USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS

Episode Promenade: TOS

第46話 "The Gamesters of Triskelion" 「宇宙指令! 首輪じめ」

プロローグより
第2シーズン 製作番号46 本国放送順45 日本放送順45
放送日1968/1/5
宇宙暦3211.7 [西暦 (2268)年]
監督Gene Nelson
脚本Margaret Armen
メディアLD: 「スター・トレック<TVセカンド・シーズン>」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集」 (パラマウント) 第2シーズン Disc 4 収録
小説ハヤカワ文庫「宇宙大作戦 上陸休暇中止!」収録 『トリスケリオンの賭博師たち』
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050
47/100点 [投票数 8]
感想 投稿者the fez 日時2002/10/29 04:30
邦題があほくさい。
内容もちゃちなB級。
宇宙では何があるかわからんからねー
投稿者城井 日時2003/3/25 17:31
・カーク達を連れ去った技術は何だろう?
転送ではないし・・・
・仕方がない事ですが、どの星のヒューマノイドタイプの生命体にも、男と女が居て、
カークは、愛情表現として、その女の方と、キスしてますよねぇ。(;^_^)
別の星の生命体なんだから、愛情表現は異なるかもしれないのに。(;^_^)
・しかし、また、形は違えど、「全能の力」を持った存在、ですよね。
確かに、エピソードを作るのは簡単かもしれませんが、夢オチみたく、安易です。
・あんな状態で、貨幣 (の様な物) を賭けていますが、買っても負けても、全然意味
がない様な・・・
・カークは黄色ゾーンから出てはいけない筈なのに、結構片足は出てますね。(;^_^)
・3 対 1 で闘う筈だったのに、何故、3 人倒した後、あの女が出てくるんだ?
・しかしカークは強いですねぇ。
でも、幾ら自分達が助かる為とはいっても、他のスロール 3 人を、あっさりと、
殺してしまいましたね・・・
・3 人の中の、頭の白い人って、以前のエピソードで、テロの犯人をやった星の人で
すよね
投稿者背番号26 日時2003/4/28 21:36
マモーは宇宙に飛び立っていたんだ! ルパンに殺されたと思っていたのに・・・  スロールのお姉さんハイジでした。
邦題は最悪でした・・・
投稿者Kanaru 日時2003/7/9 21:57
皆さんがおっしゃるように、邦題がひどい。当時は「宇宙〜」というのは、はやりの言い方だったと思いますが、ちょっと見る気をなくさせる邦題です。
内容も、やっぱりB級SFでした。
カークとチェコフとウラという組み合わせは珍しいと思いましたが、結局は、カークの1人舞台でした。しかも、単なる肉体的な戦いと、いつもながらの色男ぶりの発揮。
船内のスポック・マッコイ・チャーリーの会話が面白かったぐらいです。
カークと戦ったスロール3人のうちの1人は、アンドリア人のように見えましたが、だとすれば連邦の一員。あっさり殺してよかったのかな。
投稿者レイン 日時2006/6/27 23:36
「宇宙指令! 首輪じめ」というタイトルが、個人的にはツボ。このタイトル、大好き!

カーク船長の格闘技や口づけ攻めが見られて、肉体派カークの面目躍如たるエピソードではあるが、見終わって密かに心に残ったのは、カークに恋心を抱く女戦士シャーナのこと。
私の大好きなカルトSFの主人公バーバレラのような衣装を着たこの女戦士は、とりたてて美人でもないし、場末の劇場の踊り子さんのような侘し気な雰囲気を漂わせている。なのになぜだか妙に心を引きつけられる。それはたぶん、作り手達にこのキャラクターに対する「愛」があって、それが見ている私にも伝染していたからだと思う。
ENTでお笑いのような死に方をさせられてしまった優性人類のリーダーが、作り手達に愛されなかった可哀相なキャラクターだとするなら、シャーナはその反対である。実際このエピソードの登場人物全員の中で、一番最後に画面に大写しになる特権を与えられたのは、主人公のカークではなくシャーナなのだ。
シャーナを演じた女優Angelique Pettyjohnさんのミニ・バイオグラフィーをIMDbで読んだが、哀しくも感動的なバイオグラフィーだった。Pettyjohnさんはスタートレックのコンベンションでも人気者だったようだ。
投稿者かあさん 日時2006/8/31 19:51
カークが思う存分暴れまくります。見所はそれだけ。特にウラが格闘しなくても、良かったんじゃないのか?
投稿者DeepSpace X 日時2008/11/30 21:34
今見ると深い。われわれが、“進んだ文明”であるアメリカに支配された「スロール」になっているのではないかと考えさせられる。アメリカ流に考えれば、「スロール」の一人や二人が犠牲になったところで、“必要最小限度の犠牲者”で片付けられてしまう話なのでしょう・・・。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS