USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第70話 "The Gift" 「ケスとの別れ」

エピソードガイドへ
プロローグより
第4シーズン 製作番号170 本国放送順69 日本放送順70
放送日1997/9/10
宇宙暦不明 [西暦 2374年]
監督Anson Williams
脚本Joe Menosky
メディアLD: 「スタートレック ヴォイジャー フォース・シーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 4」 (パラマウント) Disc 1 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第60号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
79/100点 [投票数 29]
旧E.N.H.
コメント
ケスチャアアアアアン!

ヴォイジャ−の中で一番最近では良かった - 三番隊

さよならゥゥ
感想 投稿者はっちん 日時2000/07/21 01:02
原題「贈り物」は、なんかとても上品ですね。
(邦題のことはいいますまい!)

ケスの存在自体が、もう、ヴォイジャという器の中に収まりきらなく
なったのでしょうね。
前話の「生命体8472」と合わせて、実は3話ものだったのですね。

お別れの贈り物、ボーグ領域の外へ、10年分の距離。
それ以上のこともあるのかも…(ケスは一体いずこへ?)

冒険に乾杯!

◇掲示板 Nine Forward
○VOY "The Gift" (ネタバレも)
http://www2.g-7.ne.jp/~kyushu/bbs/pslg5276.html
投稿者るる 日時2000/9/15 08:13
私はケス派ではありませんが・・・、
最初から見てきた者として、もう少し「しみじみ」した展開を予想していただけに、セブンのことなどもあって内容が盛り沢山なだけに、「ダーッ」と終わってしまった感じがします。 ジェーンウェイとの会話は「うるうる」でしたが、ゆっくりうるうるしていられない。 邦題の「別れ」というより、「交代」なのでしょう。 第3の後半のケスの出番が少なかっただけに、少し前のエピソードからの「超能力の拡大」が突然な感じがしてしまう。
 セブンとキムの会話は今後の展開を思わせて興味深いですが、最後のセブンの「ライティング」にかなりの演出を感じてしまって・・・まあ、男性方にはよろしいのでしょうが。 セブンも言わばケスからの "The Gift" ともいえるし。
投稿者超新星 日時2000/9/16 22:43
セブンが人間とともに暮らす決意、
ケスが仲間のもとを去る決意、
うまくシンクロして描いてましたね。
セブンは一人になった孤独と不安を
認めず、強がっているようだったが、
「無理やり人間に戻すのは、
人間が言う基本的人権に反する。
それではボーグと同じではないか」
という発言には一理ある。
艦長がこれに答えて
「あなたは正しい判断ができる状態じゃない。
それができるようになるまで私が判断する」
というのも、また真理。
要はこの状況下ではやむなしってことでしょう。
ところでケスは、一体何者なんだ?
どう変身したのか、もっと知りたい!
これを受けるエピソードって、あるのかな、ないのかな。
なければ作ってほしい…。
投稿者(匿名) 日時2000/9/17 23:34
よかった。最後の贈り物、どうせなら地球までおくっておくれ〜〜〜
投稿者はっちん 日時2000/9/28 09:37
◇掲示板 Nine Forward
○No.8060 gift?
http://www2.g-7.ne.jp/~kyushu/bbs/pslg8060.html
○No.7864 ケスの降板について
http://www2.g-7.ne.jp/~kyushu/bbs/pslg7864.html
投稿者わう 日時2000/10/1 15:50
感動しました。ラスト、トゥヴォックがランプを窓際に置くところが
なんとも言えず(^^)
新シリーズとかに、もいっかいぐらいサービスで出てきそう・・・

しかし、なんでもできちゃうようになった(?)ケスなら、
10年分といわず最後まで送り届けてくれりゃいーじゃん
と思ったらダメダメ?
投稿者チャコ 日時2000/10/11 10:35
いつかVOYがケスに会える日が来るんじゃないか…そうあって欲しいと思います。
投稿者鈴宮 日時2001/3/11 21:43
妖精みたいなケスの替わりにボリュームの塊みたいなセブンが・・・。
ちょっととまどってしまった。
それにしても、あんな綺麗な女性をサイボーグみたいに変えてしまってたボーグ。もう犯罪だと思う。全宇宙の男性に喧嘩売ってるぞ。
投稿者memorybeta 日時2002/2/4 08:33
キャプテン、なんかワガママなんちがう?(映画が心配)
投稿者memorybeta 日時2002/4/4 01:38
多分Cpt.ピカードならこう聞くと思う「おまえの忠誠はどこにある?」
投稿者(匿名) 日時2002/10/22 14:47
今に始まったことではないが、ジェインウェイの価値観の押し付けは疑問です。
投稿者ジェニファー 日時2003/2/23 04:05
ボーグのセブンはまぁ後で活躍していくんだろう、と言う事で、
今回で最後になったケスだけど、「光の世界」と「Qの世界」は
関連があるんじゃ、、、
でも、それ以降ケス出てないだっけか?( ̄∇ ̄;)
ちゃんと見ていかないと。。。
投稿者Atad 日時2003/8/20 16:16
髪を伸ばしたケスは結構魅力的だったのに数回でケスの出番
が終わってしまって残念。
確かTNGでも後少しで進化しそうな触れるだけで傷を癒せる
っていうのが出てきましたが、あの生命体のようにケスも進化
したような感じになったのだろうか。
そしてその進化の先にはQのような超生命体になるのだろうか
なんとなくQのルーツを見たような気がしました。
投稿者背番号26 日時2004/1/19 21:28
セブンがいかにして人間性を取り戻すか 正にヒューマンドキュメンタリーですね。  この後何度も艦を危険にさらす存在となるセブンを暖かく見守るクルー達  愛情あふれる展開が楽しみです。

あっ化け物ケスさようなら!! 10年分のワープありがとう
投稿者ころすけ 日時2004/4/8 20:34
ケスの変容、アーサー・C・クラークの某有名小説(ネタバレ回避のため伏せておきます)のラストを彷彿とさせます。影響受けているのかも。セブンに対する艦長の態度、成人対成人としてみるとかなり横暴で、「それではボーグと同じではないか」というセブンの抗議にはどきりとするが、「母親的理不尽さ」ということなんでしょう。この時点のセブンは(知識だけは豊富だけど)かなりの駄々っ子ですもんね。
投稿者レイン 日時2004/4/9 02:02
ケスとの別れがとうとうやって来た。かなり感傷的な気分で見てしまった。
ケスの官能的な深みのある声とも、ケスのスキップするような歩き方とも、これで一応サヨナラである。
ドクターが「目は心の窓」という台詞を言っていたが、ニーリックス、ジェインウェイ、ドクター、それぞれケスに深い縁のあった人たちが、いつになく慈しむような目でケスを見ていたのが印象的だった。ラスト・シーンを見ると、いつも表情を見せないクールなトゥヴォックにとっても、ケスが大切な家族の一員であったことがよく分かる。
こんなにもクルーから愛されたケスは幸せ者である。
ケスがシャトルの中でトランスフォームするシーンが美しい。あのシーンには、萩尾望都や竹宮恵子などの日本の優れたSF少女マンガにも通じる、耽美性とロマンティシズムがある。あの夢のようなシーンがくれた感動の余韻は、ずっと頭から消えることはないだろう。
あと一作、「帰ってきたケス」が残っているが、それを見てもケスに対する評価は変わらないと思う。そこで、ここまで楽しませてくれたケスへの感謝の気持ちを込めて、誠に勝手ながら私の'best seven of Kes'を挙げさせていただきたい。
第1位 63話「9歳のケス」 ケスの誕生シーンが鳥肌物。ケスに祝福あれ、と言いたくなる。
第2位 70話「ケスとの別れ」
第3位 46話「ドクターのオーバーロード」 ケスの普通の女性としての魅力が満載。
第4位 4話 「24時間の過去」 出番は少ないが、ケスの存在が物語にスケール感を与える。
第5位 26話「管理者サスピリア」 ここで描かれたケスの特殊能力が、この後生かされず残念。
第6位 24話「ボーサ人の攻撃」 ケスが繰り広げるサイキック・バトルがカッコいい。
第7位 52話「暴君の星」 ジェニファー・リーンさんの暴君の演技が見応えあり。
投稿者kkkeeee 日時2004/12/20 09:31
10年分か、もっとすごい能力がありそうだが、
寿命の短いケスの単位の限界かな?
Qへ進化するとか?
オカンパ+ボーグ=Q連続体?
投稿者makoto 日時2005/9/3 17:15
セブンの人間性の回復、クルーからの贈り物。そういえば艦長たちは(そして視聴者も)幼いケスを上位者として見守り指導してきた立場。共に成長し共感するキャラという構図は変わらないのだろう。しかし、残念なのはケスとセブンが会話するシーンが無かったこと。クルーは家族なの、という"引継ぎ"が見たかった。が、ニーリックスに"I love you."と言ってくれたし良しとしましょう。量子未満の世界をひも理論で映像化したシーンも美しい。

最後のケスはウェスリーが見たサリアのようで美しかった。ありがとうケス。そしてさようなら。君はいつも純真で誠実だった。
投稿者インスパイア 日時2005/9/29 06:24
身勝手な人間が多いなあというのが正直な感想。
艦長しかり、セブンしかり、ケスしかり。

ロリータ的なケスよりセブンのダイナマイツバディ
(死語)の方が好みなので、今後の活躍(トラブル)
が楽しみ。

しばらくケスを見ずにすむので、80点で。
投稿者msft 日時2008/1/29 18:54
「GIFT」は、神の贈り物のことだからケスの能力のことじゃないかしら。
投稿者ハボック 日時2009/1/17 02:49
途中まではいいけれど、最後に何でも出来る超能力で9500光年先のボーグ領域外へ行かせてしまうのは、
SFしていないし、何でもありで、めんどうな所脱出して「贈り物」と言われても、
見ていても非常にしらけたなあ。
投稿者tomi 日時2009/5/8 03:16
ケスのまわりとセブンのまわりでストーリーが急速に展開。
ケスとセブン「以外」のクルーが見せる、さまざまな感情性が興味深かった。
投稿者ふぁる 日時2010/5/24 19:41
トゥボックの部屋の位置が分る貴重な回。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY