USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第88話 "Babel One" 「バベル1号星」

エピソードガイドへ
プロローグより
第4シーズン 製作番号088 本国放送順87 日本放送順88
放送日2005/1/28
監督David Straiton
脚本Michael Sussman, Andre Bormanis
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 4」 (パラマウント) Disc 3 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第89号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
79/100点 [投票数 9]
感想 投稿者城井 日時2006/6/10 16:22
非常に面白い!
まだ途中で、謎が謎を呼ぶ展開なので、この点数にしましたが。
ちょっと前のロミュランが、遂に出てきましたね。
テラライトとアンドリアの件は、各台詞でも、後の惑星連邦設立
への伏線となっていますね。
また、その同盟を恐れるロミュランの妨害もまた然り。
シーズン4になり、やっと、「惑星連邦設立」が見えてきました。
これを、シーズン1から徐々に増やして欲しかった。
しかし、シーズン4に入って益々面白くなっています。
打ち切りが何時決まったか知りませんが、この展開で何故打ち
切られるのか・・・?
投稿者USSブリュセッル 日時2006/7/27 01:31
第4シーズンに入ってから、面白いと思うエピソードが多く、その反面あと少しで終了であることを思い複雑です。それにしてもアンドリアはテラライトとも敵対していたんですね。またロミュランの遠隔操作の偽装船のアイデアも好きです。強いて言えばテラライト艦をもっとはっきりと見たかったです。このような展開にせめてもう1年早くなってくれっていたらと思わずにはいられません。次回が楽しみです。
投稿者ころすけ 日時2006/7/30 22:36
冒頭のシュランが艦を放棄するシーンではこれまでのENTの中で最高にハラハラしてしまった。準レギュラーにはフォレスト提督のような(死んでしまう)例もあるし、どうも個人的にシュランというキャラクターが気に入ってしまったらしい。
シュランのこれまでの行動やテラライトの描写にある種の素朴さ?を感じてしまうあたりから、陰謀に第三者が絡んでいると想像するのはそれほど難しくはなく、意外性はないが、実は遠隔操作、という種明かしはまあまあかな。
いずれにしても、アンドリアという種族に明確なアイデンティティーを与えたことはENTの功績のひとつと言えるのでは。
投稿者Atad 日時2006/9/29 03:38
いやあ、面白い!
続き物ということで点数は控えてありますが色々と楽しめ
ました。
ただかなり早い段階でこれは第三者の謀略だろうとは想像が
ついたし、だとするならばそのような事をやりそうなのは
ロミュランだろうなってのも簡単に予想できたので余り驚き
の展開とはなりませんでした、、、、と思ってたらラストの
あの展開。
アンドリアは連邦成立当初からのメンバーだとは知ってまし
たが、4シーズンはほんと連邦成立前の各種族の微妙な関係
が描かれていて非常に興味深いです。そしてそれらの関係の
中地球人が各種族と関わり時には仲を取り持ったり或いは
共に武器を取り合ったりしていってるんですね。
この時代地球とロミュランとは核兵器を大量に用いた凄惨
なRomulan Warがあったとされますが、アンドリアらとの連邦
成立の伏線と共にロミュランと敵対していく様子が描かれて
いるのも良いですね。

ところでスタートレックには外人をモチーフにした種族が時折
出てきますが(日本人は確かフェレンギだっけかな)テラライト
人は「挨拶代わりに言い争ってる」「イヌ科の動物がご馳走」
とかの言葉通りお隣の国の住人なんでしょうね。見ていて思わず
笑ってしまいました。よく特徴捉えてるもんだなあと
投稿者エニグマ 日時2007/1/6 22:34
何度見なおしても、第4シーズンの作品群には新発見がありますね。
特に本作品は「TOS」の設定も生かされていて面白かったです。
美味しい所は大体投稿されてしまっているので、
私が面白かった、些細な点を上げてみます。
1 トゥポルの結婚解消が明らかになること。
夫のコスは「バルカンの夜明け」で好人物と判明したので、残念でした。
もし第5シーズン以降もあったら、タッカーとの三角関係で再登場したかもしれませんね。
2 相変わらず?のリードのゴシップ好き。
もしかしたらセクション31(の前身)に所属していたことをほのめかす設定だったのでしょうか。
3 リードとタラスの破談?
なんでしょうかね?まさかシュランとタラスがくっつくとは!
「アンドリア人の協力」でリードとタラスは良い関係だったので、
本編で全然触れていないのは残念でした。なので−5点です。
これでリードは、全編を通じてレギュラーメンバーの中で、
一番もてない奴になってしまいましたね。
あのケルビー大尉ですらベッドシーンがあったのに(笑)。
4 ロミュランの急速な技術進歩の謎
アーチャーとトゥポルも不思議がっていましたので、
バルカンの最新技術を盗んだ物でも無い様だし、
計画通り第7シーズンくらいまで製作していたら、その謎も明らかになったかと思いますが、
またダニエルズ辺りが登場することになっていたのかも、と勘ぐっちゃいました。
投稿者d 日時2010/2/16 12:00
やはりロミュランでしたか…。
スピード感ある展開で、面白いです。
最後の種明かし?は母星ロミュラスからなんですかね。
第4シーズンになってからは面白い話しが多くて良いです。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT