USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第115話 "Power Play" 「亡霊反逆者」

プロローグより
第5シーズン 製作番号215 本国放送順114 日本放送順113
放送日1992/2/24
宇宙暦45571.2 [西暦 2368年]
監督David Livingston
原案Paul Reuben, Maurice Hurley
脚色Rene Balcer, Herbert J. Wright, Brannon Braga
1992年度エミー賞 音響編集賞ノミネート
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.10」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 5」 (パラマウント) Disc 4 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第113号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
74/100点 [投票数 16]
感想 投稿者デルアレイ 日時2001/9/13 00:11
アンドロイドにも幽霊ってとりつくんだ!(笑)
投稿者ちきにゃん 日時2002/4/19 11:26
取り付き物、憑依物が大好きなので良かった
特にトロイが
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/5 18:31
シャトルでのデータやライカーのシートベルト姿に爆笑。特にライカーのはきつそうでイイ感じでした。トロイのあの悪ぶりはなかなかでした。悪時のデータの表情もさすが。名演でした。
投稿者(匿名) 日時2003/6/27 22:30
データに救われた。そんな印象が強いですね
投稿者背番号26 日時2003/11/27 11:49
叛乱を起こしたのがデータ・トロイ・オブライエンというところがミソですね。 データ・ラフォージ・ウォーフだったら完全に艦を乗っ取られていたかも・・・   緊迫感があって非常に良いエピソードでした。
投稿者(匿名) 日時2004/4/30 01:48
亡霊パワーも加わってたんだろうけど、細腕のトロイに一発でのされた艦長萌え
投稿者# 日時2004/8/1 17:54
ウォーフたちが3人を捕らえに艦内を走るシーンで、今風の服を着て歩いていて、走ってきたクルーにビックリしていた人物は誰?
投稿者makoto 日時2005/1/8 23:06
普段とりわけ温厚・善人な三人のキャラが変わってしまうのがポイントですよね。エセックスに詳しいのはそのクルーに憑依してたためと分かるのに時間がかかった。展開が小気味よく緊張感は良かったが、目の色やメークが変わるとか工夫があればさらに良かったのでは...
投稿者レイン 日時2005/10/1 21:15
悪人のトロイというのは目新しかったが、あまり怖さが感じられなかった。悪いデータはどこかで見たことがあるなと思ったら、それはローアだった。異星人に体を乗っ取られるメンバーに、やはりライカーも加えてほしかった。もしそうなっていたら、もっと緊迫感が出ていただろう。
投稿者子守男 日時2006/11/20 00:43
普段とは逆の性格のキャラクターを演じている3人がよかったし、アクションシーンが普段より多めのストーリーも面白かった。
投稿者ふう 日時2008/7/5 22:11
途中まで、ライカーは取り憑かれてない振りをして、最後に正体を表わすんじゃないかと思ってた。
ウォーフが幽霊を信じてるのがかわいらしくて良い。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG