熟しましたね。
投稿者ラコタ 日時2007/10/23 21:42
>トッティさん
気持ちはわかります。
・・・だけど、スタートレックというのは、「将来こうなったらいいのになぁ」という理想に、現実の出来事を混ぜながら、
夢がありながらも、現実味の高い作品を見せるようなシリーズですよ?

そりゃ、あと150年で人間が24世紀の人間みたいな進歩が出来るなんて思っちゃいない。
だけど、それにしたって、これはあんまりだと思う。
「せめて、ジンディ船を襲えよ。」と思ってしまった。
あるいは、デルフィック領域が宇宙船の墓場みたいなところなら、そういう難破船から部品を回収するとか、
その難破船を、エンタープライズよりも技術的に高いレベルを持っている相手と取り合いになるエピソードとか・・・。
(例えば、遭難したオリオンシンジケートの船とか、一方的に攻撃を仕掛けてきた宇宙海賊の船とか・・・。)
せめて、交渉での駆け引きで解決して欲しかった。
その方がドラマとしても盛り上がったと思うのになぁ・・・。

TNGは、確かに今から見たら絵空事に思えるかもしれない。
だけど、前作の良い点を取り入れながらも、完成度の高いエピソードを生み出していた。

DS9も重たい話が多いですが、少なくとも艦隊戦や筋の通っているエピソード、
そして、シリーズを通して、キャラが成長していく話が主に描かれている秀作だと思いますし、説得力もある。

VOYの場合は、確かに、ジェンウェイ艦長の強引さが目立つかもしれないけど、パラノイアではないし、
ボーグがウヨウヨしているようなデルタ宇宙域では、必要な事だと思った。
TOSのような「人類未踏の地へ」というスローガンを再び背負って、臨んだシリーズだったし、ドキドキもあった。
・・・ENTと違うのは、少なくとも、キャラを崩しすぎてはいないと思う。

・・・これ以上は言いたくないが、それらがENTには欠けていると思う。
投稿者緊急用医療プログラム 日時2007/12/21 16:08
これは22世紀、という見方に大賛成。毎回緊迫していておもしろいですよね。きっと最終回には22世紀での船長やエンタープライズの行動が24世紀につながっていくことを願います。(まだ見てません。ドキドキ)
投稿者碓井玖 日時2008/6/5 14:09
アメリカ人は単純な御都合主義なハッピーエンドを好むと揶揄したがる人達がいるが実際はどうなのかここでの評価の低さが雄弁に物語っている。
良回。
投稿者ふぁる 日時2010/1/21 19:12
ピカードを呼んできてアーチャーをどやしつけてもらいたい。

エンタープライズが救難船に追いつくシーンでは思わず
「逃げて!!」
と思ってしまった
投稿者d 日時2010/1/25 00:04
光と影は表裏一体である。。

まあ、色々と批判されてもしょうがない回ではあるとは思う。
リアリティのある話しではあったので、「アリ」の回だろう。
まあそもそも1機で適地に途中させることがどうなのよって気も
最初からしてるわけだけど、それはおいといて。
TNGのように強力な後ろ盾があるところで悩むのとは訳が違う。

ただ…汚れ役をやってしまった船長は戦争後には
断罪されるべきだし、あの異星人のその後は描かないといけない。
投稿者(匿名) 日時2011/3/2 15:58
聖人君子があの24世紀の未来を築くことが出来るとは思えない。
すばらしい未来に繋がるのはすばらしい過去ではなく、苦悩し、決断し、後悔をする、そんな過去があるからこそ、それらから反省を見つけ、さらなる高みを目指す事が出来る。
そういうシリーズでしょ?
最初からTNGみたいな戦争も差別も過去も全て乗り越えた連邦を描くこと自体がナンセンスですよ。
だからこそ、このシリーズには最初 STAR TREK というタイトル自体外されていたのでは?(後にスタトレというタイトルが付いたことには納得できませんが)
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT