USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS

Episode Promenade: TOS

第8話 "Charlie X" 「セイサス星から来た少年」

エピソードガイドへ
プロローグより
第1シーズン 製作番号8 本国放送順2 日本放送順8
放送日1966/9/15 ビデオ [英語]
Charlie X
Amazon.com
DVD [英語]
第4巻
Amazon.com
宇宙暦1533.6 [西暦 (2266)年]
監督Lawrence Dobkin
原案Gene Roddenberry ジーン・ロッデンベリー
脚色D. C. Fontana
メディアビデオ: 「スター・トレック 宇宙大作戦」シリーズ (CIC・ビクタービデオ)
ビデオ: 「ニュー・デジタル・マスター 宇宙大作戦 完全版」シリーズ (CIC・ビクタービデオ)
LD: 「スター・トレック<TVファースト・シーズン>」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集」 (パラマウント) 第1シーズン Disc 1 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第82号収録

ビデオ [本国]: Amazon.com
DVD [本国]: 第4巻収録 (Amazon.com)※米国のDVDは日本国内の一般的なプレイヤーでは再生できません
小説ハヤカワ文庫「宇宙大作戦 見えざる破壊者」収録 『チャーリイの法則』
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
58/100点 [投票数 13]
旧E.N.H.
コメント
日本語化のスタッフは"Charlie"のエピソードがあるのに何故、スコッティを「チャーリー」という名にしたんでしょう? - あたばくん
感想 投稿者DREXLER 日時2001/2/7 01:54
のッペらぼうにされた人の顔がチープで良い。

最後はちょっと悲しかった。
投稿者memorybeta 日時2002/2/4 07:39
結局超能力者というのは生きていけないのか。他に解答は見つけられないのだろうか?
投稿者城井 日時2003/2/23 17:29
・エンタープライズの乗員は、428 人なんだ。
・ジェニーという女性な、何なんだろう?
大昔、TOS を見ていた頃の記憶には、あの人は残ってないんですよね・・・
・プレゼントを見て、「この船には売ってない」と言ってましたが、この時代
には、「お金」はまだあるのかな。
・カークの服が、普段と違いますね。
・感謝祭の習慣は、まだ残っているんですね。
・また、超能力系の話か・・・
・私は子供が嫌いなのですが、このエピソードの主人公には、とてつもなく、
腹が立ちますね。
あの餓鬼の行動は、不愉快極まりない。
・最後の場面では、溜飲が下がる思いですな。
・結局何を訴えたいのか、この脚本のメッセージの意図が、分かりません。
投稿者背番号26 日時2003/3/5 20:40
スコッティに安易にチャーリーなんてつけるからチャーリーがピーターになってしまいました。Qと対決したらどっちが勝つだろう?
投稿者rndseed 日時2003/3/6 06:40
ホラーの要素と救いの無いラストがTOSらしいと思います。柔道らしきスポーツのシーンではカークの露出に違和感が…。
投稿者つりきち 日時2003/4/3 18:37
Qの元ネタですか?
投稿者Kanaru 日時2003/6/6 18:37
超能力少年の目つきが、いやな目つきでしたね。こういういかにも社会性のない性格の若者って、実際にいそうな気がして、いやな気分になりました。
また消滅した船を含めて、多くの犠牲者が出ましたが、レギュラー陣は無事ですね。
投稿者すとんこ 日時2003/8/15 23:04
Qの元ネタです。Qがそのように語っています。TNGのDVD特典映像インタ
ビューにて。
投稿者banchoo 日時2006/3/20 22:39
「スコッティ」だと「スポック」と発音が似てるから日本人にはなじまないと判断した為だそうです。カーク「船長」も「艦長」だと戦争をイメージさせる為(当時のベトナム戦争の連想を避ける為)「船長」になったそうですよ。
投稿者レイン 日時2006/4/18 20:12
超能力少年の我がままな振る舞いに、過保護に育てられた子供の嫌らしさみたいなものがよく出ていた。この少年がもたらす不快感のせいか、このエピソード自体が好きになれなかった。
投稿者かあさん 日時2006/5/24 00:28
いつの時代にも、「切れる若者」はいるもんだ。それに対するカーク船長をはじめとする大人たちの対応は、大変立派。常に「子供は本来未熟なもので、大人が正しく導けば、いずれ成長する。」という視点に立って、我慢し続けている。子供と向き合えず、やたらと異物排除を叫ぶ現代の大人たちを思うに、幼稚になったのは、子供ではなく、大人の方かもしれない。こんなことまで考えさせるこのドラマは、やはりすごい。
投稿者マスター 日時2006/12/13 23:36
ピーターはエンタープライズを乗っ取ってからは誰も消していないと
カークは言っていたが、女性士官を爬虫類にしたり、
のっぺらぼうにしたりと、かなり凄いことをやっていましたね。
でも、最後は、カークの人柄がよく表れていました。
ここまでやられたのに、少年をかばっていましたね。
こんな心の広い人間になりたいですね。
投稿者カモミロ 日時2008/5/8 12:36
・スポックの演奏でウラが歌うのが何か良かったです。
最初は演奏に割り込んできたウラに少し不機嫌そうだったけど、ウラのハモリを許したスポックが少し微笑んでいるように見えたのが人間の部分のスポックがかいま見えてよかったです。

この回は黄の服と緑の服を着てましたが、船長の服が途中不自然に入れ替わるところがありましたが気付きました?
ウラに呼ばれカークとピーターがエレベーターに乗る前と乗った後です。
ストーリーには関係無いけど完全な制作ミスですね(笑)
投稿者(匿名) 日時2008/12/20 04:19
この少年は事故により人間と隔絶していたために社会性がないわけで
かわいそうと思いこそすれ、むかつくという人の気が知れません。
そういう多面的な味方が出来ない人がスタートレックを見て
理解できるのかとても疑問です。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TOS