USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT

Episode Promenade: エンタープライズ

第93話 "Bound" 「誘惑の甘い罠」

エピソードガイドへ
プロローグより
第4シーズン 製作番号093 本国放送順92 日本放送順93
放送日2005/4/15
監督Allan Kroeker
脚本Manny Coto
公式サイト画像・解説
メディアDVD: 「スター・トレック エンタープライズ DVD コンプリート・シーズン 4」 (パラマウント) Disc 5 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
73/100点 [投票数 12]
感想 投稿者インスパイア 日時2005/9/29 06:28
エピソードとしては凡庸と思う。

しかし、オリオン女のセクシーダンスが良かった(笑。
ありゃアーチャーじゃなくてもメロメロだわ。

エンタープライズ女性クルーの反応もナイス。
投稿者城井 日時2006/6/12 16:44
オリオン連合って、オリオンシンジゲート?
TOS「惑星オリオンの侵略」とは関係あるんだっけ?
で、一話完結ですが、TOS風味の会話もあって、いい感じです。
まさかオリオンの実体がそんな事だったとはねぇ。
でも、一体何がやりたかったのかよく分かりませんが・・・
また、散々引っ張っているトリップとトゥポルの関係が、こんな
所で使われるとは。
本当に、シーズン3のズィンディ編も面白かったし、シーズン4
の数話で完結する方式のエピも、全て上質エピばかり。
打ち切りは一体何時決まったのか・・・
しかし、見つける事は出来ても採掘の技術がない、って変。
投稿者USSブリュセッル 日時2006/8/31 01:32
第4シーズンはヴァルカンやアンドリア、セクション31等の設定が魅力的で、キャラも少しずつよくなってきて面白かったが、今回オリオンに興味を持てないにも関わらず、クルーの魅力だけで面白いと思えた。ただトラビスとホシには相変わらず魅力は感じませんが・・・それにしてもタッカーの後任はあまり重要なキャラではないとはいえ、貫禄なさすぎ。また最近トュポル、タッカー、リードがどんどん魅力的になってきている感じがします。
投稿者LALA 日時2006/8/31 02:40
男は女を従属させてると錯覚してるが、
実は男が女の奴隷なのだ。操られているのだとは
もんのすごいテーマ!
今の現実社会を見ても、過去の歴史をひも解いても
いかに多くの英雄・政治家たちが
たかが一人の女に影響され、時には失脚してきたか。
いや、平民である私も確かに操られている。妻という女に。
投稿者だぞう 日時2006/8/31 22:38
「どれほど好ましくない種族にも見習うべき点はある」
というトゥポルの言葉がとても印象深かったです。
本当に第4シーズンの充実ぶりには驚くばかりです。
間もなくのスーパードラマTV、まるごと40時間で全話が
見れてしまうのが嬉しいやら悲しいやら。。。
投稿者S'Kal 日時2006/9/2 18:13
バルカン人のカトラを引き受けたことのある船長に「免疫」がなかったのが疑問に残ります.
ここまでサブキャラを丁寧に描いてきていないこともあって仕方ないのでしょうが、ブリッジを女性クルーで埋めて欲しかったところでした…
投稿者さや 日時2006/9/7 01:01
あらゆる差別の解消が一つのテーマとなっているSTなのに、オリオンの女奴隷を喜ぶ男性クルー(TOSのチャーリー(スコット)など)の存在が問題点として残っていて、
その批判をかわすために何とか形をつけたエピソードという気がした。

その為か、オリオン女性からの影響は、他の舟に移動しても残るの?とか
なんでアーチャーは、オリオン女性の警護を女性クルーに任せなかったんだ?などのあらが目立って仕方がない。
投稿者エニグマ 日時2006/11/2 06:30
相変わらずエンタープライズのセキュリティは甘いですね(笑)。
男性クルーがフェロモンで支配される事がわかっているのに、
女性保安部員や女性軍事攻撃隊員の配置を考慮してないのは、
ストーリーを展開させるためとはいえ、お粗末かと。
ますますリード大尉の能力には疑問符がつきます。
解決にトゥポルとタッカーの関係を持ち込んできましたが、
さすがにこのネタ、使いすぎの感があります。
もっと別の解決方法を考えても良かったのでは?
トゥポルの精神融合でアーチャーが予防しておく手もあったろうし、
ゲイのクルーがいても良かったでしょうし。(候補はリード?)
機関主任がオリオン女性の影響で酷い目に会うのは、
TOSからの伝統になっているのでしょうか?
今回、サブキャラのケルビー機関主任の大活躍(?)と、
タッカーの願望を読む名推理は感激モノでした。
タッカー復帰後も機関部員をしていたようですし、
もしも5、6シーズンと続いていたら、
私はケルビーの熱狂的ファンになったかもしれません(笑)。
投稿者ラコタ 日時2007/1/12 00:19
打ち切られた理由を引っ張っているのは、やはり、第3シーズンが原因だと思います。
無理な路線変更をしたのがまずかったなぁ。
この第4シーズンのエピソードがまるごと第3シーズンに回っていてくれれば・・・。
何しろ、第3シーズンの場合は前作類からのパクリが多いのは一目瞭然。
反面、第4シーズンには新鮮味のあるエピソードがギッシリと詰まっている。

今回の話も、その新鮮味のある話の1つだと思います。
オリオン人が出てくるのは、TOS以来だと、ENTしかないですからね。
これだったら、リイランとハイドランの抗争を描ければ、シリーズ的に面白い展開になっていたかもしれない。
投稿者d 日時2010/2/23 23:58
オリオンの女性、おそるべし…
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | ENT