USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第164話 "Human Error" 「人への歩み」

エピソードガイドへ
プロローグより
第7シーズン 製作番号264 本国放送順163 日本放送順164
放送日2001/3/7
宇宙暦不明 [西暦 2377年]
監督Allan Kroeker
原案Andre Bormanis, Kenneth Biller
脚色Brannon Braga, Andre Bormanis
公式サイト予告編・画像
メディアDVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 5 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050
54/100点 [投票数 16]
感想 投稿者ヒコジャー 日時2002/1/23 17:18
公式サイトの『Endgame』のエピソード解説を読んでみました。
英語が得意ではないので断片的にしかわからなかったのですが、
セブンとチャコティが恋仲になっているようなことが書いてあった
ように思えます。
このエピソードから関係が深まったのでしょうか。
『The Void』でセブンがお料理上手になっていたのには驚きました。
どんどん人間に近づいてきて逆に少々寂しい気もします。
『Endgame』の解説にはドクターは人間と結婚しているように書かれ
てましたので、セブンとドクターの関係は友達から進展しなかったよ
うです。
でも、セブンとチャコティがくっついてしまったら、艦長は・・・?
公式サイトの絵の中にチャコティのお墓のような絵もあった
ような・・・
残りわずか、どうなちゃうのぉ〜・・・
あーっ、もうちょっとで終わってしまうのが惜しいー
でも、早く最後が知りたい気もするし・・・
(本当は、もっと、ずーっと続いてほしいのですが・・・)
投稿者 日時2002/5/8 12:49
可哀相なセブン…でも彼女には悲劇のヒロインが似合うなぁ。
インプラントつけたままで髪を下ろした姿が一番セクシー♪
投稿者memorybeta 日時2002/5/10 04:47
7/9様、研究熱心なのもけっこうですが、くれぐれもホロデッキ中毒にお気をつけ下さい。
投稿者ゆん 日時2002/5/10 05:10
セブンが可愛いっていう話でした。それだけー(爆)
というか、何ですか?これは…STでこんな作品作っていいのですかね?
なんだか、セブンというキャラクターが結局は人気取りでしかなかったという感じがしますねぇ。
VOYでは結局2組のカップルというか恋愛が出てきますが、何の脈絡もなくするのは定番だとしても唐突過ぎ。いくらSTの定説だとしても。
今更のような人間性追求エピもネタ切れのように思えるし、相手が副長って、どこに今までそんな布石があったのかな〜と思います。
今までだって十分に仲間として活躍してきたセブンがなんで今更ホロで仲間ごっこの練習をしてるのだろうと思うと可哀相にも見えます。
(クルーとの今までの関係は嘘だったのかと思いたくなるし)
結局はセブンの女性という面を描きたかったのでしょうが全てにおいて安っぽいドラマに仕上げられた感じしか見えません。て、いうかなんで今更そんな事を穿り返すかなー(怒)
人間性の追及と言う割には単にキャラのサービスエピになったとしか思えません。
投稿者くぐる 日時2002/7/4 11:01
セブンの成長は物凄く嬉しいけど、このお話はちょっとかわいそう過ぎる〜(T_T)
インプラントが取れる日が来るかどうかは知らないんですが、早く取ってあげて…
セブンが恋人にチャコティを選んでいた事に気付いたドクターの
笑顔がすごく優しくて、それがすごく悲しくて。
・・・選外だったキムってちょっと可愛そう。
投稿者Cp.Alpha2 日時2002/7/20 20:57
リラックス
投稿者背番号26 日時2002/8/16 20:17
セブンがせつなすぎます。ドクターの寂しそうな顔がケスを失った時のニーリックスの顔とダブりました。
投稿者さや 日時2003/3/13 22:37
セブンのこれって人権侵害じゃないの?
セブンと後にデートし始めたチャコティがそれ以前にこのことを知ってたらどうなってたか。それとも男性は嬉しいのでしょうか。
たしかTNGでも禁止だと言われてたはずですよね?
なんか割り切れませんでした・・・。
投稿者レイン 日時2004/9/1 02:17
「帰ってきたケス」を見た時と同じような不満を感じた。それは、描かれるべきものが描かれなかったという不満である。
セブンの成長物語を描こうとする脚本家には、相当な力量が求められる。「人間性の獲得」がテーマなのだから、人間性に対する深い洞察力と豊かな想像力が必要になるのである。この難しいテーマに正面からぶつかって、立派な成果を生み出した作品もいくつかある。例えば「放射能星雲の孤独」、「新生ボーグの悲劇」のような。しかし「人への歩み」は、それらの作品とは反対に、難しいテーマに正面から向き合うのを避けた。仮想現実の話に逃げ、中途半端な内容のまま終ってしまった。
このエピソードの一番の問題点は、セブンの人間性を獲得するための苦闘が、全部ホロデッキの中で行われていることである。ホロデッキの世界だから、何でもセブンの思い通りになるし、いくらでも修正が利くのである。所詮シュミレーションなのである。自分の思い通りにならない人間が一杯いる、生の現実ではないのだ。それともスタートレックの世界では、ホロデッキの仮想現実が生の現実と同等の価値を持つというのが、常識なのだろうか。ラストでドクターがセブンにもう一度ホロ・プログラムを楽しむよう勧めているのを聞くと、作り手たちは本気で仮想現実を信用しているのではないかという疑念が、一瞬頭を掠めた。
あと細かいことだけれど、正直者であるはずのセブンがジェインウェイに白々しく嘘をついた後、それをフォローするシーンが何もないことにも不満を感じた。良識ある脚本家だったら、セブンがジェインウェイに謝罪するシーンぐらい用意しそうなものである。セブンも嘘をついて平然としていられる程、人間的になったの? それともセブンはジェインウェイを見習って謝罪しないの? こういった些細な点も、私がVOYの作り手に対する不信感を抱く一因となっている。
セブンの成長物語をシリーズを通した連続物として見ている視聴者にとって、このエピソードのセブンは、さらに成長したというより、一歩後退したという印象の方が強いのではないだろうか。気の毒なセブン。もう残り10話もないというのにこんなエピソードが出て来るようでは、VOYにおけるセブンの先行きは暗そうだ。
投稿者makoto 日時2008/6/21 10:32
ドクターには悪いけど女性からのアドバイスが欲しいところだ。ジェインウェイもベラナも薄々感づいてると思うんだが... 最後に副長が誘ったのはドクターからの"申し送り"があったからと勝手に解釈。感情を抑制しなくては生きてゆけないなんて悲しすぎする。
がしかし、セブンの麗しの胸元(^^)もといドレス姿がまぶしかったっス。
投稿者もこ 日時2008/6/24 03:07
これはセブンが人間性を勝ち取ったという
エピソードだと思うんだよね
好きな人のホログラムとイチャイチャするなんて
もう人間でしょ。そんなことを艦長に告白するのは
"人間"なら不可能!
投稿者tomi 日時2009/9/29 22:47
いきなりエロエロモードというのは、ラブコメとしていかがなものか。
「遅刻遅刻〜」ってパンくわえながらチャコティとぶつかる回が必要なのでは?
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY