USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第120話 "Cost of Living" 「ラクサナの結婚」

プロローグより
第5シーズン 製作番号220 本国放送順119 日本放送順118
放送日1992/4/20
宇宙暦45733.6 [西暦 2368年]
監督Winrich Kolbe
脚本Peter Allan Fields
1992年度エミー賞 衣装デザイン賞受賞
1992年度エミー賞 メーキャップ賞受賞
1992年度エミー賞 ヘアスタイリング賞ノミネート
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.10」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 5」 (パラマウント) Disc 5 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第47号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
63/100点 [投票数 14]
感想 投稿者城井 日時2003/1/12 15:56
最後に、トロイとウォーフも泥風呂に入っている場面が最高、
ですね。
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/5 19:14
ラクサナはまたも我々の代弁者として、その役割を果たしたと思います。何が大切なことか、何が真に重要なことか。日々忙しい中にあって、いろいろ考えさせられる作品でした。また、アレキサンダーがラクサナと仲良くなるという設定も、ちょっと意外ではありましたが、よかったと思います。
投稿者Atad 日時2003/6/22 10:14
ラクサナの結婚の話を聞いた時の艦長の
「ラクサナを送り届けるのは至上の喜びだ」
という感じの台詞が艦長の偽らざる心情を語っていて面白かった
です。
投稿者(匿名) 日時2003/6/27 22:10
ラクサナは人間的には大好きです。
投稿者背番号26 日時2003/12/6 20:21
ラクサナ  ラクサナ  ラクサナ  男なら誰でもいいんですかね?
女版ライカーですね。
投稿者レイン 日時2005/10/1 21:50
このエピソードのラクサナは、好きでもない男と結婚しようとし、結局その婚約者を振り回すだけのかなり嫌な女。
ピーター・アラン・フィールズが書いた脚本は、DS9の名作「消された偽造作戦」と同じ人の手に成るとは思えないお気楽な内容。
投稿者ふう 日時2008/7/6 13:54
前のエピソードが重苦しかったので、ラクサナに出会えてほっとした感じ。
ピカードやウォーフには同情するが、彼女がエンタープライズを引っかき回すのを見るのは楽しい。あんなおばあちゃん(失礼?)が欲しかった。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG