USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第78話 "Storm Front, Part II" 「時間冷戦(後編)」

エピソードガイドへ
プロローグより
第4シーズン 製作番号078 本国放送順77 日本放送順78
放送日2004/10/15
監督David Straiton
脚本Manny Coto
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 4」 (パラマウント) Disc 1 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040
44/100点 [投票数 16]
感想 投稿者インスパイア 日時2005/9/28 05:38
えっ?これで時間冷戦終了???というのが正直な感想。
1stシーズンから引っ張りに引っ張った時間冷戦ネタが
これでお仕舞いというのはイマイチ納得できません。

しかしダニエルズの不死身っぷりはスゴイな。
投稿者USSブリュセッル 日時2006/5/18 02:11
なんか時空冷戦が、雑に終わらせられてしまった気がします。それにエンタープライズの出迎えに、あれだけ船が来たのに、ジンディの攻撃のときに無防備だったのが納得できません。まあシュランを活躍させたかったからでしょうが、ボーグが地球に侵攻したときも無防備だったし、あれだけ重要な星の防衛が手薄過ぎる思います。バビロン5のように強力な防御衛星を配備しておくべきでは?ドミニオン戦争のブリーン襲撃も、案外簡単だったのかも・・・
投稿者sai 日時2006/5/18 16:55
エンタープライズって大気圏内も飛べるの?へ〜ぇ。

前回のシーズンに続いて3話連続だったけれど、回数の割には突っ込んでないね。「スタートレック」って感じがしない。かといってトゥポル、タッカー云々の「エンタープライズ」の乗りでもない・・・。時間移動のパラドックスも中途半端。物足りない。
投稿者提督 日時2006/5/18 17:40
どうせなら第四シーズンかけてもっと時間冷戦ネタを引っ張ってほしかったような。

ただ、一本のエピソードとして、もしあの異星人=時間冷戦の首謀者じゃなかったら面白かったかなとも思います。
余談ですが、最後のシーン、ヴォイジャーの最終回になんとなく似ているような気がしました・・・。
投稿者(匿名) 日時2006/5/18 23:48
ドイツ戦闘機スツーカとエンタープライズの空中戦。たまりませんでした。名シーンです。
投稿者ころすけ 日時2006/5/19 20:40
シリックが急に「ちょっといい人」になって死んじゃったのにはびっくりしましたが、ダニエルズが生き返ったってことはシリックも?
でもスリバンに対する攻撃が起こらず、別の未来で平和に暮らすのでしょうね。そしてこれまでのシーズンのスリバン関連の出来事は幻に...
今までのSTの場合、このようなケースでは記憶が残らなかったと思うのですが、今回はクルー全員記憶があるようです。STの流儀からすると「ダウト」かな。ま、ダニエルスのおかげ、ということで。
投稿者背番号26 日時2006/5/20 21:36
もはやこれまでよー いつから惰性で見るようになってしまったんだろう。DS9もVOYも毎回楽しみにして見てたのに。たまにはつまらないエピソードもあったけど、番組自体に興味を失う事は無かったなー。 自分が歳とったのかも知れないけど、ENTは10本に1本 ちょっと見応えがあるかな という程度。当然盛り上がる筈の時間冷戦終結も、昨今のタイムバラッドクス物の映画乱立の時代には合わないかも。 やはりカークとアーチャー 艦長の人間性の魅力の違いでしょうね。
投稿者みいみい 日時2006/5/27 06:09
僕は時間ものはSFとは思っていない。夢がなくなってしまうではないか。
こんなものを扱うんだったらシリーズ設定を遠未来の話にすればよい。
ENTはもっと、近未来ならではの素朴なストーリを期待していたのだが。
装甲板の技術を上げていったり、
どうやって転送機を人を運べるまで使いこなすようになったとか、
トリコーダーの開発経緯とかいっぱいある。
投稿者ST大好き人間 日時2006/6/7 20:51
ヒトラー総統のニューヨーク訪問の映像は結構笑えましたよ。前シーズンまでのセクシーバイオレンス路線から、お笑い路線に転向するのかな?と思ったくらいです。それと時間冷戦をバタバタと片付けたのは、これでは視聴率が取れないという判断があったからでしょう。何が本当の現実なのか解らなくなりますからね。タイムスリップ物は、たまに気分転換のエピソードとして挿入する位が丁度良いと思います。打ち切りが既に決まっているから今更何を言っても仕方がないんだけど、最終シーズンには期待が持てそうな感じがします。
投稿者(匿名) 日時2006/8/16 22:39
最初の作品は良いものもありましたが、ENTはダメですね。
特に4thになってからの内容は酷いの一言。
はっきり言ってENTはStar Trek の汚点になるでしょう。
投稿者Atad 日時2006/9/24 18:02
まあなんともお粗末な終わり方だけど、時間冷戦をさっさと
終わらせて別な方向へ話を持っていこうとしたのならこれで
もいいかも。
しかし工場を破壊するのに光子魚雷を2,3発撃ってたけど
「え、光子魚雷ってあの程度の威力だったの?」って感じ
でした。
シールドや分厚い装甲の宇宙船ならともかくシールド解除済み
の地上の建物なのにさっぱり威力がなかったような…

さて次回以降、ジンディーも時間冷戦もぱぱっと片付けた後
どのような話を持ってくるのかな?
投稿者エニグマ 日時2006/10/9 20:35
私は案外愉しめましたが、WWUフリークのためかもしれません。
冒頭の「ニュース・オン・パレード」のNYを訪問するヒトラーなんか、
当時の、どのフィルムを継ぎ接ぎしたのか推理したりして最高でした。

バーマン&ブラガが放り投げたお粗末な設定を、なんとかしのいで、
第4シーズンにつなごうとする熱意を感じられます。
私は会社員していますが、他人の放り出した仕事の後始末や、不手際の敗戦処理ほど嫌なモノはありません。
なのに『ENT』のスタッフもキャストも、投げてないのがわかり、嬉しかったです。

ニューヨーク上空でエンタープライズと空中戦を演ずるのは、
ドイツ空軍の急降下爆撃機ユンカースJu87で、
「スツーカ」は急降下爆撃機を意味する独語の短縮形です。
急降下爆撃機は全てスツーカなのですが、中でもJu87は最も有名なので、この機の代名詞になっています。
今回のように迎撃戦に出た事はありますが、戦車など地上目標を攻撃するのが役割でした。
ドイツ軍の科学技術力は優越していましたから、1944年にはもっと高性能の機体があったのに、
なぜ爆撃機の、しかも古いJu87を登場させたのか疑問ですが、
きっとアメリカ人にとって、ドイツ空軍の代名詞がJu87なのでしょう。
リードが(役に立たない!)軍事オタクぶりを発揮してJu87の装備を述べますが、これは正確です。
ただ吹替えでは「7.9o機関砲」となっていますが、ここは「7.9o機関銃」でないと。
主翼下に武器ポットをぶら下げるタイプは、WWU後期に登場したので、『ENT』の時代設定とピッタリです。
主にソ連軍相手に大活躍しましたが、この場合は爆弾は搭載しません。
しかし『ENT』では主翼にエネルギー砲(?)を2基ぶら下げた上に、
爆弾4発も搭載していて、凄過ぎ(笑)!
リード大尉の軍事オタクぶりを見られたので、点数は高くしました。
しかしJu87とP51の空中戦を見たかったな(爆笑)。
投稿者モ510型愛好家 日時2007/1/6 18:41
以外とあっさりして、びっくりしました。しかし、ダニエルスとの別れ(あのシーンは好きです)や、ボロボロになってもまだ帰れないクルーたちの奮闘振りは楽しませてもらいました(リードの軍事オタクにも)
投稿者ラコタ 日時2007/10/23 22:07
ある意味では、この「ドイツにアメリカが侵略された歴史」が、平行世界に繋がっていくのかもしれませんが・・・、
それにしたって、ちょっと待て。
第1シーズンから散々、時間冷戦のネタを引っ張ってきたというのに、こんなオチは反則だと思うんだがなぁ・・・。
投稿者d 日時2010/2/1 00:08
あれ?結局、シリックを操ってた奴とか解らないまま時間冷戦は終了なの?
ポッと出のキャラをやっつけて終了とか、どういうこっちゃ…。
投稿者(匿名) 日時2011/1/4 00:24
>「え、光子魚雷ってあの程度の威力だったの?」って感じでした。
同感ですが、地球上の市街地なので、周辺への影響を考慮して威力を下げて精密爆撃したのでは。反物質ミサイルなんだから、本来の威力は、きっと20世紀の水爆以上ですよね。

「光子魚雷は(反物質の量を変えることで)威力を調整できる」みたいな話は、ズィンディ捜索に出かける前の光子魚雷初登場の時に話していたと思います。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT