USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第159話 "Repentance" 「宿命の殺人星人」

エピソードガイドへ
プロローグより
第7シーズン 製作番号259 本国放送順158 日本放送順159
放送日2001/1/31
宇宙暦54474.6 [西暦 2377年]
監督Mike Vejar
原案Mike Sussman, Robert Doherty
脚色Robert Doherty
公式サイト予告編・画像
メディアDVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 4 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
59/100点 [投票数 17]
感想 投稿者 日時2002/4/3 15:23
ナノプローブって便利やなー。
投稿者中京テレビ圏内 日時2002/6/19 03:21
同じようなテーマが最近続いてますね。
最後、訴えが棄却されたのが何とも言えない後味悪さを残していますが
あの弁明では心打たれなかったなぁ正直・・^^;

もっとも、被害者の人権が守られる以上加害者の人権も考えるわけで
司法捜査には細心の注意を払って、冤罪のなきよう尽力するのが道理で
ありますが。

個人的には被害者の人権は守られてしかるべきだと思います。少なくとも日本では今まで以上に。
投稿者naoturn 日時2002/7/2 22:22
感動できました。
投稿者背番号26 日時2002/8/9 08:07
非常に良くできたエピソードだと思います。もう少しスケールを大きくして、話しを膨らませれば映画のエピソードにもできたかも・・・ ただ邦題はもう少しなんとかならないものでしょうか?
投稿者(匿名) 日時2003/7/11 18:25
最も保護されるべきは「被害者の権利」である。今の日米の裁判制度・報道制度など、それがないがしろにされるケースが少なくない。

今回、殺人者アイコの改心が描かれるが、
・改心が本人の自発的なものではなく、偶発的脳治療によって「いとも簡単」になされてしまう(犯罪者の心を脳医学治療で直してしまえ!という、危険思想にも繋がる)。
・セブンという人気キャラを利用して、全く整合性の無い加害者の権利を主張している(セブンのボーグ時代の罪は本人の意思とは無関係であり、アイコの犯した罪と同列に扱うべきモノではない)。
等々、出来の悪い中途半端な脚本で制作者の「エセ人道主義」を主張している。「寄生生命体の恐怖」と並んで、非常に不愉快な作品。
投稿者リント 日時2004/8/23 21:59
私は素直に感動できました
先天的な原因で暴力的にしか生きられなかったアイコが治療のお陰で
たまたま改心できたわけだけど、遺族はどのみち許せなかったと思いますね
でも、遺族が刑罰を決めるなんてのじゃ、かなり偏りが出る気がしますね
加害者が金持ちなら賠償金で済むってのもねえ
投稿者レイン 日時2004/8/26 01:29
囚人アイコの持つ罪悪感が、内面の葛藤から生まれてきたものではなく、脳の手術によって偶然生まれたものとして描かれたことで、テーマの掘り下げがやや表面的なまま終ってしまった。
それとは別に驚いたのが、脚本家が死刑反対の主張をはっきり打ち出していたこと。アメリカではこういうリベラルな主張を、ドラマの中で臆することなくやってしまうんですね。
ラストのセブンの言葉を聞いて、かなり暗い気持ちになってしまった。この先セブンは、何を目的に人生を生きていくのだろう。完全を目指して? それではあまりに人間らしくない。
VOYが最終シーズンのこの時点で積み残している最大の課題は、「セブンのこれからの人生」である。
投稿者24 日時2004/8/27 21:05
アイコは間逃れようのない罪を犯した。しかし、最期はアイコの事を気の毒に感じたのは僕だけじゃないはず。
投稿者aka 日時2005/11/13 23:48
とても面白かったですが、やはりアイコの罪は大きいと思います。良心があんな簡単に生まれてしまうとはね・・・
投稿者Naru 日時2006/12/12 00:30
話の道筋としてもっと掘り下げたほうがより面白くなるというのは私も思いますが、皆さんがいう「簡単に善人になりすぎ」というのもどうかと。
脳の研究が進んでいく上で犯罪に陥りやすい障害を持つ人もいるというテーマだったと思います。
確かにそれを言い出すと被害者の人権を守るという最も重要な部分が蔑ろにされてしまう危険が伴いますが、脳障害をこういう形で持つ人間の人権は?という、さらに一歩進んだテーマを積極的に取り扱った良エピだったと思います。
投稿者セブンの顔は好き 日時2008/6/13 03:12
とても不愉快になった。

池田小学校の宅間や秋葉原の加藤に、
突然来た火星人か何かが「治療したから彼はもう犯罪を犯さない」と言い出したら、
死刑を免れる事を納得できるだろうか。
加害者側の視点のみに終始して被害者視点をまったく掘り下げようとしない。
犯した罪の事を一切考えないセブン、
完璧を目指しているはずが思春期の子供並の志向しか出来ていない。

遺族の意向によって刑罰が決まる事に不満ありげなクルーに残念。
自分たちの倫理観を振りかざし過ぎるのでは?
時代や土地が違えば刑罰や司法制度が違って当たり前。
惑星が違えば更に違いも出てくるでしょうに。
クルーの猿にモノを教えてやる未来人のような態度には失望するばかり。

ニーリックス、ジョレッグに対しては
なぜアイコのように病気だと言う言葉は信じないのだろうか。
アイコも治療を受ける前はジョレッグの態度と大差無いと感じたが。

イチェブでも出して「その国の司法に則って罪には罰を課せられるべきだ」と
セブンに対して言ってくれれば良かったのに。

ドクター、安楽死についても反対なのだろうか?
投稿者サイパック 日時2008/6/15 07:15
英語の題名は、Repentance で、過去の罪悪などに対する良心の呵責あるいは後悔・悔恨・遺憾になります。直訳すれば、"呵責" でしょうか。

まず始めに、罪を犯した者はいかなる理由があれそれは罰せられるべきです。

アイコは、脳の障害によって、暴力的 自制する力が弱い、それにより凶悪な犯罪を侵してしまいました。この罪から逃れることは許されません。
その暴力的 自制する力が弱いの解っていればそれを抑制する術をしりそれを身につけることにより犯罪を避けることが可能になります。VOYのエピソードの "殺人者スーダ" は、バルカンの精神融合でその術を身につけていきました。
このエピソードは物理的にその治療をしようと言うことです。今日では脳の仕組みがかなり解明され、脳の異常箇所を特定しそれを改善する薬も開発されてきています。

アメリカでは、脳のそのような異常による研究が進み、そのような人たちを白眼視せず、特別なサポートをしていこうとしています。日本の文科省が学校現場に特別なサポートを必要とする生徒のためにいろいろなプログラムが組む様に取り組まれています。

単にアイコのような人の行為を頭から断罪するのではなく、それを避ける術を知っていればそうならなかったと言うことを知っておくべきです。しかし、罪を侵してしまってからでは遅いです。
逆に、犯罪者の人権もあります。罪を犯したらそれを償い責任をとるのがその人の人権を尊重することになります。
その罪を免罪にすることは逆にその人の人権を軽んじることになります。

このエピソードはそれらをいろいろと考えさせられました。
投稿者makoto 日時2008/6/21 03:06
昨今、医学や科学が進んで正常と異常の線引きが難しいし、"できること"が"許されること"をoverrideする事態にも出会う。副作用とはいえ治療してしまったことも是非が問われるだろう。誰も望んでなかったわけだし。
ドクター「この場合(死刑)は客観的になることをプログラムが許さないのだ」僕らだってそうなんだ。作中ではアイコ側の描写中心なため遺族視点で見れないし。罪と罰、難しい問題ですね。
投稿者月影 日時2008/6/26 19:14
前提として、刑事司法の最大の目的は、被疑者・被告人(犯罪者)の人権を護ることにある。それは、治安維持のために、拷問やら、魔女裁判やらで、市民の人権が蹂躙された歴史的反省から来るものである。という知識が必要と思う。
被害者の感情が、刑事裁判に直接多大な影響を及ぼすと、判断の公正そのものが失われ、魔女裁判的に犯罪者を不当に重く処罰してしまう事態を招くおそれがある…守らねばならないのは、犯罪者として大衆から憎悪の的となっている「個人」なのである(という前提でこのドラマはつくられていると思う)。これは「個人」を重視するスタートレックの理念に通ずる。
もちろん、憎むべき犯罪に対しては国民が納得するような厳しい刑罰で望まなければならないのだが、ボーグのように、秩序を破ったからといって、「個人」を停止する(死刑にする)ことは許されない。問題は、そこで、犯罪者という「個人」がどう扱われるか、なのだと思う。
で、アイコである。彼は、先天的な脳の器官障害が治癒し、更生も見込める。殺人といっても、突発的に1人の人を殺めてしまったというもののようだ。しかし、もちろん遺族は彼を許せないわけで、結局、遺族の意思によって彼は死刑になってしまった。その不条理さが問いかけるものは何か…を考えさせられるよいエピソードだと思った。セブンとの対比も効果的だったと私は思う。
投稿者tomi 日時2009/9/26 01:04
死刑の是非はともかく、他人の命を奪うことで社会が成り立っているという「原罪」について、自らの罪深さを振り返ることも必要だと思う。自分達ばかりが正義だと思って、敵対者を殺してまわるなら、犯罪者の思考と変わらない。

ストーリーとは関係ないけど…
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY