USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第12話 "The Big Goodbye" 「宇宙空間の名探偵」

プロローグより
第1シーズン 製作番号113 本国放送順11 日本放送順10
放送日1988/1/11
宇宙暦41997.7 [西暦 2364年]
監督Joseph L. Scanlan
脚本Tracy Torme
1988年度エミー賞 衣装デザイン賞受賞
1988年度エミー賞 撮影賞ノミネート
メディアビデオ: 「スター・トレック '88 新・宇宙大作戦」シリーズ 『ザ・ビッグ・グッバイ』 (CIC・ビクタービデオ)
LD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.1」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 3 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第8号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
72/100点 [投票数 20]
旧E.N.H.
コメント
ダンディな艦長にほれぼれしました - すもも

あまりにホロデッキの説明だけ。。。話は面白くない。。 - すてぃんご

データとピカードが好きです

彼らの衣装は本当にカッコ良かった。最後のピカードのきめ台詞も - seaQuestDSV
感想 投稿者kant- 日時2000/10/28 10:12
またまた、データくんが出ました;;
ホロデッキの事が詳しく説明されていて良いんですけど、
安全装置がついていない所に、驚きを受けました。
最後の宇宙人との会話時の艦長は、何か間抜け・・・・
そして、軌道を離脱するときの、お言葉・・・痺れました。
一度は、言って見たいですね。あんな言葉・・・
投稿者御月見 日時2000/12/9 03:43
最初のホロデッキはこんなのね〜、って事だけでした。
Voyでは当たり前になっている安全プロトコルや、ホロデッキ内部のコンパネが無かったワケで。
これではデータの言う通り音声コマンド認識が通じないと、ウヒャーって事になるです。
投稿者msft 日時2002/2/9 23:20
デマジオを止めたのがクリーブランンドインディアンズのジョナサンハーラだということを一生忘れないでしょう。
投稿者tricle 日時2002/3/28 11:05
第一シーズンの最高作というのみならず、ホロデッキものの最高傑作といっていいのでは。(こういう故障は最初だから許されるのです)
投稿者ガル・ピカード 日時2002/12/2 21:45
ホログラムデッキの初登場作品(でしたよね?)。ピカードが熱く語っていたのが印象的でした。ホログラムデッキに入る時のクルーの格好って非常に新鮮ですよね。
投稿者msft 日時2003/4/25 00:56
アニメ版のTOSにホロデッキで
乗員が休憩する場面があります。
投稿者msft 日時2003/5/10 02:22
ジョナサンハーラは、職人投手という意味でした。
投稿者背番号26 日時2003/7/5 21:15
たまにはこういうのも良いでしょう。一休み、一休み・・・
今やTOS以外欠かせなくなったホロデッキの初エピソード ある意味では記念すべき作品ですね。
投稿者Kanaru 日時2003/7/11 22:11
ホロデッキはTNG最大の発明と言ったら言い過ぎでしょうか?
第1回からホロデッキは登場してますが、ホロデッキを中心にしたエピソードとしては初めての作品です。
修理するウェスリーの発言で、修理に失敗したら中の艦長たちは消滅してしまうというのは、そんなばかなという気がしましたが、簡単にプログラムを停止できたら、話はつまらないでがまんしましょう。
いつもは冷静なピカードが興奮してホロデッキを語るシーンや、データのホロデッキでの行動など楽しめました。ホロデッキのビバリーもきれいだったなあ。ピカードが最後にホロデッキを去るシーンもちょっともの悲しくて良かった。
スタートレックとしては本筋になるべき異星人とのコンタクトがサブストーリーになってしまいましたが、たまにだったら許されるでしょう。
そうそう。最後に、艦長が異星人へのあいさつに成功してみんなが拍手をするシーンも、好きなシーンです。こういう雰囲気って、TNGだけのような気がします。
何はともあれ、このエピソードは、以後のすべてのホロデッキ物の原点ということで、それだけでも高得点に値するエピソードだと思います。
投稿者makoto 日時2005/3/27 00:00
ホロデッキでコートを着た艦長たちがカッコイイ。ヒールでよろめきガムを飲み込むビバリーにも爆笑(^o^) 相棒の警官との最後の別れのシーンはいい味出してる。雰囲気満点のBGM。さらに欲を言えば推理シーンが欲しかったところだけど言うだけヤボですね。データの"言語能力"、結構あるじゃないの!
投稿者レイン 日時2005/4/15 01:27
初見時はホロデッキという設定をかなり面白がって見ていた記憶があるが、TNG、DS9、VOYと、ずいぶんホロデッキ物を見てきた今では、目が肥えてしまったせいか、やや物足りなさを感じてしまった。
原題の'The Big Goodbye'は、ハードボイルド小説の大家、レイモンド・チャンドラーの代表作'The Big Sleep'と'The Long Goodbye'のタイトルを掛け合わせたものだろう。ハードボイルドの世界を描いたエピソードなら、外見を模倣したお遊び的なこのエピソードより、ハードボイルドの精神を本格的に再現したDS9の「殺しの密告者」の方がレベルは高い。
終盤、コンピューターが作ったキャラクターが自己のアイデンティティーに目覚める気配をチラッと見せたのは、これから先のホログラム物の展開を示唆しているようで興味深かった。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG