USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第109話 "A Matter of Time" 「26世紀のタイム・トラベラー」

プロローグより
第5シーズン 製作番号209 本国放送順108 日本放送順105
放送日1991/11/18
宇宙暦45349.1 [西暦 2368年]
監督Paul Lynch
脚本Rick Berman
1992年度エミー賞 特殊映像効果賞受賞
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.9」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 5」 (パラマウント) Disc 3 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第108号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
71/100点 [投票数 16]
旧E.N.H.
コメント
タイムトラベラーに成りたいが・・・
感想 投稿者memorybeta 日時2002/10/6 06:13
なんとなくお手軽タイムトラベラーかと思えば、実は極悪人という落差にびっくり。
投稿者城井 日時2003/1/6 11:33
22 世紀の「教授」は、何故、エンタープライズの乗員や、各種機器に
等関して、知っていたのでしょうか・・・?
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/5 18:01
バーリンホフ・ラスミュッセンは最後投獄されてしまいますが、その後いったいどうなったのでしょうか?この世界に順応できるのであれば、それもまたアリな気がします。しかし、いつの日かタイムトラベルは現実のものとなるのでしょうか?ならない気もしますが、科学の進歩を信じましょう。
投稿者スTL 日時2003/5/18 23:39
ラストに意外性はありましたけど、ちょっとミスリーディングが
過ぎて釈然としませんね。
パッと来てパッと帰ってしまえば、疑われることもなかったで
しょうに。
投稿者Atad 日時2003/6/20 18:24
結構シリーズ内だけにとどまらず他のシリーズにも
関係する話が作られたりするのがスタートレックシリーズです。
22世紀といえば最新シリーズのエンタープライズ
の時代だったと思いますが、最新シリーズでこのトラベラー
とかの話も作られたら面白いですね
投稿者(匿名) 日時2003/6/27 22:15
オチが見えていた・・・といって最終的にそうなったのだが脚本がすばらしい
投稿者背番号26 日時2003/11/19 20:53
時間協定を破ったら「時をみつめる男」に逮捕されるよ。
特にこんな悪人はスリバンも黙っていないでしょう。
投稿者ヒューベリオン 日時2005/8/9 16:13
あの教授?は、かなり才能のある詐欺師なのでしょう。トロイのテレパシーでも「なんだか怪しい」ことが分っただけ。26世紀の本物のタイム・トラベラーも騙しおおせたのだし。ピカードもドクターも、それなりに本気で信じ込まされていたのですから。
しかし、ああいうお手軽なタイム・マシーンは、たぶん不可能なんじゃないかと私も思います。VGRのドクターが使うことになったモヴァイル・ホロエミッター、あれは29世紀の技術でしたが、ИNTの未来人は31世紀辺りの人間のようですね。いずれにせよ、そんな未来でもタイム・トラベルには大げさな装置を必用とするわけですから。
投稿者レイン 日時2005/9/10 20:58
ピカードが歴史変更をやらかしそうになってハラハラした。結果的にはギリギリの所で踏みとどまることになり、非常にめでたい。
脚本を書いたリック・バーマンは、やっぱりスタートレックの世界で歴史変更をOKにしたかったのだろうか。一度OKにしてしまうと歯止めが効かなくなるのは、VOYやENTを見れば明らかである。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG