USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第116話 "Ethics" 「神経医療エキスパート ドクター・ラッセル」

プロローグより
第5シーズン 製作番号216 本国放送順115 日本放送順114
放送日1992/3/2
宇宙暦45587.3 [西暦 2368年]
監督Chip Chalmers
原案Sara Charno, Stuart Charno
脚色Ronald D. Moore
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.10」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 5」 (パラマウント) Disc 4 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
80/100点 [投票数 24]
旧E.N.H.
コメント
何度見ても泣けます、、、TNGに、はまった切っ掛けです。

他人との価値観の違いを認め、それを受け入れることが大切だということを教えてくれたエピソード。 - ダヰスケ
感想 投稿者うずら 日時2001/9/9 23:19
ウォーフのことが、好きになった。
投稿者GOH 日時2002/4/15 15:42
ラッセルが単に否定されるためだけに出てくる敵役じゃないところが深いんだよなあ。
投稿者naoturn 日時2002/12/28 04:25
深すぎる・・・
この手の話には弱いです。
全員が格好よく見えた。
投稿者万事 日時2003/4/14 23:32
アメリカってすごいわ。ほんま。こんなディープな話をテレビのSFドラマでやってのけるんだから。日本の医学部の学生の教材にして欲しい。因みに邦題は陳腐。Ethicsて原題のままか「生きる」なんてクロサワばりの邦題にして欲しかった。
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/5 18:40
邦題から、とかくラッセルにスポットがあたりがちですが、この話の真の見所はウォーフとアレキサンダーのからみのシーンなのでは?リハビリを行なうウォーフは非常に痛々しいが、その姿をアレキサンダーに見せたウォーフは立派。また、アレキサンダーの態度もなかなか立派でした。
投稿者Atad 日時2003/6/21 14:49
ラッセルのような人間は好きになれない。
もしラッセルの恋人、家族などがウォーフと同じようになった
時にどう行動するか。
命がなくなるかもしれないけど手術をするか、それとも生きられるが
障害が残る方法をとるか。
どちらであっても私にはラッセルのやり方は肯定できない。
投稿者背番号26 日時2003/11/29 22:07
自意識過剰な人間はいつか必ず挫折します。 挫折する時は必ず誰かが犠牲となるのが常です。 ラッセルのような人物には近寄らない方が無難でしょう。
あのままウォーフが死んでいたらジャッジアは誰と結婚していたでしょうか? もしかしたら死なずにすんだかも・・・ そうするとエズリーとジュリアンが結ばれる事もなかっただろしアレクサンダーの人生も随分変わったでしょうね。  色々考えると又眠れなくなります。
投稿者(匿名) 日時2003/12/4 00:31
ラッセルを否定するのは、鶏肉は好きだけどニワトリをしめるの野蛮と言っているのと同じ。好き嫌いは勝手だが、こういう人がいるから進歩があるのも事実だと認識すべき。
投稿者Q太郎連続体 日時2004/3/15 22:37
それぞれ賛成・反対の意見や考えは表明できても、どちらが正しいかという結論は出せない問題ですね。
人によって、時代によって、文化によって、「倫理」の基準も、目指すべきところも変わってくるんでしょう。
でも、どんな状況でも、他人のお仕着せでなく、自分自身の意思・判断が尊重されるようであってほしいものです。
その点、ウォーフの意思が尊重された展開は、それなりに納得のいくものでした。
投稿者makoto 日時2005/1/7 22:16
新しい医療技術のため患者を実験台にする医者、一歩引いて革新的な治療は、いつの時点で、どこまで許されるのか?医療の進歩とは?単純なハッピーエンドでないのが深い。
ウォーフがライカー/トロイを、ライカーがピカードを深く信頼してる様は印象的。幼いアレキサンダーの反応は見ていて胸が詰まった。手術シーンがリアルなのが秀逸。でもDNAはどこの細胞でも同じはずなんですけどね...
投稿者Deep Space X 日時2005/3/3 23:31
最後にドクター・クラッシャーが自分の考えを延々と語っていますけど、ドクター・ラッセルはそれを承知で自分には「やらなければならないこと」があることを知っているような気がしました。敢えて反論せず去ってゆくドクター・ラッセルが私は好きです。逆に、自分の考え方に何の疑問も持たない(ように見える)ドクター・クラッシャーは危険なのでは?と思いました。

最後の最後、ウォーフがアレキサンダーに「一緒にがんばろう」と言ったのはウォーフの“人間宣言”かとも思いました。

また、ライカー副長がクリンゴンのしきたりに反発するのに対してピカード艦長が理解を示すのも興味深かった。
投稿者レイン 日時2005/10/1 21:21
新しい医療技術の導入に積極的なラッセルと慎重なクラッシャー。
ウォーフの自殺願望に理解を示すピカードと非難するライカー。
二つの対立の当事者である四人の言い分にそれぞれ正当性があって、自分が同じ立場だったらどうするのかと色々考えさせられる。
(私自身の考え方は、ラッセルとクラッシャーならラッセルの方に、ピカードとライカーならライカーの方に近い。特にラッセルは、クラッシャーが非難する程には酷い人間とは思えなかった。)
このようなアクチュアルな難題を積極的に取り上げるところも、スタートレック・シリーズの魅力の一つである。
このエピソードはまた、ウォーフとアレクサンダーの親子愛を描いた人間ドラマとしても魅力があった。
投稿者てら 日時2006/10/25 19:34
新しい医療技術を強硬に主張するラッセルに否定的な方が多いようですが、天然痘だって、種痘を始めた人は宗教裁判みたいな目にあったのではなかったのでしたっけ?
それに人体に完全に悪影響が生じないという統計データを取るには生体実験する訳には行かないとなると動物実験で、今度は、STにありがちな、ヒューマノイド以外の生存権や人格の問題が起きてくると思うのですが、その辺りは如何お考えですか?
投稿者子守男 日時2006/11/26 22:43
秀作。ラッセルとクラッシャーの間の見解の相違に目がいくが、ウォーフとライカーの対話、また、これまでのウォーフと違ってアレキサンダーに手助けを求めたラストシーンもそれぞれ印象的だった。
こうした点も見ると、制作陣はクラッシャーにああした台詞を言わせてはいるが、それが必ずしも正しいとは限らないという逆説的なメッセージを伝えたいのではないかとも思えてくる。
投稿者JJ 日時2007/3/25 00:57
アメリカらしいドラマ運びだなぁと思いました。このエピソードに限りませんが、上官・部下・友人・同僚と立場に関係なく、自分の意見ははっきりと言う。日本人にはなかなか難しいですねぇ…。

医学の問題については、
ラッセル=出世欲の強い研究者
ビバリー=医者
なのかなぁと思いました。

ビバリーの、「新しい技術の開発には地道な実験と時間が必要」が正論では。工業技術ならまだしも、人命に関わることですからねぇ。
投稿者ktl 日時2007/10/16 07:41
ウォーフが手術で死ぬ場面のあとをみれませんでした。その後、どうなったのですか?教えてください。
投稿者ふう 日時2008/7/5 23:44
ドクター・ラッセルの治療法が存在せず、半身不随のままでいるしかなかったとしても、ウォーフはアレクサンダーのために生きてハンデと戦う道を選んだだろうか。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG