USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS

Episode Promenade: TOS

第75話 "The Way to Eden" 「自由の惑星エデンを求めて」

プロローグより
第3シーズン 製作番号75 本国放送順75 日本放送順73
放送日1969/2/21
宇宙暦5832.3 [西暦 (2269)年]
監督David Alexander
原案Michael Richards, Arthur Heinemann
脚色Arthur Heinemann
メディアLD: 「スター・トレック<TVサード・シーズン>」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集」 (パラマウント) 第3シーズン Disc 5 収録
小説ハヤカワ文庫「宇宙大作戦 メトセラへの鎮魂歌」収録 『エデンへの道』
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050
47/100点 [投票数 8]
旧E.N.H.
コメント
スポックが歌う。 へんな科学者も最高! - スポック杉本
感想 投稿者memorybeta 日時2002/4/18 07:09
はじめてみた時は実感が湧かなかったけど、21世紀に入ったとたんの狂信的テロを思うと今さらながら恐い。結局いつまで経っても人間て訳が分からん
投稿者城井 日時2003/5/15 19:37
・最初の場面で、ウフーラが居ませんね
・ったく、あぁいう、頭の凝り固まったろくでもない宗教団体は、大昔から、ホント、迷惑ですな
何を言っても、絶対に、一切、聞きゃしないし
・今回は、チェコフが担当ですね(;^_^)
・カトーの趣味は園芸だったのか(;^_^)
・こんなに沢山歌が入るのは珍しいですね
ミュージカルじゃないのに(;^_^)
・あの中の一人、スポックみたいな技を持ってますねぇ
・しかし何故、あの音楽を船内に流してるのか?(;^_^)
・何故、「補助」なのに、全て操作を奪えるんだろ(;^_^)
それに何故、エンタープライズの操縦法を知ってるのか(;^_^)
コンピュータの扱い方とか
・エデンなんて伝説の筈では(;^_^)
3 時間の距離で簡単に見つかるなんて(;^_^)
しかも、エデンの情報も何もないのに、どうやって特定したのか
・超音波で、廊下の人達や医療室のマッコイ達が倒れる場面、って、盗まれたスポックの頭脳で最
初に倒れる場面の使い回しでは・・・(;^_^)
・転送の座標を 0 にする、ってのは、どういう意味なんだろ?
・植物は触ると火傷するのに、果物の果実は大丈夫なのか?(;^_^)
・全く、あんな状態になっても、エデンは出ない、なんて言うとは・・・
呆れ果てますね
・領域侵犯したのに、今回は、全然ロミュランが出てきませんでしたね
普段なら、入った途端見つかるのに(;^_^)
まぁ、今回のエピソードにロミュランは無関係ですが・・・(;^_^)
・エデンの植物が有害だとかは、分からなかったのか?
・果物を食べて一人死んでいるのに、何故セブリンも食べたのか
投稿者背番号26 日時2003/6/11 20:17
ハイジが又登場! ストーリーはよくあるパターンで新鮮味に欠けました。 チェコフにロマンスは似合わない。軟弱に見えてしまう。
投稿者Kanaru 日時2003/8/8 22:12
よくわかりませんが、放映当時のアメリカの若者たちの風俗を取り入れた作品のようです。
歌が多いのもそうだし、ちょっと珍しい雰囲気のエピソードですね。
ああいう集団というのは、はっきりいって、むかつきますね。
あれで、全員が無事救出されるという結末だったら、ちょっと許せない気がしました。
犠牲者が出ても当然のむくいです。
前々回がチャーリーで、今回がチェコフ。
ようやく脇役のレギュラーにも脚光があたってきた感じですが、もう最終回が近いですね。
ところでロミュランに発見されたら、どう対応したのでしょうね。
今までのエピソードから考えて、対話で解決できる相手ではなかったはずですが...
投稿者レイン 日時2006/8/6 18:24
あの異星人達は、ヒッピーを連想させるというより、もろヒッピー。例えがあそこまで露骨だと、見ている方も脱力する。
中身はというと、いわゆる体制派のブルジョアが、ヒッピーに理解のある所を見せながらも、内心馬鹿にしながら作っている風に見えた。もっと若者受けを狙うのであれば、ママス&パパスをゲストに呼んで「カリフォルニア・ドリーミング」を歌わせて欲しかったし、ヒッピーを批判するのであれば、ヒッピー星人がマリファナを吸ってラリっている場面を挿入して欲しかった。
投稿者かあさん 日時2007/2/19 21:35
科学文明を否定した理想の社会の希求という現代的なテーマを、科学万能のSFドラマの中で取り上げるという試み自体は、興味深いものがある。しかし、究極の楽園エデンが簡単に見つかったり、普通にしていても行けたはずのエデンに(だって無人惑星なんだから保菌者の博士が行ったって全然問題ないでしょ。)、大量殺人未遂を引き起こしてまでして行こうとする理由がないなど、途中からストーリーは完全に破綻している。理想とした科学以前の社会が、人間にとって必ずしも幸福ではないという事実をもっと掘り下げれば、深いテーマになったろうに、植物が毒を持っていたというだけでは、何も伝わってこない。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS