USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第29話 "Prototype" 「ユニット3947」

エピソードガイドへ
プロローグより
第2シーズン 製作番号129 本国放送順28 日本放送順29
放送日1996/1/15
宇宙暦不明 [西暦 2372年]
監督Jonathan Frakes ジョナサン・フレイクス [TNG ライカー]
脚本Nicholas Corea
メディアLD: 「スタートレック ヴォイジャー セカンド・シーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 2」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第88号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
72/100点 [投票数 20]
旧E.N.H.
コメント
自らの作り出した究極の兵器によって滅ぼされた種族。TNG「よみがえった死の宇宙商人」と同じテーマ。 - ひろを

ロボット開発者が、なぜわざと欠陥を作ったのか、その理由を深く考えざるをえません。

流石、ジョナサン・フレイクス監督(マテ - 国連こくれーん

なかなかTOSみたいでよい - タ−ボパスカル

あのロボットをあえて50年代のSFのテイストで描いた秀作 - ヴォルアミン
感想 投稿者背番号26 日時2003/11/1 07:55
手塚治虫の世界ですね。 わざとでしょうけどロボットの外観に違和感がありもう一つ感情移入できませんでした。 ドクターともう少し絡ませた方が面白かったかも知れませんね。
投稿者ころすけ 日時2003/11/7 23:15
「うっかり目覚めさせてひどい目に...」というエピソードがSTには結構あるので見ている側も最初は警戒しているのだが、あえてロボットにチープで少々滑稽な姿や従順な言葉使いを与えることでほのぼのとした展開を暗示し、警戒心を緩めたところを一気に裏切って見せるところがうまい。
投稿者レイン 日時2003/11/10 03:12
オープニングが素晴らしい。
宇宙空間に漂う何物か−その何物かから見た視点。眼前に現れるヴォイジャー艦。自身が転送される時に見る泡のような光。突然広がる艦内の景観、見知らぬクルーたちの顔。そして、艦内のモニターに映った自身の姿に気付く・・・。
この先どんな話が展開していくのかワクワクさせられたが、結局古典的なロボット物の枠内に納まってしまった。
ただ、さりげない箇所に、いいなあと思わせるものがいくつかあった。それは、例えばロボットの再起動に夜も眠らず夢中になっているトレスに、キムが「徹夜に付き合うよ」と声を掛けるシーンや、ニーリックスが「夜食を作ろうか」と声を掛けるシーンである。現実の世界でも、誰かが寝食を忘れて一生懸命になっていると、その微笑ましさに思わず声を掛けたくなることがあるじゃないか!
TNGのデータについてトレスが触れるシーンも、さりげなく良かった。データの存在のかけがえのなさが思い起こされて、しみじみとした気分になった。
このエピソードで、トレスの好感度は大幅アップである。
投稿者みら 日時2004/7/18 19:39
ジョナサン・フレイクス氏が監督する作品には、
人工生命体についてのエピソードがやたら多いのは
偶然ではないんじゃないかと思います。
TNGを見てるとデータの存在を当然のように思いがちになって
彼がどれほど稀有な人工生命体なのかがわかりにくいのですが
トレスが語る内容に、改めてデータの存在を再認識できました。

話はSFでは良くあるテーマですが、
あえて古い時代のオマージュ的なつくりになっていて
オールド的な外見のロボットが、いい味を出していてGOOD。
他STとの宇宙のつながりを感じさせてくれる好きな話の1本。
投稿者makoto 日時2005/1/5 00:26
助けたロボットは恐怖のオートマトンだった。。ストレートな話だがもう一捻りあればね…>ライカー監督(贅沢?)
深夜の機関室で「誰かいる?」と呟くシーンが微笑ましい。艦長の母親的な眼差しが感じられたラスト。みんなベラナを支えてますよね。塩が銀河で一番使われてるスパイスとは知らなんだ...(^_^;
投稿者tomi 日時2009/4/7 00:02
古き良き SF テイスト
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY