USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS

Episode Promenade: TOS

第34話 "Amok Time" 「バルカン星人の秘密」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号34 本国放送順30 日本放送順34
放送日1967/9/15 DVD [英語]
第17巻
Amazon.com
宇宙暦3372.7 [西暦 (2268)年]
監督Joseph Pevney
脚本Theodore Sturgeon
1968年度ヒューゴー賞 ノミネート
メディアビデオ: 「スター・トレック 宇宙大作戦」シリーズ (CIC・ビクタービデオ)
LD: 「スター・トレック<TVセカンド・シーズン>」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集」 (パラマウント) 第2シーズン Disc 1 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第53号収録

DVD [本国]: 第17巻収録 (Amazon.com)※米国のDVDは日本国内の一般的なプレイヤーでは再生できません
小説ハヤカワ文庫「宇宙大作戦 地球上陸命令」収録 『狂気の季節』
前前のエピソード 次のエピソード次
メモ 第2シーズン・プレミア [本国放送]
点数
10203040506070
71/100点 [投票数 11]
旧E.N.H.
コメント
考えさせられるものがあった
感想 投稿者アールグレイ 日時2001/4/14 03:43
ドクターに注射を打たれて仮死状態になっていただけのカークに、思わずスポックが「ジム!」と呼びかけるところがいいですね。バルカン人を理解するために是非見て欲しいエピソード。バルカン星の様子もよくわかります。
投稿者城井 日時2003/3/6 22:29
・上級士官 (?) は、秘書の (?) 女性が食事を運んで来てくれるんですねぇ。(;^_^)
・チェコフが子供みたいだ・・・(;^_^)
・絶対秘密にするから話せ、で、話してしまうとは・・・(;^_^)
・あれだけ科学が進んでいるのに、あんな太古の伝統を守るとは
殺し合いだし。。
クリンゴンならともかく、論理的なバルカンなのに、変では。
・バルカン語らしき言葉も結構出てきたし、あの儀式の意味が、よく分かりません
けど・・・
・カークは決闘を受けて、勝つ気でいますが、勝ったら、プリングと結婚する事に
なる、って事、分かってない様な。(;^_^)
また、勝ったらどうなる、負けたらどうなる、って事を、普通は事前に聞くと思
うけど。(;^_^)
・何故ドクターのドーピングが許可されるんだ?(;^_^)
・ちゃんと死亡したのを確認しないなんて、適当な儀式だ。(;^_^)
・何故、バルカンへの寄港は、艦隊司令部から許されたのか。
・第 2 シーズンだからか、終わりの音楽のアレンジが変わった様な。
・しかし、あの時期が始まる事が分かっていたなら、予め、休暇を取っておけば良
かったのに。
・このエンタープライズの最高速は、ワープ 8、なんですね。
常時出せるスピードが、かな?
・決闘か何を選択するんだっけ?忘れてしまった。(;^_^)
・カークが生きている事が、後で分かっても問題はないんでしょうか。(;^_^)
投稿者背番号26 日時2003/4/11 20:25
ポンファーが初めて紹介されたエピソードですよね。初めて見た時はわけが解らなかった記憶があります。 カークもマッコイもバルカン人の事を全然知らなかったんですね。 アーチャー船長はデータベースに何も残さなかったのでしょうか? それとも初期の連邦は故意に嫌いなバルカン人の記録を抹消したのでしょうか? ENTとTOS、クリンゴンの外見以外でもどんどん矛盾点が拡大していきますね。
明日はついに「ネメシス」です 楽しみです。
投稿者Kanaru 日時2003/6/30 18:50
カーク・スポック・マッコイの友情に焦点をあてただけでなく、バルカン人の設定をより深いものにした意欲的な作品で、意外性もあって、「物語としては」面白かったと思います。
しかし、ボンファーは生理的作用ですから仕方ないとしても、死をかけての決闘というのはどう考えても非論理的です。バルカン人をこういう設定にしてしまったというのは、とても残念です。
本当にカークが死んでいたら、この結果に誰も納得できないはずです。
最後にカークが生きていることを知ったスポックの反応は、面白かった。笑えました。
なお、チャペルがスポックに好意を抱いているのは明らかだと思いますが、もう少しそれを生かした描き方もあったのではないでしょうか。
投稿者レイン 日時2006/6/11 23:11
ポンファーはいいとして、カリフィーの儀式がどうもしっくりこない。論理を重んじるバルカン人の特性と、野蛮さ丸出しの儀式の結び付きに、あまり説得力が感じられなかった。他のシリーズで描かれていたクリンゴンの儀式の方が、種族の特性をずっと上手く表現していたと思う。
投稿者かあさん 日時2006/8/4 23:12
「おかしなおかしな遊園惑星」の時もそうだったが、スタージョンの脚本は、人工的すぎて説得力がないように感じられ、私には合わない。最後のプリングの変心をもっと劇的に描けば、「意外な大どんでん返し」といった感じになり、キリッと引き締ったろうに。
投稿者KTL 日時2006/9/28 09:56
ロミュランにもポンファーはあるのかな?
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS