USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第157話 "Shattered" 「対決する時空」

エピソードガイドへ
プロローグより
第7シーズン 製作番号257 本国放送順156 日本放送順
放送日2001/1/17
宇宙暦不明 [西暦 2377年]
監督Terry Windell
原案Michael Sussman, Michael Taylor
脚色Michael Taylor
2001年度エミー賞 衣装賞ノミネート
公式サイト予告編・画像
メディアDVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 3 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第43号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
83/100点 [投票数 36]
感想 投稿者Kira-Deux 日時2001/12/20 18:30
All the ?'s Men

昔"All the President's Men"という映画がありましたが、あれはマザーグースのHumpty-Dumptyから来ていました。 この原題は"Shattered"(バラバラ、粉々になった)ですが、文字通り「バラバラになった」はVOYで飽きるほど扱われている「時間」、過去と未来。 冒頭のナオミとイチェブのジグソーパズルが効果的に使われていますね。

最終シーズンならでは、なのでしょうか、懐かしのセスカ、ケイゾンにボーグ姿のセブン、おまけに★ケオティカ★、また、未来のナオミ(これがなかなか綺麗!)にイチェブまで登場しての大サービス。

それで文字通りバラバラになった過去と未来はどうやら修復できたものの、元に戻らないものもある。 さて、それは何でしょう?
投稿者でみぃ 日時2001/12/22 00:48
いいなー。最終シーズンってこともあってのサービス盛りだくさんの回でござんした。
時間枠を越えるとき、艦長のまるまげ頭って便利ですね。
冒頭のジグソーパズルの入り方も気に入ったわ。
(こういうしゃれたこと、どうして日本のドラマにはないのかいな。ほんま。おばちゃん怒るで。)
トゥボックと艦長のシーン泣いてしまいました!
ああ、最終シーズンなんですねぇ。シミジミ…。
投稿者march 日時2001/12/23 03:06
移動する度に声がでた。スタートレックだからできるストーリー。
今まで見たボイジャーの中で最高。
投稿者じぇる 日時2001/12/23 17:48
こりゃぁなかなか贅沢な内容ですよ!大きくなったナオミとイチェブ!りりしぃ〜!ラストもひねりが利いてて最高!満足だぁ!!!
投稿者ジャック 日時2001/12/25 18:57
近作では非常に完成度が高いのでは。ラストの艦長と副長の会話が最高。
投稿者ノース 日時2002/1/7 00:51
考えれば考えるほどよく分からなくなる、タイムパラドクスな話。 好きなんです>私。

パラレルワールドが存在すれば、解決後の現在以外の彼らのその後も気になってします。無かな?続かな?
投稿者Lunar 日時2002/2/13 21:34
本当にヴォイジャーの歴史を振り返ったいい作品でしたね。
みんなのキーポイントになったのが、チャコティだったのが
何とも言えませんでしたね。

一つだけ残念なのは、このエピソードでケスを登場
させなかったこと。

ケスが登場してくれれば、完璧だったんですか....。
投稿者くまった 日時2002/2/20 21:50
まだボーグの頃なのに協力的なセブンとか、体内で時間差ができちゃってるのに転送が可能だったチャコティーとか、多少強引な展開だったけど、完成度は高かったと思う。会話の妙がサスガです。
投稿者ゆん 日時2002/3/20 03:35
私的には最終回です(爆)
時間ものは悉く無かった事扱いなんですが、まぁ、これとTIMELESSだけは別格と言うことでしょうかね〜今回は時間ネタ大好き脚本家が書いていないから◎〜ということで脚本も良かったし。不満はない(爆)
ただ艦長のこれからの未来を知った上で迷う点は何やら最終回の某と似通ってるような…これが、記憶を持ったまま別れてしまうのならアレは理解できたのですが(深)
これは本国放送以前にネット上においても騒がれた作品でありましたから非常に楽しみでもあったし吹き替えではどうなるのかなというセリフもありましたが、吹き替えにおいても原語をきちんと翻訳していますね。
超えられなかった関係はあったとしても7年間においての関係はそれでもいいのかなと思う部分はあります…。
VOYだって人間関係を書こうと思えば描くことの出来るという事なんです(爆)
投稿者鼻毛ビューン 日時2002/3/20 03:39
TNG第163話の「無限のパラレルワールド」を思い出しました。
ひとつの時間に無数に存在する並列宇宙に対して、縦軸に流れる時間を輪切りにしてパノラマにしたのは
ひょっとしたら「無限のパラレルワールド」をベースにしたアイデアだったのではないだろうか。
しかも、最終シリーズにこのアイデアをもってくることに、「無限のパラレルワールド」以上に深い意義を感じました。
最高。
投稿者 日時2002/3/20 12:48
よくできたヴォイジャーの総集編って感じです。楽しかった!
投稿者ist 日時2002/5/19 15:09
すごく面白かった!最初のパズルやりんご酒のエピソードも良い。そして懐かしい人々に会えたのも嬉しかった。久々に泣いたよ、トゥボックもよかった。そして本当にヴォイジャーって終わりに近いんだと思うと本当に寂しいよ。長く観てきたご褒美的なお話だったよ。
投稿者Hail Martok! 日時2002/6/15 19:50
これぞST!ハッタリの切れ味・部品の無理ない繋がりが、まさしくSTのそれで、理屈の不都合も許せてしまうんです。VOYは最終シーズンになっても、異常にクオリティの低いものが目に付くので、これぐらいのがもっとあればと思いました。
僕だったらパリスとキムに、絶対プロトンとキンケイドのコスプレさせてチャコティを助けさせるんだがなぁ。機関室の上部デッキから、飛び降りるんじゃなくて、ロケットパックでずどどどどっと「軟着陸」。これやってくれてたら100点つけてた。
投稿者背番号26 日時2002/7/13 20:18
セブンのボーグ姿最高でした。ヴォイジャーの歴史をふり返る良い作品でした。ただケスと生命体8472が登場しないのが残念でした。
投稿者マクベイン 日時2003/3/5 03:35
時間枠を超える瞬間にチャコティが裸になってあわてて医療室に時間枠を超えられる服を作りに行くって話があってくれたら
最終回より萌え!(爆
すごく好きな話です。
投稿者さや 日時2003/3/6 00:18
こまかいつっこみどころはあるにせよ、人間ドラマのクオリティの高さで後味のよい作品でした。

大人のイチェブがチャコティに約束は守りました、と言ったときなんでだろう?と思ったけど、そのタイムラインでは、チャコティは約束の直後に死んでいるので、遺言になっていたんですよね。そりゃ報告したくなるよな〜、ってうるうる。

それから艦長と副長の関係。定例の(?)食事シーンで、レプリケーターを修理してる艦長に、チャコティが、またローストビーフを焦がしたんだろう(和訳では「何度壊した?」)って「帰らざる時間」でのことを話していて、彼との食事じゃなかったのに、キャスリンは失敗談を話してたんだ〜、とびっくりしてました。しかも勝手知ったる他人の部屋って感じで、どのグラスか確かめもせずにサイダー注いでましたし。対立したり越えない境界線があったり、二人の関係も大変だったんだろうけれど、それでもこの二人の仲の良さが艦をまとまらせてきたんだろうな〜、と、しみじみ。

ここ数シーズン存在感はあっても出番の少ないチャコティでしたが、必要なときは前に出るし、前に出ればこれだけのことができるんですよね。いつも艦長の後ろに控えている彼が、7年の経験から彼女に対して主導権を取ってるのが楽しくて仕方ないと言う風にも見えました。

それから各時間の、まだ罪悪感ですさんでない明るい艦長、セブンに社会性を教えるどころか皮肉やのドクター、チャコティには素直なベラナ、髪固めてて自信なさげなハリー(髪を考えてパリスは現在の時間帯になったのだろうか・・・。)、チャコティに未練たっぷりのセスカなど、俳優さん達もきっちり演じ分けていてよかったです。
正直前回の2時間ものは先が読めてつまらなかったので、これをもう少し論理的に整えて、2時間でやって欲しかったなあと思いました。
投稿者万年下士官 日時2003/9/13 23:12
まさに気分はオールスター出演。セスカ、ケオティカ、さらにはマクロ・ウイルス(マニアック!)など懐かしのキャラ、場面が登場し楽しめました。
私がスタートレックというものに触れたのはこのヴォイジャーが初めてでした。特に思い入れの強いこのシリーズもいよいよ最後が近づいてきましたが、この時期にこうした回想的な話があるのは大変ありがたいと思いました。
投稿者Atad 日時2003/10/15 18:39
総集編的内容だけどかなり楽しめました。
まだデルタ宇宙域に来る前の艦長と現在のチャコティという
組み合わせもまた良かったんだと思います。
こういった話では多少辻褄が合わない事とかもありますが
それでもかなり良かったです。
この話はTNGよりヴォイジャー向けでしたね。
まったくの未知の宇宙域に飛ばされたり、ボーグのクルーが
増えたり、かつて追っていたマキのメンバーが仲間になってたり
またその中の一人が裏切ったりとクルー関係などが劇的に変化
していったりしているヴォイジャーだからこそより面白かった
と思います。
これを2時間枠にして最終回に持ってきてたらいいんじゃない
かなとは思いましたが、最終回となると帰還しないとやっぱり
終われないだろうからまあこれで良いと言えばいいのかな・・?
投稿者(匿名) 日時2004/1/15 22:34
時間を自由に出来たらどんなに楽しいだろう…
私が映画監督だったらSTの歴史を全部ひっくり返してやるんだが
投稿者ルッキング 日時2004/8/18 20:13
早くみたい!!
とうとう明日みえる!!
最高!!!!!!!
投稿者のこのこ 日時2004/8/19 19:44
これは最高!
ボイジャーファンなら絶対見るべし!
久しぶりにVOY見て笑いました。
投稿者ころすけ 日時2004/8/21 19:30
総集編的だけど再編集物ではないところが○ですね。未来のナオミとイチェブが出てきますが、最終話との時間の整合性を見てみると少々混乱します。この未来はあっちの未来?、それともぜんぜん別の未来?「ここはどこの宇宙域?」と聞くのはやっぱりタブー見たいですね。
投稿者レイン 日時2004/8/26 01:20
VOYもいよいよまとめに入ったなという印象。VOYがどういうシリーズだったか考えてみるにはぴったりの内容だった。
振り返って思うのは、セスカがいた頃のVOYは良かったなあということ。あの頃は、特に疑問も持たずに、無邪気にVOYを楽しめていたのに…(ため息)。
投稿者低レベルトレッキー 日時2005/7/27 00:41
事あるごとに、蘇るセスカが好いアジ出してる。
でも最大は、「バイオ神経ジェルパック」!!
第1シーズンで病気になって以来のギミック。
すっかり忘れていた。
投稿者aka 日時2005/11/12 21:03
第7シーズンの今まで見た作品の中で一番面白かったです。
最高ですね。絶対見るべきです。
投稿者ラコタ 日時2005/12/13 21:52
これぞ、最高のファンサービスエピソード!
セスカは出てくるし、ケイゾンも出た。
さらには、マクロウィルスからキャプテンプロトンまで!
第1〜第7シーズンを全部読み返した感じの話でした。
場所によって時空が違うというのも面白かった。
さぁ、さらに誰が出てくるかな?と思っていたら時間切れ。
さすがに45分間に第1〜第7シーズンに出てきたクルーをほとんど出すのは至難の技に見えた。
けれど、それでも満足できるエピソードだった。
100点では足りないぐらいだ。
投稿者makoto 日時2007/1/10 10:12
7年の出来事に感慨もひとしお。
ターボリフトで犠牲者を出ないよう計画を変えようとするジェインウェイを説得するチャコティの台詞に感動。この旅は無駄ではないと。あなたが居たから今のクルーがあるんだと(直後の艦長に「溜め」の演出があればさらに良かったけど)
本来なら出会わないはずのクルー参加の共同作戦もよかった。しかし、ケスも居て欲しかったな〜
投稿者tomi 日時2009/9/23 22:58
軽妙な VOY 総集編
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY