USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第73話 "Revulsion"生命 (いのち) なき反乱」

エピソードガイドへ
プロローグより
第4シーズン 製作番号173 本国放送順72 日本放送順73
放送日1997/10/1
宇宙暦不明 [西暦 2374年]
監督Kenneth Biller
脚本Lisa Klink
メディアLD: 「スタートレック ヴォイジャー フォース・シーズン Vol.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 4」 (パラマウント) Disc 2 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第125号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
67/100点 [投票数 22]
旧E.N.H.
コメント
まあまあか

メインテーマよりもキムとセブンが良かったです。 - 雛桜 恵
感想 投稿者はっちん 日時2000/07/26 22:12
メインストーリー、HD-25(人型プロジェクション)の異常さが
不気味でしたね。
ストーカーもの、コレクターもの(?)、猟奇ものドラマに通じる
暗さがありましたね、後ろから迫ってくる感じが単純に怖かったです。

有機体に対する敵意が、何故発生したのかが、少し気になりました。
異常だからといえば、それまでなのですが、昨今の、潔癖症などの症候群や
離人症(?)、引き篭りのような、人間関係の社会的不適合など、
自分の中でも、うまく納得できていない社会問題(?)と、同質なものを
突きつけられたような気もしました。(ちょっと、オーバーですが・・・)
だから、ちょっと、後味悪いです。

サブストーリー、セブンのお相手は、なんとキムさんでした。
ホログラムに惚れたり(実は孤独なエイリアンでしたが…)、
今度は、もとボーグのセブンに惚れたり、
なんか、適わぬ恋のキムさん(!)でした。
9歳のケスの可能性の未来では、ケスの娘の旦那になっていましたっけ、
(恋が成就するのは、可能性だけとは・・・とほほ)
でも、セブンに無気質に迫られ(?)タジタジのシーンはおかしかったです。
こっちの方は、美味しい(ネタ)です。

「話せば長い」で、トムとベラナの二人の関係した各々のドラマが
符合するあたりは、流石のエンディングでした。

◇掲示板 Nine Forward
○「生命無き反乱」で気になったこと
http://www2.g-7.ne.jp/~kyushu/bbs/pslg6019.html
○FBS・VOY「生命なき反乱」(ネタバレなし)
http://www2.g-7.ne.jp/~kyushu/bbs/pslg5725.html
投稿者HARUKA 日時2000/9/21 16:15
わかってたことですが、トムとベラナの件は、前エピソードから続いて
いて、一応確認がとれました。 トムにとっては以前にベラナから
「あれは忘れて!」と言われたことが尾を引いてたみたいですね。
トムは緊張してベラナと話す前、「手を口にもっていって」ましたが、
今回はそれがなく、本当は自信があったのかも。 オメデトウ!
長い道のりでしたね。
メインはドクターなのでしょうが、それよりも、キムとセブンの会話が
印象に残ってしまいます。 これ以上ないほど絶妙なコンビですね。
本人たちはそうでないのに、聞いていると面白いっていうのがおかしく
て、これから私自身が落ち込んだ時、二人の会話を聞いたら
「気分転換」になって 「リラックス」 して元気になりそうです。
今後セブンがより人間的になっていくにつれて、話の内容や口調が
どのように変わっていくかが、原語・日本語訳とも要注目ですね。
それにしても、キムは可愛い。 パリス派の私ですが、ここは譲らざる
をえないです。 これからも「教育係」として頑張ってほしい。
投稿者わう 日時2000/10/1 15:55
いやもうトムってば!(笑)
投稿者くれおん 日時2000/11/22 15:44
キムとセブンのやりとりに爆笑。
惚れっぽい&分かりやすい少尉殿に幸あれ!
投稿者まりさん 日時2001/8/16 17:33
すいません みていないのですが どうしてもみたいです。
よこくで セブンとキムが キスしていたのも このかいなのでしょうか。
また キムとセブンのキスシーンどのかいか おしえてください。
あのふたり とてもきになるのです 地球に帰っても仲良しでいて欲しい。 キムさんを もっと硬派にしていただきたいです。
投稿者(匿名) 日時2002/10/25 00:58
キムとセブンの話は要らない。
投稿者OIMA 日時2002/12/14 23:36
私が始めてヴォイジャーを見た回なので。
この頃はSTについて右も左もわからなくて、ホログラムがなんでその辺を歩き回っているんだとか、ボーグがクルー? どうしてそんな事ができたんだと混乱したものです。そもそもヴォイジャーがどこにいるのかすら知らなかったんですから。

で、思い返してみると結構ありきたりと言えばありきたりな話でした。あまり印象にも残っていない(笑)今でこそ週に一回の楽しみですが、当時はTVKで放送していたスターゲイトの付録程度にしか見ていなかったので。
投稿者Atad 日時2003/8/22 00:33
なんだかキムって色々な意味で面白いキャラクターですね。
色々死にそうになったり恋をする相手とか。
キムがセブンに迫られてる時に慌てようは見物でした。

最後のトムとベラナの会話でセブンとキムの件で色々あったという
トムに対してドクターと妄執に取り付かれたホログラムの出来事
の事を「色々あったのよ」というああいったやりとり。
STシリーズではよくああいったやりとりがありますが、見ていて
思わずにやりとしてしまいます。
ああいったやりとりは結構好きです。
トゥボックの昇進パーティーの時のジョークなど、ああいったジョーク
はいかにもって感じでいいですね。
投稿者背番号26 日時2004/1/25 20:30
人生はふとした事で変わってしまうんだなあー と思わせるエピソードでした。  キムにこの言葉を贈ります 「長寿と繁栄を!」
投稿者万年下士官 日時2004/3/30 21:53
ホログラムの狂気(トレスに詰め寄る場面は最高!)やセブンとキムのやりとり(セブンが微笑んだのには驚き!)、トゥヴォックの昇進など見所があるのですが、冒頭でホログラムの犯行を見せてしまったので減点です。その場面を隠していたらもっと加点しています。
投稿者レイン 日時2004/4/10 03:04
TNG初期のデータには、次にどんな行動を起こすのか予測できない怖さがあったが、VOYのドクターには、ヒューマノイドへの反乱を迫られても同調しないだろうという安心感みたいなものがある。この違いは、モデルになったスン博士とジマーマン博士のキャラクターの違いによるものか。毒舌家のスケベーおやじに人間が裏切られるシーンは、やはり想像しづらい。
今回のキムは良かった。いい味出してた。セブンとチャコティに突っ込まれて、冷や汗を1リットルぐらいかいたんじゃないだろうか。セブンを女性として相手にするには、よほどの懐の深さと人生経験がなければ無理でしょう。キムに比べてパリスは、さすがにその辺よく分かってますね。
投稿者ころすけ 日時2004/4/10 12:16
メインのストーリーには意外性がない点が残念だが、冒頭のトゥボックのスピーチ、キムのわかりやすい性格、ドクターが「なんてね」とふざけるシーンなど、「ク、ク、ク、ク」と小さく笑っちゃうシーンが満載の気楽に見れるエピソード。こういうのもたまにはいいね。
投稿者makoto 日時2005/9/24 00:18
あのホログラムはまるで悪霊のよう。差し入れ時ベラナにキレる気迫がすごい。ドクターがもう少し頑張ってくれてたらさらに盛り上がったかも。
冒頭の昇格祝賀会での長回しにも感じたが、クルーのキャラを深めるストーリー作りに好感が持てた。(ENTに今欲しいものだ-_-+)
にしても、ハリー君分かり易すぎ…
投稿者tomi 日時2009/5/11 01:04
ホログラムのレプリカントかぁ
投稿者ゼフレム国連 日時2010/5/27 22:29
HD-25の吹き替えが、ローア、ENTのスン博士と同じ。どうもこういう歪んだキャラに使われるんですね。他にもいたかな?
それよりもDS-9の映画版が出て欲しいです。その後のDS9、シスコ、オドー、鏡の世界のキラなどなど。
投稿者piari 日時2010/5/28 15:24
キムとセブンのやり取りやラストシーンなんかは良いのですが、
あのホログラムが気持ち悪過ぎて、保存してもう一度観る気が
起こらないです。神経質にキョドってて、いきなりキレて、
観ているこちらがキレそうでした。
それだけ役者さんと演出が優れているということですね。
ああ寒気がします!あのホログラム、なぜか
必要以上に神経に障りました。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY