USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第146話 "Unimatrix Zero, Part I" 「聖域ユニマトリックス・ゼロ(前編)」

エピソードガイドへ
プロローグより
第6シーズン 製作番号246 本国放送順145 日本放送順146
放送日2000/5/24
宇宙暦不明 [西暦 2376年]
監督Allan Kroeker
原案Mike Sussman
脚色Brannon Braga, Joe Menosky
公式サイト予告編・画像
メディアDVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 6」 (パラマウント) Disc 7 収録
DVD: 「スター・トレック ボーグ・ボックス」 (パラマウント) Disc 4 収録 (テキスト解説あり)
前前のエピソード 次のエピソード次
メモ 第6シーズン・フィナーレ
点数
102030405060
61/100点 [投票数 20]
感想 投稿者ゆん 日時2000/8/18 09:50
まだ、全編は見れていないのですが…
デルタフライヤーに乗り込む事になった副長の会話が、なんとも切ないなぁと思いました。帰る事が出来るかどうか分からない中で、帰って来た時のヴォイジャーでする事を頼んでおくなんて…。

多分、もう戻れないかもという気持ちも持ち合わせていたのでしょうね。危険なのは十分分かっているのだろうけど、それを口にはしないようにするのって難しい…。

彼らが無事たどり着く前には、強大な敵がいるわけでその為に大きな代償が待ち構えてるようにも思います。ここから第7シーズンへと話が続くわけなのですが、副長の何気ない会話に表されているように
苦悩を皆、隠しながらも進んでゆくのでしょうね。
投稿者ジャック 日時2001/10/6 12:18
ラストのジェインウェイの同化された姿を見て思わず笑いがこみ上げてきた。誠に不謹慎ですが面白すぎる!ただ、ストーリー自体がTNGのピカード艦長の二番煎じに思えてなりません。後編に期待しましょう!
投稿者WIZARD03 日時2001/10/12 15:33
チャコティの「予定通りだ」のセリフは余計だったと思います
あれでは、潜入した3人がわざと同化されにいったと読めてしまいます
投稿者 日時2001/12/26 13:03
あんまり本編と関係ないけどセブンって…ボーグインプラント着けてる方がカッコイイ。ピカード艦長はボーグスタイル似合ってたけど、ジェインウエイ艦長は…ちょっと。本編は…後編見ないとなんとも…
投稿者背番号26 日時2002/4/9 07:41
ボーグエピソードはどれも緊迫感があって好きです。ただセブンの私服姿はちょっと・・・ 生命体8472は最近出てこないけどどうしているのでしょうか? ジェインウェイ艦長が同化されてしまうようだけど「ロキュータス」のような名前がつくのでしょうか。次回が楽しみです。
投稿者レッドバロン 日時2003/2/14 19:52
やはりみんな、ラストの同化されたジェインウェイで笑ってしまう様で。…あの眉間のシワはすげえよなあ。スマン、私も腹を抱えて笑ってしまった。
所々でユニマトリクス・ゼロの話が挿入されるため、ドラマが分断されて盛り上がりに欠けます。
ただ、クライマックスに入ってからの、ボーグキューブに攻撃をかけるボイジャーは、カメラワークの見事さも相まって、非常にエキサイティング。TNGの頃と比べると、SFX技術の格段の進歩が伺われます。
投稿者(匿名) 日時2003/2/14 20:30
TNGの「浮遊機械都市ボーグ」との違いが激しすぎる。改めて「ヴォイジャー」のつまらなさを実感した。
投稿者ふぁんとれ 日時2003/2/16 11:43
総論たるアイデアはとても良いエピソードだけど、各論が伴わなかったような感じですね。限られた時間枠内に盛り込める内容には限りがあるとは知った上でちょっと消化不良感を感じます。

以前のシーズンフィナーレの異次元生命体とボーグの戦いに巻き込まれ、次シーズンプレミアたる後半でセブンを得たときのエピソードはその意味では最高に良かった。次のシーズンの開始がとても待ち遠しくもなったし。

今回のは観客のキモチの盛り上げがイマイチで、なんかもやもやした状態にされた。すべては淡々と予定通りに進行しました、という・・・なんというか、某大河ドラマの総集編を見ているような、細かい気の利いた部分がかなりはしょられてしまっている感じ。

この状態でフィナーレとなって、次のシーズン開始まで長期間待たされたらかなりイヤだったとおもう。ベルト放送なので数日待つだけですんだから私はたすかったけど、リアルタイムで見た人らはどう感じただろう。
投稿者さや 日時2003/2/22 22:45
「予定通りだ」さえなかったら良かったのに!
クイーンと艦長が、そちらのみなさん調子はいかが?って社交辞令を交わしてるシーンが、迫力あってぞくぞくしました。コブラ対マングースの趣です。

艦長はボーグになるとなぜか眉間にしわが寄って、「おばさんドローン」になってしまうのが今ひとつ・・・。残念。メイクさんしっかりお願いしますよ、わらってしまうじゃないですか。

クイーンに気に入られたハリーキムの明日はどっちだ?
投稿者focus 日時2003/10/23 21:11
まあまあってとこですね。ボーグが出てきてくれたのは満足ですが、やっぱりなんか物足りない。第二部がみたくてしょうがないです!
投稿者makoto 日時2006/5/28 09:03
セブンはやはり稀有な存在だったという話。仮想世界の存在は取ってつけたような話だだけど。あの魅力なのでセブンに恋人がいたというのは当然。アクサムにキスするシーンはとても自然だったですね。
生還できないかも知れぬ任務とフライヤーへ赴く艦長と副長が手を結ぶシーンはいいですね。前みたくボーグミッションで対立してたのは遠い過去の話...

しかし確かに最後の副長「予定通りだ」"So far, so good.(こんなとこだろう)はイカンですな。さて、同化されちゃっても逆転はできるのか!?
投稿者Naru 日時2006/12/10 16:48
チラシの裏だけど、ボーグクイーンって、頭から三本のパイプが見えていて、とっても綺麗なオバQみたいだ
投稿者tomi 日時2009/9/13 20:33
侵入がボーグクイーンにモロバレ。
艦長はじめトゥボックとベラナがボーグに同化。

ここまで来ると、かえって後半の予定調和の勝利が
見え透いてしまうが、それでも次回が楽しみだ。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY