USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第105話 "Disaster" 「エンタープライズ・パニック」

プロローグより
第5シーズン 製作番号205 本国放送順104 日本放送順106
放送日1991/10/21
宇宙暦45156.1 [西暦 2368年]
監督Gabrielle Beaumont
原案Ron Jarvis, Philip A. Scorza
脚色Ronald D. Moore
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.9」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 5」 (パラマウント) Disc 2 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第104号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
76/100点 [投票数 21]
旧E.N.H.
コメント
それぞれのキャラの個性がでてよかった - ディープスロート

クルーの普段と違った一面が見れて面白かった。 - みみりん

ロウの存在を意識し始めた - 大分きもと
感想 投稿者(匿名) 日時2001/7/12 19:12
感動がない
投稿者(匿名) 日時2001/7/14 15:13
出産の時のウオーフの妙にさめたところがよっかったね!
投稿者(匿名) 日時2002/9/30 19:55
最後の艦長のウィンクが素敵でした。惚れました。
あの副長役に任命された女の子がすごく可愛かったなあ。
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/5 17:38
ラフォージがビバリーとともに、積荷を真空に強制排出しようとした時の「楽しそうだー」の一言が忘れられません。さすがは、陽気なラフォージ。また、ピカードの子供嫌いは少しは解消されたのでしょうか?その後を見ると、あまり効果はなかったように思えますが、この作品単体としてはなかなかイイ感じだったと思います。
投稿者スTL 日時2003/5/18 23:44
冒頭で綺麗な女性士官が登場して
「ふぅん、モンロー中尉って言うのか。
 このキャラは今後、要注目だな」とか
思った直後に死にました。
短い恋だった・・・
投稿者Atda 日時2003/6/19 22:54
特に陰謀だの未知との遭遇だのSF的な部分はなく英語タイトル
通り災害がおこっただけですが、それぞれのクルーが良く描かれて
いて面白かったです。
首だけになったデータとライカーの会話や、子供が苦手な艦長と
3人の子供の脱出劇。
ウォーフとケイコの出産シーンでは妙にウォーフがデータっぽく
感じたりしてその様がまた楽しかったです。
投稿者背番号26 日時2003/11/20 07:38
詰め込みすぎの幕の内弁当といったところでした。 しかも温めて貰うのを忘れたような・・・   字幕で見れば違った感じがしたかも知れませんが、今ひとつそれぞれのキャラに入り込めませんでした。
オブライエン・ケイコ 出産おめでとう。
投稿者makoto 日時2004/8/29 13:40
ある日突然全艦レベルの異常事態が。クルーに起こる危機とそれを乗り越え信頼が生まれる様を5並列で描く。よくできたパニックもの。「タワーリングインフェルノ」(でしたけ?)を思い出しました。女の子の"副長"は芸達者ですね。それにしても通信システム、非力すぎんか?
投稿者えすた 日時2004/11/6 03:16
実はこの物語の主役は"副長"役の女の子ではないかな?と思う。
最初はトロイに連れられてきても、控えめで暗い印象があるけれど、最後に感謝状を渡す時は茶目っ気たっぷりの明るい性格に変貌を遂げている。子供っていうのは、短期間で変貌するのだということをテーマにしていると思う。艦長の子供嫌いを直すくらいに。
投稿者ヒューベリオン 日時2005/8/9 15:56
出産シーンでは知らず知らず涙でした。どんなに科学が進んでも、人間は油断する。大災害はいつでも起こる。その時には、身体をはってがんばらないといけない。そのことを、あの子供達は学んだ。ピカードは歌まで歌って、ぎこちないながらも何とか子供達に歩み寄る。。(ところで、ラフォージは歌嫌いなんですかね)
私は個人的にはカウンセラーがだんだんリーダーシップを身につけていく様が良かったです。通常はやらないことを、懸命にやることで人は成長する。これが作者のメッセージでしょうか。
投稿者千尋 日時2005/8/10 01:55
パニックに陥ったクルーの様子が並行して描かれ、
脚本の妙を発揮した秀作です。
(いろいろ都合がよすぎるが…)
艦長同様、子供は苦手ですが、
この子たちはかわいげがありましたね。
投稿者けん 日時2005/8/11 16:19
昔、地上波の深夜放送でTNGをぼちぼち見ていた頃、それまでTOS(カーク)派だった自分が、何故かこの話で一気にピカード好きになってしまいました(笑)決して派手な作品ではないけれど、個人的に印象深い作品です。SFがニガテな人にSTを教える時は、この話と『ヒューマンアンドロイド・データ』を必ず観せることにしています。
投稿者レイン 日時2005/9/10 21:21
「ポセイドン・アドベンチャー」や「タワーリング・インフェルノ」のような「パニック映画」のことを、アメリカでは'disaster movie'と言うんじゃなかったっけ? アメリカと日本のこの呼び方の違いが、原題と邦題にきれいに反映されているようだ。
ピカードと子供達のリフト脱出の話、トロイ、ロー&オブライエンの指揮権を巡る話、ライカー&データのデータ頭部分離話、ドクター&ラフォージの真空耐久話、ケイコ&ウォーフの出産秘話、これら五つのパートの全てが面白かった。人間群像劇として、どれもよく出来ている。
感想を書いている皆さんの思い入れのあるパートが、結構ばらけているのもまた面白い。
私が一番気に入ったのは、トロイ、ロー&オブライエン編。
ローがトロイに示した「カウンセラーのくせして指揮を取るの?」みたいな遠慮知らずの表情が可笑しかったし、ローの厳しい批判にもめげずに指揮官としての重責を果たしたトロイも感動ものだった。トロイを支えたオブライエンは、真面目で頼り甲斐のあるところがDS9のオブライエンそのものだった。
投稿者子守男 日時2006/10/1 00:40
詰め込みすぎという印象はやはり否めませんね。
不満だったのはトロイ編。あれでは部下の提案を聞いて、いかにも彼女らしい方を選んだだけ、という感じ。
ジョーディ・ドクター編を省いてでも、「突然降ってわいた指揮」での決断で、トロイがもっと悩む様子を描いて欲しかった。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG